男性に言うことを聞かせる方法

ユウコ:「この仕事、優先でお願いします」
マモル:「わかりました」(面倒だなぁ)

ユウコ:(はぁ、やっぱり後回しにされている。どうしたら男の人に言うこと聞いてもらえるんだろう?)

■言うことを聞かなくなる男性の対処法

仕事で、先輩や同僚に仕事をお願いすること、良くあると思います。
場合によっては、取引先の男性にお願いすることも。

大事な仕事なのに、その男性が手を付けてくれない状態になってしまう。
仕事をしている多くの女性がこの手のことで困った経験があるかと思います。

場合によっては機嫌を悪くさせてしまってやらない、と言い出す男性もいるかもしれません。
この場合も対処をする必要がありますが、どうすれば良いのでしょうか?


■上の立場の人を探す

男性を動かすにはその男性の上司にあたる人を押さえることが肝心です。
男性は上下関係は守ろうとする傾向が強いので、上司の言うことであれば(例えやりたくないと思っていても)実行するから、です。

たとえば、動かない男性にメールをするときには上司をCCに追加しておく。
そして、定期的に進捗確認のメールを上司にCC付で送る。
それでも動かなければ、男性上司のいるところで進捗確認をしたり、男性上司に相談する。
これだけで、男性は動くようになります。

さらに良い方法は、あらかじめ男性の上司と仲良くなっておくこと、です。
仕事を依頼する男性の上司をあらかじめ押さえておけば、その男性は比較的言うことを聞いてくれるようになります。
仕事をしてくれない、ということも減るのです。

このように、男性を動かすためにはその男性の上司を押さえることが大切です。
上司以外にも、その男性の頭が上がらない人、例えば先輩などを押させておくことも良いでしょう。

男性の上の人を押さえておけば、男性を動かすことは比較的簡単になります。
男性と一緒に仕事をする場合、上手にその男性の上司を押さえるようにして、スムーズに仕事が進む環境をつくっておきましょう。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

権力者に逆らえない男性

ナオミ:「男の人と話すと、進められる仕事も進められなくなること、あるんだよね」
トオル:「え、そうなんだ。一般的に男の方がビジネス向きだと思っていたんだけど」
ナオミ:「それがねぇ、面倒な権力構造があると、男性に話を通せないこと多いんだよね」
トオル:「確かに、権力が絡んだときの男は面倒かもね」

■上下関係が強すぎる男

女性がビジネスの現場で『理不尽だ』と思うことの1つが、正しいことより権力を重視されることです。
担当者との調整はとれて、それが良いことだとみんなも認識しているにもかかわらず、一人の権力者が「これは俺の今までやってきたことと違うからダメだ」と言うことで、全てがダメになってしまう。

このとき、女性はすごく理不尽を感じます。
また、この権力構造が出来上がっている場合で、組織は権力者が『古い考え方』に固執して今それが通じなくなっている場合、ぼろぼろの組織になってしまいます。

でもなぜ、男性は権力者に従ってしまうのでしょうか?


■組織内権力をつかもうとする男性

男性が権力者に従う理由は、その男性が『組織内で権力をつかみ取りたい』と思っているからです。
権力をつかむために、今は権力者に従う。
こうして、男性のピラミッド構造が出来上がります。
特に、権力志向の強い男性ほど、権力者に従います。

逆に、権力はあまりに気にせず、やりたいことがあってそれをやろうとしている男性はそれほど権力に従ったりしません。
ただ、多くの男性は少なからず権力志向を持っているので、権力者に従うことが多いのです。

行政(公務員)、大企業、政治の世界で働く人などはこのピラミッド構造が明確化されていること、また権力志向の強い人が多い(自分がやりたいと思っていることが薄い人が多い)ので、権力に従いやすい傾向があります。

逆に、芸術方面などでやっている人は権力者にかみつくことも多いです。
(権力よりも、やりたいことがあるため)


■権力への固執が、改革を妨げる

さて、この権力に固執する男性が増えれば増えるほど、改革は遅れ、またその男性が上司になったときに横暴になりやすいです。
これは「今まで我慢したんだから、次は俺の番」となって権力をふるい始めるためです。

こうして、ダメな男性の組織が出来上がります。

こうした組織にしないためには、権力志向の男性を雇いすぎないことです。
特に最近の男性は権力志向が弱くなっています。
ただ、一般的に良くいる『就職できそうな人』は権力志向の人が多いです。
そういう人間が集まってしまうと、最終的に硬直した組織になってしまうので、「やりたいこと重視」で「権力欲の弱い」男性を雇ったり、自由に発言をしてくれる能力の高い女性を雇って調整すると良いでしょう。

女性が働くことが当たり前になって、そして現代があります。
女性が一線で働く職場では、会社の風通しなども良くなっていることでしょう。
上司や権力者にただ従うだけの人以外がそこにいるからです。

これはとても良いことですので、上手に女性や上司に従いすぎない男性を組織に組み込みましょう。
権力者の思い通りに動いてくれないからこそ、全体最適を作ってくれるはずです。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

まとめて聞こう

トオル:「この仕事、初めてだよね。何でも聞いてね」
サトミ:「はい、ありがとうございます!」
・・・
サトミ:「先輩、これなんですけど」
トオル:「はいはい、これはね・・・」
・・・
サトミ:「これを教えて欲しいんですけど」
トオル:「これはこうするんだよ」
・・・
サトミ:「これってどうすればいいんですか?」
トオル:「もう少し、自分でやってくれないかな」
サトミ:(何でも聞いてって言ってたのに・・・)

■何でも聞いてという言葉

男性の先輩や上司が「何でも聞いてね」と言ってくれたのに、何度も聞きに行くと不機嫌になられる、ということを経験したことのある女性は多いのではないでしょうか。

これって、ビジネスシーンでは良くあることです。
というのも、男性は「何でも聞いて」と言ってはいますが、「何度でも聞いて」とは言っていないからです。

何でも聞く人にありがちなのが、「疑問がわいたらその時点で聞きに行く人」です。
疑問が思いつくたびに質問に行くと、質問を受ける側の男性が「何度も仕事を中断」することになります。
仕事を中断すると、また仕事に集中するのに時間がかかるのが男性です。

男性は、1つのことに集中するのが得意な反面、1度でも集中が途切れるとまた集中状態に戻すのに時間がかかります。
質問をされることで集中が途切れる。
何度も質問をされると、そのたびに集中が途切れるので自分の仕事が進まなくなる。
ですので、質問を思いつくたびに何度も何度も訊ねに行くのは男性からするととても迷惑な行為なのです。


■疑問をまとめる

女性は、男性が「何でも聞いてね」と言っていても、「何度も聞いてね」といっているわけではない、ということを理解しておきましょう。

疑問があるときにはできる限り疑問をまとめておく。
そして、質問は一気にしてしまう。
そうやって、男性の集中をさえぎることを少なくしてあげましょう。

女性は1度に複数のことを同時で考えることが出来るので、何かに割り込みがあったとしても元の仕事にさっと戻ることが出来ます。
ですので、女性はマメに質問されてもある程度対応できます。
しかし、男性はそれができません。
そこをしっかり理解してあげるのが大切です。

例え、先輩や上司であっても一緒に仕事をする仲間なのですから、仲間の仕事を妨げるようなことをせずに、相手のことを思いやって質問をしていきましょう。


イラスト:林えみこ

織田隼人 |

「わかる」と「なるほど」

ナオミ:「そうなんだ、わかるわかる」
トオル:「そういえば、『わかる』っていうの口癖だよね」
ナオミ:「そうかも、っていうか女の子はみんな『わかる』っていうよね」
トオル:「なるほど、確かに」

■理解を伝える言葉

人は相手と会話をしているときに、相手の人が話を理解しているのかを自然と確認しながら話します。
ですので、聞き手の人は「あなたの言っていることを理解しているよ」という意思表示をすると話し手はどんどん会話をすすめることが出来るようになります。

さて、この『話し手に理解を伝える言葉』ですが、男女で使う言葉が違っています。
女性は「わかる」を使い、
男性は「なるほど」を使います。


■男女で使い分けよう

女性は理解を伝えるときに、「あなたの気持ちがわかりますよ」という意味で、「わかる」という言葉を使います。
女性は会話で感情や共感を重視するので、わかる、というのです。

男性は理解を伝えるときに、「理屈が納得できます」という意味で、「なるほど」という言葉を使います。
男性は理屈や話の組み立てを重視するので、なるほど、というのです。

この「わかる」「なるほど」という言葉ですが、上手に男女で使い分けると良いでしょう。
女性相手には「わかる」という。
男性相手には「なるほど」という。

このように、男女で使い分けると話し手がより話しやすくなります。
話し手が「私が話している内容をしっかりと受け止めてくれている」と感じるのです。
この「わかる」と「なるほど」の使い分け、是非やってみてください。


イラスト:ににこ

織田隼人 |

数値で見よう、男女の違い!

今回は、数値で男女の違いを見ていきたいと思います。
やっぱり、男性と女性は違う生き物。
それが、いろんな統計データを見ると出てくることがわかります。

男性、女性にどんな傾向があるのかチェックしましょう。

■人口

赤ちゃんの出産比率、どちらが大きいのでしょうか?
男性女性 = 104100
だいたい、これくらいで推移しています。
ただ、現在の日本ではもう少し男性の生まれる率が減ってきていますが、女性よりも男性の方が多いことは変わらないようです。

ところで、人口はどうなのでしょう?
実は、女性の人口の方が多かったりします。
男性:6千2百万人
女性:6千5百万人

男性の方が多く生まれるのにどうして女性が多いのでしょう?
これには、寿命が関係しているようです。
男性の平均寿命:79歳
女性の平均寿命:86歳
女性の方が長生き、だから女性の人口のほうが多いのですね。


■体に関すること

ところで、男性と女性はどっちの方が1日当たり歩いている量が多いのでしょう?
1日に歩く歩数の平均(20歳以上)
男性:約7000歩
女性:約6000歩
男性の方がたくさん歩いています。

睡眠時間に差があったりするのでしょうか?
平均睡眠時間(40歳から44歳)
男性:7時間22分
女性:6時間56分
男性の方が多く眠っていますね。
もしかすると、男性の方が体力を使うからかもしれません。

最後に肥満度合いも見てみましょう
肥満の割合(BMIが25以上)
男性:28.6%
女性:20.6%
女性の方が太りやすいイメージがありますが、実際に肥満が多いのは男性のようです。
男性の肥満割合、4人に1人以上なのでかなり気をつけておかないといけませんね。

いろいろと男女のデータの違いを見てきました。
やっぱり男と女は違う生き物だなぁ、と思えてきます。
違う生き物だからこそ、お互いに役割分担もできるし、支え合えるのですね。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

ATMにはなりたくない

マモル:「男って損してるなって思うんだよね。結婚して奥さんのATMになるだけの人、多いし」
ユミ:「そんな風に思っている女の人ばっかりじゃないよ。だからもっと前向きになりなって」
マモル:「でもさぁ、実際にATM扱いされている人を見たら、ね」


■愛情が感じづらい男性

男女平等が進んだと言っても、まだまだ男性が女性に投資をする側であることが多いです。
食事をするときには、男性が多めに支払をする。
クリスマスプレゼントは男性が女性に渡す。
デートの場所も男性がメインで決める。

なんだかんだいっても、男性は女性にお金も時間も労力も投資しています。
そのため、女性は比較的男性の愛情を感じやすい環境にいます。
自分に投資してくれる男性には「私のことを好きでいてくれている」とすぐにわかる、というわけです。

■ATM扱い?

ところが、男性は女性の愛情を「投資」という形で感じる環境にはいません。
投資するのはどちらかというと男性。
だから、男性は女性に比べて相手からの愛情を少し感じにくい立場にいるのです。

結婚を躊躇する男性が多いのも、このことが関係しています。
結婚をするには、お互いに「愛情」を感じあえている関係になっていることが大事と、男性も考えます。

しかし、男性は女性ほどは愛情を感じる状況にいない。
だから、「この愛は本当に続くのだろうか、俺はただ利用されているだけではないだろうか」という不安が生まれてくるのです。
「俺の給料が目的なだけでは」とか「結婚して俺はただのATM扱いされるのでは」という不安を男性は持っています。

こうして、男性は結婚に慎重になります。


■愛情をしっかり見せる

男性はどうしても投資をする側になりやすく、女性が男性に投資をする機会って少なくなると思います。
ですので、投資という形で愛情を示すのではなく、別の形でわかりやすい愛情を示すと、男性は「本物の愛」を信じることができます。

たとえば、男性が弱っているときに支える。
多くの女性は仕事で忙しい男性に「どうしてメールくれなかったの」とか責めてしまいますが、こういうときにも「大変よね。当面は返事いらないよ。でも私からは癒し系メールを送ってあげるね」という対応をしていると、男性は「彼女の愛は本物で俺を支えようとしてくれている」と感じて、生涯のパートナーであると確信します。

結構多くの男性は愛情に多少不安があってもクチに出さないもの。
でも、男性は愛情を感じにくい立場にいるので、どこかのタイミングで是非男性を支えることで愛情を示してみて下さい。
そうすると、二人の絆を強めてくれるはずですから。


イラスト:はな

織田隼人 |

昔の彼女は良い思い出

サトミ:「私の彼ね、まだ元カノのことを引きずっているみたいなの」
ユウジ:「ああ、まあそれは仕方ないかもね。でも、今付き合っているのは君なんでしょ」
サトミ:「そう、私が一番って言ってくれるんだけど、たまになんか思い出しているみたいなんだよね」
ユウジ:「それくらいなら大丈夫だよ、自信持ちなよ」

どうして男性は昔の恋を引きずるのでしょうか?


■今までの彼女

女性は「昔の恋は上書き保存」
男性は「昔の恋は名前を付けて保存」
このようなことをよく言われます。

実際のところ、女性は今の彼か前の彼、誰か一人のことを強く思っていることが多いです。
ところが男性は、昔の恋愛についてどれもが強い思い出になっています。
男性が、昔の恋を引きずる理由には生物として子孫を残そうとする本能の部分が関係しています。。

女性が産んだ子供は確実に自分の子供です。
また、女性が子供を産むときには約1年かけて、だいたい1人です。
なので、できる限り「自分に尽くしてくれる」「生きていく力が強い」男性1人を選びます。
女性が元彼のことを嫌いになることが多いのは、1人で十分だからです。

さて、男性はパートナーの産んだ子供が自分の子供である保証はありません。
ですが、体の関係を持てばそれだけ子孫を残せる可能性が増えます。
男性の場合、「ばらまく」ことができればそれだけ子孫を残せる可能性が上がります。
なので、複数の女性に目が行くようにできているのです。

昔の彼女のことが気になるのは、男性の性質として仕方がないことなのです。

■そんなにひどくはない

とはいえ、昔の彼女に未練たらたらな男性ばかりかというと、そうでもありません。
どちらかというと、次のような感覚の男性が多いです。

「元カノのことは嫌いじゃない良い思い出。でも今の彼女はもっと好き」

あまり女性が深く悩む問題でもなかったりします。
たいてい、元カノは男性の中でよい思い出になっているだけなのですから。

あと、別の話になりますが、婚活をしている人は昔自分のことを好きと言ってくれた男性に再度会っていると良いかもしれません。
元彼でも良いです。
今その男性がフリーだったら、再度付き合える可能性があります。
男性にとって、昔の彼女はたいてい良い思い出になっていますから。
新しい出会いを作るより成功する可能性が高いです。

男性にとって、昔の彼女は良い思い出。
今まで生きてきた中で得た「勲章」のような存在なのです。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

やっぱり胸の大きな女の子が好きなの

ユキ:「やっぱり、男子って胸の大きな子が好きなの?」
ワタル:「え、、た、確かに胸が大きいと惹かれるところ、があるなぁ、うん」
ユキ:「サイテー。やっぱそいういう目で女子を見てるんだ」
ワタル:「ちょ、ちょっと、じゃあ俺はどう答えれば良かったんだよーーー」


■色気を感じるところ

男性に「女性の色気を感じるところは?」と聞いてみると「胸」とか「おしり」とか「足」とかもちろん「顔」とかそういう回答が返って来ます。

女性に「男性の色気を感じるところは?」と聞いてみると同じように「胸板」とか「おしり(引き締まったおしり)」とか「腕」とか「のど仏」とか返って来ます。

異性の色気について、全体として共通していることは、「自分(同性)に持っていない部分」に色気を感じる、というところです。


■意外な部分に色気が

さて、この色気についてですが、意外な内容が結構多いです。

たとえば、男性は「おしりの大きな女性」を好む傾向があります。
女性はというと、自分のおしりは小さい方がよい、と考えることが多いようです。

女性は男性の、のど仏とか手や腕に浮き出た血管に色気を感じたりします。
男性からは全く理解ができないところだったりします。

女性のキレイなうなじに色気を感じる男性は多いですが、これまた女性にはわかりづらいところです。
(男性の首は太くゴツイ傾向があるので、細い首が見えると色気を感じるのでしょう)

他にも、いろいろと色気を感じるところがあるでしょうから、ぜひ異性としゃべる機会があったら「みんなはどんなところに色気を感じるのか」という内容で談義して見てください。
きっと盛り上がりますし、勉強になりますよ。

■色気ポイントは1つダメでも他のでカバー可能

さて、色気については男女ともに劣等感を抱きやすい部分でもあります。
たとえば、女性は胸の大きい小さいなどで劣等感を抱くことがあります。

しかし、色気について、劣等感をいだく必要はありません。
なぜなら、色気というのは「プラス要素」で考えられるものだからです。

胸のない女性が劣等感をいだいていたとして、でも男性からはそれで「嫌いになる」ということはありません。
好きになるきっかけが一つ減っているだけです。
目がキレイだったり、うなじがキレイだったり、そういった別の特性で十分カバーで来てしまいます。

男性も筋肉などで劣等感を感じるケースがあります。
これも、別の要素があれば十分カバーできます。

色気は「プラス要素」ということを覚えておいて、自分なりの色気がどこにあるのかを考えてそこを伸ばして行けば十分以上に異性から魅力的と見てもらえます。

「自分のここが、ああだったら」とか悩む必要はありません。
だって、他に色気を出せる部分があるのですから。
それで悩むよりも、自分なりの色気を探していってくださいませ。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

男性に用事をさせるには

サトミ:「ゴミ袋、ゴミ置き場に出しておいてっていってたでしょ。どうしてやってくれないの?」
ヒロシ:「ごめんごめん。やろうと思っていたんだけど、忘れてたんだよ」
サトミ:「この前もそうだったじゃない。私の言ったこと、やる気無いんでしょ」
ヒロシ:「そんなことないんだけど・・・つい忘れて・・・」
サトミ:「忘れるってことは、大事だと思ってないからよ」


■忘れやすい男性

男性は細かい用事を結構忘れてしまうものです。
ゴミ出しとか、植木の水やりとか、女性が頼んでおいてもつい忘れてしまうもの。
女性からすると、「大事だと思っていないから、忘れてしまうんだ」と考えてしまうところかもしれません。

しかし、男性は「大事じゃないから忘れている」というわけではありません。
男性は目の前にやることがある場合には覚えていますが、目の前にないことは他のことをやっているうちに本当に悪気無く忘れてしまうのです。

仕事の場でも男性は色々と忘れてしまうので『ToDoリスト(やること一覧)』を作ったりするくらいです。
短期記憶を司る脳の『海馬』という部分、女性より男性の方が小さいです。
大事とかそういうことではなく、ただ単に男性は忘れっぽいのです。

■思い出させる仕組みを

男性に用事を伝えた後には、思い出させるような仕組みを作っておくと確実に実行してくれるようになります。
やらない男性は『忘れたから』やらないだけで、思い出させれば用事を実行してくれるのです。

ゴミ出しだったら、玄関にゴミ袋を置いておく。
これだけで、「ああ、ついでにゴミ出しをしておかなきゃ」と男性は思い出して、実行してくれます。

小さなホワイトボードを目立つところに置いておいて、用事を書いておくのも良いでしょう。
ふとしたタイミングで思い出させるような仕組みを作っておくことで、男性が用事を実行してくれる可能性は急激にアップします。

だいたい、用事をするタイミングって、移動するときが多いものです。
男性の移動のパターンを研究して、用事を伝える仕組みを作っていって下さい。
ちょっと工夫するだけで、忘れっぽい男性に用事をしてもらえることが増えていきますよ。


イラスト:林えみこ

織田隼人 |

なぜ男の人は難しい話ばかりするの?

ヒトシ:「最近の政治は全然ダメだね。そろそろ政権交代しなくちゃ」
サトミ:「そうだよね~」(話、面白くないなぁ)
ワタル:「特に外交が弱腰でダメなんだよ。もっと強気に出なくちゃ」
サトミ:「そうだよね~」(他の話にならないかなぁ)


■難しい話をしたがる男性

女性の疑問の1つに、「どうして男性は難しい話ばっかりするの?」というものがあります。
例えば、政治の話とか、ビジネスの話とか。
野球やスポーツの話をしていても、いつのまにやら戦略とか戦術といった話になっていたり。
技術者同士だと、技術云々から「開発手法」とかそういう技術よりもさらに難しい話をしていたり。

もっと「○○さんが、××した」というようなわかりやすい話はないの?というのが女性の疑問だったりします。


■抽象化して考える

男性は何かを記憶するときには『教訓』として覚えている傾向があります。
そして、物事の問題に取り組む時には過去に学んだ『教訓』を使って解決します。

教訓とは、他のことにも使えること、そして抽象的なことです。
物事を抽象化することによって、男性は知識を他の分野へと当てはめていきます。

ちなみに、女性は男性ほどは教訓化はしません。
それよりも、過去の大量の記憶を上手く使って、情報処理をしてその場で解答をつくっていきます。

■抽象的な話

物事を教訓化、抽象化する男性は、普段からそういう話をするのが好きになっていきます。
スポーツだと、個々の選手の活躍以上に、戦術といった『教訓』を使える部分を突き詰めてみていきます。

ビジネスや政治は抽象化がしやすい分野です。
「こうすれば良くなる」「ああいうやり方はダメだ」と抽象的な内容で話すことができます。
こうして、男性は難しい話を好きになっていくのです。


■オシャレの話と一緒

男性の政治話やビジネス話は女性にとってのおしゃれの話とかスイーツの話とそれほど変わりません。
自分が好きだから、そういう話をしているだけです。

女性からすると、スイーツの話をしたくなることもあるでしょう。
それはそれで男性にしていって良いと思います。
その代わりに、たまには男性の難しい話を聞いてあげましょう。

異性の好む話を理解しておくと、実はいろいろなシーンでそれを役立てることができます。
ちょっとしたところで新しく知り合いができたときなどの、会話にも役立てることができるので、『こういう話も知っておくかな』という気持ちで、男性の話に挑んでみてくださいませ。


イラスト:林えみこ

織田隼人 |

相手が納得していなくても、説得は成立する

女性部下:「こちら、承認をお願いします」
男性部長:「うーん、どうもこのやり方だと上手くいく気がしないんだよなぁ。まあ、仕方ない」
女性部下:「でも、このデータを見て下さい。このラインを越えたところで売上が急上昇する可能性が高いんです」
男性部長:「だから、そこが上手くいかない気がするんだよ」

どうも、部長は女性部下の言うことに納得できないようです。
「仕方ないなぁ」という言葉までは引き出せたのに、結局承認には至らなかったようです。


■納得しないのに「やる」

女性がビジネスの場で男性を説得するときに、1つ注意しておいた方がよいことがあります。
「男性を必ずしも納得させる必要はない」ということです。

どういうことかというと、男性は『納得する/納得しない』でビジネスを考えるのではなく、『やる/やらない』で判断をしています。
男性は自分が納得していないことであっても、『やる』と判断することは多々あります。

ただし、男性が納得していないのに『やる』と決断したあとで、相手に重ねて説得されると男性は「やると言ったのに、どうしてそこまでしつこく言ってくるんだ」という気持ちになります。
さらにしつこく説得され続けると、「もういい、やらない!」と意固地になってしまいます。

男性が「気が進まないけどやろう」とか「やってもいい」と言ったとき、たとえその男性が納得していなくても、その場で話を切り上げた方がよいのです。

■納得してもらいたい女性

女性としては「やる/やらない」の前に、「納得するか/納得しないか」という価値観がでてくることでしょう。
「やる」ときには納得している。
「やらない」ときには納得していない。

女性としてはこういう前提を持っていて、「やるという決断のために相手に納得させたい」と思うことが多いでしょう。
しかし、そこはグッとこらえて、説得をやめた方が上手くいくのです。


■仕方ないなぁは「やる」の意味

(特に年配系の)男性上司が使う言葉に「仕方ない」というものがあります。
この男性の「仕方ない」は「やる」という意味で理解しておくと良いでしょう。

男性から「仕方ないなぁ」という言葉が漏れたとき、すかさず「ありがとうございます!」と言い切って、説得を打ち切ると「やる」という合意がとれたことになります。
(あとで、メールなどで「先ほどの件、進めさせていただきます」とエビデンス(証拠)を残しておくこともオススメしますが)

説得を続けるのではなく、そこで話を打ち切った方が合意がとりやすいのです。

女性にはすごくわかりづらい男性の表現方法ですが、これは対男性上司と接する際にはよく使うノウハウなので覚えておく良いでしょう。


イラスト:ににこ

織田隼人 |

同性同士での座り方に気をつけてみよう

ヒロシ:「すごいことわかったよ」
ナオミ:「なになに、どうしたの?」
ヒロシ:「女同士で食事するときって、ほとんどが向かい合ってるんだよ」
ナオミ:「え、男の人はそうじゃないの?」
ヒロシ:「向かい合うこともあるけど、横に並んで食事のことも多いんだよね」


■男女の位置関係

 

男性と女性とで、『同性同士』の話しやすい方向が違います。

 

男性同士で話すとき、話しやすいのは『横並び』または『斜め方向』です。
男性が向かい合って話すと『敵対関係』の位置になってしまうので、男性同士の場合にはあえて向かい合わない方がよいのです。

 

女性同士の場合には、向かい合ってはなす方が良いでしょう。
女性同士の場合、会話の時には相手の表情から情報を読み解き合います。
ですので、相手の表情や目が見える方が安心して話せるのです。

 

201003191

 

■交渉の時にも

 

この話す方向、ビジネスの交渉時にも使えます。
男性相手に話すときには、横並びを。
女性相手に話すときには、向かい合って。

 

ちょっと方向を変えただけでも、お互いの会話がスムーズになり、交渉もまとまりやすくなります。
男性と女性とでは、会話をするときに「得意とする角度」が違うので、そこに気をつけて位置取りをしてみて下さい。


イラスト:ににこ

 

織田隼人 |

断れる雰囲気を作ろう

サトミ:「ゴミ捨ててきてくれる?」
タケシ:「今忙しいから無理」
サトミ:「じゃあ、私がやるね」
タケシ:「ん。悪いね」

サトミ:(がーん、引き受けてくれなかった。忙しいっていってもたいしたことしてなさそうなのに)
タケシ:(なんか、すっごく断りづらいんだよなぁ。だから余計に断る癖を付けなきゃって思うよ)


■断れないプレッシャーから

 

彼女や奥さんにお願い事をされたとき、男性としては大きなプレッシャーを受けます。
特に断りたいことをお願いされたとき、男性は露骨に嫌な顔をしてしまうことが多いです。

この男性の嫌そうな顔を見ると女性は男性にお願い事をする気持ちが無くなります。


■「やりたくない」を言える環境に

 

女性からのお願い事が減ると、どうしても女性が「我慢」をしている状況になりやすいです。
男性より、女性の方が細かいことに気づくことが多いですから。

 

では、どうすれば良いのかというと・・・
「男性に断られてもいいや」と思って依頼をすると上手くいきます。

 

男性としては、断れない雰囲気、というのが一番困るものです。
「断れない」という雰囲気では『自由の制限』がされた気持ちになって男性が束縛されているように感じます。

断っても良いことを男性が理解すると、「今回は引き受けるね」「今はまだ無理」とか「これはやりたくない」などという選択肢が増えます。

選択肢が増えたことで、男性の嫌な気持ちはなくなります。
男性が嫌そうな顔をすることもなくなるのです。

 

201002121

 

■気軽にお願い、断られてもOK

 

一方女性も、断られてもOK、という考え方をしておくと気軽にお願いが出来るようになります。

結果的に、なんどもお願いが出来るようになり、相手の男性がたくさん貴女のために行動してくれるようになります。

「断っても良い」という雰囲気を作り込むことで、二人が自由な気持ちのまま、助け合いを出来る体勢になります。

お互いの自由を作りつつ、お互いを頼る、という状態を作り出すことで、二人の関係も良好なものになります。


イラスト:ににこ

 


 

 

織田隼人 |

お金はしっかり請求する

カナコ:「私さぁ、営業って仕事好きなんだけど、一つだけ苦手なことがあるんだよね」
トオル:「え、何が苦手なの?」
カナコ:「お金の話。請求するのも苦手だし、お金の話を出すのも苦手なんだよね」
トオル:「へぇ。値引きとかの交渉とかならわかるけど、ただ言うだけでも苦手なんだね」


■請求に対する負担

 

現代の日本では男性も女性も、たくさんの人が営業職に付いています。
勢いで売ってくる人、頭脳を使って売ってくる人、人間性で売ってくる人、様々なやりかたで営業職に付いた人は販売をしています。

さて、この営業職で結構多くの女性が苦手にしていることがあります。
それは、『お金の話をする』ことです。


■相手の負担を考える

 

営業で売っているものは、たいていのものが相手に『メリット』を与えるものです。
これを使えば相手は喜ぶ、だからこそ売ることができます。

この『相手の喜び』を想像することは女性が得意としている分野の1つ。
ここが女性の営業パーソンの強みとなっています。

しかし、それと同時に『相手の負担』にまで女性は想像を働かせてしまうため、お金の話が苦手になる人が多いのです。

200912041

 

■それほど気にしていない

 

ところが、商品やサービスを買う側の立場からするとお金の話は早く聞きたい情報です。
もちろん、買った後に請求されることに関しては『当然のこと』と思って請求書を受け取ります。

 

そう、お金の話をしても相手(買い手)は特に負担と感じていないのです。
買う時に、お金を支払うのは当然、なのですから。

ですから、お金の話がするのが苦手な人は「相手はそんなに負担に思っていない」ということを思い出すようにしましょう。

相手の負担がないことを思い出せれば、心に引っかかっている『言いづらい』気持ちが少しはとれていきますから。

ビジネスをすると必ずお金の話は出てくるもの。
堂々と、お金の話をしてみてください。


イラスト:ににこ

 


 

 

織田隼人 |

信頼を得る声

ユミコ:「なんかさぁ、私って会議とかで軽く扱われること多いんだよね」
トモミ:「それって、女だからじゃない?」
ユミコ:「エリ先輩は結構発言力あるんだよね。どこに違いがあるんだろ」

エリさんもユミコさんも同じ女性なのに、ユミコさんだけ会議で軽く扱われてしまうのってどうしてなのでしょう?


■発言の重さに関係するもの

会議やミーティング、商談の場などでは発言力がどれだけあるかで、自分の立ち位置が変わってきます。
相手に発言力がないと思われれば、軽く扱われますし、相手に発言力があると思われれば、発言の1つ1つが大事に扱われます。

さて、この発言の重さを決めるファクターはいったい何なのでしょう。

もちろん、日頃からの仕事の評価が一番大事ですが、それ以外にも発言の重さを変えるファクターがあります。
それは、声の高さです。

声が低いと、相手は発言を信頼するようになります。

人は緊張すると、声が高くなります。
自信があるときほど、声が低くなります。
この原則を人は経験上理解しているため、声が低い人は信頼できる、と無意識に考えるのです。

200911261

 

■女性は特に気をつけよう

 

人前で発言をしようとすると、緊張してどうしても声が高くなってしまうものです。

 

さらに、女性は愛想良く振る舞おうとしたときも、声が高くなる傾向があります。
会議などで発言力を増したい場合、女性は特に声を低くするように気をつけましょう。

気をつけていないと、つい声が高くなってしまいますから。

もちろん、ビジネスの場を離れたときには女性は声を低くする必要はありません。
恋愛などの場では、女性はむしろ高い声の方が好まれるのですから。

 

声の高低だけで、意外なまでにビジネスの評価は変わってきます。
声の高低は意識をすればある程度自分で操れますので、まずは意識するところから始めてみてください。


イラスト:上田 城

 


 

 

織田隼人 |

逆に言うと

トオル:「・・・・というわけなんだけど、まだ続きはあってね、コンビニでは店舗が狭いから、多数の商品を扱えないんだ」
カナコ:(なんか、話長いなぁ)
トオル:「逆に言うと、良い商品でも仕入れることが出来ないってことかな」
カナコ:(ちょっ、それ、逆に言ってないし、同じこと言ってるだけだし!!)

 

 

 

『逆に言うと』という言葉。
男性の中には『逆』になっていないのに、使う人が多いのはなぜなのでしょう??


■会話のオチを作ろうとする

 

男性の口癖に、このようなものがあります。
「つまり」
「逆に言うと」
「まとめると」
「要するに」
これらは、すべて『話をまとめる』時に使う『まとめ言葉』です。

 

なぜ、男性はこれらの『まとめ言葉』が口癖になるのかというと、男性は『話はまとめないといけない』と思っているからです。

 

なので、話が長くなったりすると、自動的に男性はまとめ言葉を使おうとします。

 

200911131

■気になる女性

 

ただ、「つまり」とか「要するに」という話をまとめるときに使う言葉は女性からすると、少し『耳に残る』感じの言葉です。
女性からすると、「ああ、そろそろ話が終わるんだ」とか「ああ、話がまとまってきたんだ」というように感じます。

 

なのに、結局話が終わらなさそうだったり、話がまとまっていなかったりすると、『この人は要領の得ない人だ』と思われてしまいます。

 

ですので、男性は『まとめ言葉』を使いたくなったときに、本当に話をまとめるようにしましょう。

 

女性はこういうところで話がしっかりまとまるかまとまらないかで男性の頭の善し悪しをチェックしていたりするのですから。

 

あと『逆に言うと』というのが口癖の人はさらに注意してください。
物事を逆に言うのは結構難しい作業です。
逆に言えていない場合には、女性は「なんで、逆じゃないじゃん」という部分が気になって話の骨子より、逆かどうかの方が気になって仕方なくなることもありますから。

 

男性が気楽に使うまとめ言葉ですが、まとまっていないときに使うと女性には違和感を感じさせてしまいます。
まとめ言葉を使う癖のある人は、本当に話がまとまっているのかどうか定期的にチェックしてみましょう。


イラスト:うさこ

 


 

 

織田隼人 |

自慢をしよう

サトミ:「会社でどうも、上司に女の子扱いされちゃうんだよね」
トモコ:「もう3年目でしょ。そろそろ認めて欲しいもんだよね」
サトミ:「そうなのよー、同期の男性陣はもう一人前扱いされ始めているんだけどね」

サトミ:「どうすれば、女の子扱いから抜けられるんだろうねー」


■成果が指標

職場の男性相手に、自分を正しく評価してもらうことについては、やはり男性よりも女性の方が上手くできていないようです。
男性であれば、男性の気持ちが自然にわかるので、どうすれば自分を正しく評価してもらえるかをわかっています。

その、男性がわかっている「自分の評価を上げるコツ」ですが、成果を示すことです。
男性は、自分が過去に上手くやった経験を言葉に出して伝えます。

しかし、多くの女性は過去の成果を声に出して言うことをはばかります。
自慢になってしまい、そういうことを言う人は『自己主張が強く空気を読めない人である』と思われてしまうのでは、と考えるからです。

ところが、男性相手に自分の成果を示すことはマイナスにならないことが多いのです。
なぜなら、成果を伝えることで「私はこれができますので、任せてもらって結構です」という意味で男性はとらえるからです。


■謙遜よりも自慢を

職場で女性が「女の子扱い」されてしまう理由の1つが、この「成果を伝える」ということをしていないことにあったりします。
多くの場合、女性は成果を伝えるよりも、謙遜をしてしまいます。(『強気の法則』参照)

しかし、男性は仕事の場においては「これを誰に任せるか?」という視点で動いています。
ですので、ある程度成果を見せていった方が男性を安心させることにつながるのです。
女性は男性には成果を伝えるようにしましょう。
男性を安心させると「この人になら任せても良い」と思ってもらえるので、結果として「女の子扱い」から「デキる女扱い」に格上げされます。

男性相手に伝えるときには、男性にわかりやすい伝え方で伝えるのが効果的です。
職場の男性には少し自慢をする感じで過去の成果を見せてみてください。


織田隼人 |

結婚したら女性はキツくなる?

ミツル:「なあ、結婚したら女ってキツくなるっていうだろ。お前のとこはどうなのよ」
ツヨシ:「俺のとこは・・・うん。確かにキツくなったかな。なんていうか、言葉に遠慮がなくなった感じかな。」
ミツル:「やっぱそうか。なんか結婚するのって怖いなぁ」


■結婚してから

結婚をすると女性はキツくなる、ということがよく言われます。
よく言われる、ということは実際にそうなっているケースが多いからでしょう。
でも、それなら同棲中とか付き合っている間に彼女の性格なんてわかりそうなものです。
とはいえ実際には結婚してからその性格が出る。
これってどうしてなのでしょう?

実は「心の壁」というものがこの性格の変化に影響を与えています。


■壁の位置

結婚前、心の壁は付き合っている二人の間にあります。

これは、まだ結婚という壁が立ちはだかっているからです。
なので、この壁を乗り越えるために男性も女性もお互いの良いところを見せようとし、自分の思い(わがまま)は遠慮します。

この状態を「疎結合」と呼びます。
二人の間に結合状態はあるのですが、簡単に離れることができる状態です。
他にも結合できる相手が存在したら、大きな苦労無く離れることができます。

しかし、結婚後には心の壁は二人の外にあります。
二人の結束が強固になる反面、結束を外すのに苦労が必要、という状態になります。
この状態を「密結合」と呼びます。

水分子は水素原子と酸素原子に簡単には分解しません。
水を分解するには電気というエネルギーが必要なように二人の間を分けるにはそれ相応のエネルギーが必要になります。

この密結合状態では、結合が外れる可能性が低いために「遠慮をしなくてもよい」という状態に変わるわけです。

平たく言うと、離婚って面倒なのでちょっとくらい乱暴になっても相手は許してくれる、という甘えが(男女ともに)生まれるのです。
なので、女性は「キツく」なりやすいのです。
今まで言えなかったことも、遠慮なく言う。それがきついという状態です。

ちなみに、男性は結婚後には「だらしない姿を見せる」とか「言葉に皮肉が入りやすくなる」という傾向があります。

どちらも、結婚という壁を乗り越えて、外に壁ができた状態なので「これくらいなら言っても大丈夫だろう」という心のゆとりから発生した性格の変化なのです。

200810231

■良いこと、悪いこと?

結婚後に女性がキツくなる。
結婚後に男性が皮肉を言うようになる。
どちらも、マイナスの変化のように見えます。
とはいえ、実際にはそれほどマイナスにはなりません。

というのも、結婚してからは相手がキツくなっても、相手が皮肉を言っても、結婚前ほどはダメージを受けなくなるからです。
(もちろん、限度はありますが)

むしろ、言っている側がある程度ストレスを発散できる。
言いたいことを伝えることができる、という状態になります。

心の壁の位置が変わることによって、言いたいことの言える幅が結婚後は増えます。
それが、キツくなる理由。

そんなことを言われると結婚したくない、と思われるかもしれません。
というわけで、次回は結婚後の姿についてもう少し見ていくことにします。


イラスト:うさこ

織田隼人 |

必要とされていること

ノリコ:「そういえばさぁ、男の人ってどうして『薄幸の美少女』とか『病弱の女性』に惹かれるんだろうね」
ムツミ:「言われてみれば不思議。どっちもメリット無いもんね」
ノリコ:「そうそう、メリットじゃなくてなんだか惹かれる要素ってあるはずなんだよね」
ムツミ:「それがわかれば、私らもモテるコツがわかるってわけね」


■共通の事項

『薄幸の美少女』や『病弱の女性』に共通している点が1つあります。
それは、男性が持つ「女性を守りたい」という心を刺激する、というポイントです。
この男性の「女性を守りたい」という気持ちは、どうして生まれてくるのでしょう?

200807251

実は、男性は女性に必要とされたとき、自分の価値を再認識します。

だから、男性は女性に頼ってもらえたとき嬉しそうな顔をするのです。
端から見ると用事が増えるだけかもしれません。でも、男性にとっては自分の存在価値を感じることができるからこそ、女性に頼られたいのです。


■放っておけない存在

この「必要とされたい」という男性の感情は結構強いものがあります。
『薄幸の美少女』や『病弱の女性』という存在は「俺が彼女を守らなければ、誰が守るんだ」という気持ちを引き起こさせるからこそ、より強く惹かれるのです。

もう少し軽い例で見ると「不思議ちゃん」も同じことで説明ができます。
不思議ちゃんは放っておくと危なっかしいため、男性が「彼女には俺が必要なんだ」と感じさせてくれるのです。


■知らせる

この男性の「必要とされたい」という欲はかなり大きなものです。
男性の別れる理由の1つに「君は俺なしでもやっていけるから・・・」というものがあります。
どうして別れる理由になるのかというと、「俺は必要ないから」という風に男性が感じたために、付き合う意味を男性が見いだせなくなってしまったからなのです。

もし、好きな人がいる場合には(付き合っていても、付き合っていなくても)彼にアナタは私にとって必要な人なのだ、ということを伝えるようにしましょう。

直接的に言えないなら、「これをやってくれるおかげで本当に助かるわ」とか「笑顔を見せてもらえるだけで心が安らぐ」とかちょっと変化球で伝えても大丈夫です。

女性は好きな男性には「好きという言葉」を求めます。
男性は好きな女性には「必要とされていること」を求めます。

この違いを理解しておくことが大切なのですね。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

ぐだぐだ言う理由

クミコ:「ねえ、この前行こうって約束した旅行のプラン、考えておいてね」
コウタ:「えー、俺がやるの?」

またコウタがぐだぐだ文句を言い始めた。
まあこういうときには、軽くお願いしてしまえばコウタは結局やってくれる。
ただ、ちょっと面倒に思っているだけなのだ。
クミコはさらに続けていった。

クミコ:「いつも頼りにしてるよ☆お願いね!」

結局、コウタは旅行のプランをしっかり立てるのであった。


■時間稼ぎの他に

男性にお願い事をすると、「それ、面倒だからなぁ」とか「えー、俺がやるの?」というように、ちょっと愚痴っぽく言われたり、嫌がられたりすることがあります。
特に、仲が良いカップルとか夫婦とかになれば、男性は相手への「安心」と「信頼」があるがゆえに、ぐだぐだと言ってしまいます。

ところが、この「ぐだぐだ」の台詞は男性にとっては時間稼ぎ。
実際にやるかどうかを決めかねているときに、相手の意見にのまれないように、少しばかり抵抗し、時間を稼いで自分がどうするかを考えているのです。
(『続・おねだり上手』参照)

とはいえ、結局のところ時間稼ぎですので、そのまま「お願いね」と言い切ってしまえば、男性はほとんどの場合引き受けてくれます。

でも、なぜわざわざ時間を稼ごうとしているのでしょう?
その理由を考えれば、もう少し深い男性の心理が見えてきます。


■面倒な気持ち

男性がぐだぐだ言い出したときには、たいていの場合その男性は「(引き受けても良いけど)この作業をするのが面倒だな」と思っています。

ここが大事なポイントです。
引き受けるのはやぶさかではないのだけれど、面倒。
ここを相手にわかってほしいと思って、男性はわざわざ「ぐだぐだ」を言っているのです。

ここを理解しておけば、ぐだぐだ言う男性への対応が見えてきますね。

相手に対して、面倒なことを引き受けてもらうんだ、という気持ちで話しかければ良いのです。
たったそれだけのことで、男性の気は晴れるのです。

具体的には、引き受けてもらえるなら「引き受けてくれて、ありがとう」と言えばそれで大丈夫です。
男性に「面倒なことをやってくれるのですね、感謝します」という意図が伝わるからです。

200805231

■やっても良いと思っている

多くの男性は頼み事をされたときに、多少ぐだぐだ言ってたとしても「やりたくない」と思っているわけではありません。
単に、面倒だと思っているだけです。
この「やりたくない」と「面倒」の違いを理解しておくと、男性に頼み事をしやすくなりますね。

「面倒」な場合であれば、引き受けてくれる人が多いですし、面倒に対しては「感謝」の気持ちを返せば、それで十分なお返しになります。

ぐだぐだ言う男性に対しては「ああ、感謝してほしいんだな」というくらいに受け取るようにしましょう。

ぐだぐだ言っている男性も、「オラオラ、俺に感謝しろよ」とは言えないのでお作法として、ごねているだけなのです。
ですので、お作法としては「ありがとう」という気持ちで返す、というのが良いようですよ。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

まっすぐ見られない

ミキ:「今日は真剣な話があるの、聞いてくれる?」
ノボル:「うん、聞くよ」

・・・・
ミキ:「だからね、こういうことなの」
ノボル:「そうか・・・・」(でも、実際はどうなのだろう・・・わからないな)
ミキ:「ねえ、聞いてる?」
ノボル:「うん、聞いてるよ」
ミキ:「そんなこと無い、上の空になっているでしょ!」

しっかりと聞いているはずなのに、怒られてしまうノボル。
どうして怒られたのでしょう?


■視線の先には・・・

男性は話をしっかり聞いているつもりなのに、女性から「話を真剣に聞いてくれていないでしょ」と言われるシーン、意外にあったりします。
男性が真剣に聞いていても、女性からするとそうは見えないという状況が発生しているために、女性がこのようなことを言うのです。

というのも、女性が話を真剣に聞く場合と、男性が話を真剣に聞く場合とでは少し動き方が違うので、女性が「真剣に聞いてくれていない」と感じるのです。
女性が相手の話を真剣に聞く場合は、しっかりと相手の目を見て、そらさないようにします。

ところが、男性の場合は違います。
男性が相手の話を真剣に聞く場合は、考える間は目を宙に浮かせるのです。

そのため、女性からすると「目が宙を泳いでいる、話を真剣に聞いてくれていない」と感じるのです。


■考えるため

どうして男性は話を聞いているときであっても、目が宙に浮くのかというと、男性は考えるときには視線をそらそうとする性質を持っているからです。

男性は考えるときには、考えることに集中しようとして、ものを見ないようにします。
だから、視線が宙に浮くのです。

女性の方は、是非、この事実を知っておいてください。
男性は目をそらしていても、真剣に聞いていることが多いのです。

200804091

さて、男性はどうすればよいのか、というと、すこし頑張れば相手の女性に視線を投げ続けることができます。
やり方は簡単です。
考えるよりも、視線を相手に向けることを優先するのです。

結局、話している人が話に集中すればするほど、本人が結論をまとめていくことができます。
相手の集中を乱さないようにすれば、聞き手が納得する以上に話し手の満足度が上がります。
ここを理解して、「ん?なんでこうなるの?」と思ったときでも、考え込むのではなく、相手を見るようにすると、結果的によい方向に向かうのです。

話を聞くときには、「言葉」だけではなくて「態度」も求められるもの。
態度は忘れがちになってしまう部分ですので、ここまで気を配ることができるように、トレーニングをしていきたいですね。


イラスト:うさこ

織田隼人 |

道順の伝え方

タケシ:「駅から北に100メートル直進して、交差点で西に曲がって50メートルくらいで到着だよ」
アケミ:「へっ、えーーっと、よくわかんないんだけど」
ヨウコ:「その場所なら、駅からパン屋さんのある出口にでて、まっすぐすすんで、赤い看板の花屋さんで左に曲がって、定食屋さんを通り過ぎたくらいの場所だよ」
アケミ:「うん、わかった。アケミって道案内、得意だね」

タケシは自分の説明の方がシンプルでわかりやすいはずなのに、と思うのであった。


■頭の中の地図

男性と女性とでは、道順の覚え方が違います。
たとえば、一度行った目的地までの地図を覚える場合。
男性は、方角を中心に道順を覚えます。
だから、今度はちょっと違う道で行ってみよう、ということができます。
方角がわかっているので、少し外れた道でも目的地の位置をはずさず行けるのです。

女性は、ランドマーク(目印)を中心に道順を覚えます。
大きな建物、特徴のある看板と、左右の曲がり方を覚えます。
方角ではなく、「目印」と「左右」で覚えているのが特徴です。

だから、女性は地図を読むときに右に向けたり、左に向けたりするのですね。

200712211

■脳の部位

どうしてこのように違いが出るのかというと、男性と女性とで道順を考える際に使う脳の部位が違っているからです。
男性は、海馬を中心に使って道順を考えます。
女性は、大脳皮質を使って道順を考えます。
そもそも、脳の使っている部位が違うために、これほどまでに道順の考え方が変わってしまうのです。

簡単な道順を教えるのであれば、どちらの方法を使ってもかまいませんが、複雑な道順を異性に伝えるときには、男女の違いに注意してみてください。

男性には、方角をあわせて伝えると、理解してもらいやすくなります。
女性には、ランドマークをあわせて伝えると、理解してもらいやすくなります。

教え方の上手い人というのは、相手の特性をふまえた上で伝えます。
男女というのも特性の1つ。
道順を教えるという簡単なことでも、男女差を理解しておくと教え上手になることができます。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |

忘れっぽい

ノリコ:「頼んでいた、リンゴ、買ってきてくれた?」
ヒロシ:「あ、ごめん、忘れてた・・・」
ノリコ:「どうして、すぐに忘れちゃうのよ。本当は最初から買おうと思ってなかったんでしょ」
ヒロシ:「そんなことないって、偶然忘れただけだから。本当にゴメンってば」

忘れるつもりはなかったのに、忘れてしまう。
これって本当なのでしょうか?


■優先順位

かなり前になりますが、『男性は1度に1つのことしかできない。女性は1度に複数のことができる』ということを記事にしました。
この男性の1度に1つのことしかできない、というのが今回のキモの部分になります。

男性は1度に1つのことしかできないため、何か行動をするときには優先順位付けを行います。

この優先順位付けを行った結果、優先順位が低いと思ったものについては、忘れやすくなるのです。
なぜなら、1度に1つのことしかできないため、優先順位が低いものは、ほかの作業をやっているときに頭から離れていきます。

女性であれば、「これをやらなきゃ」と思ったことは、別の作業をやっている間でも頭の片隅に「やるべきこと」が残っていたりします。
しかし、男性は何か作業をやっていると、他のことは頭から消えてしまう。
だから、優先順位の低いものは忘れやすくなっているのです。

200712141

■大事に思っている?

ここからが大事なところですが、女性からすると「忘れるってことは、優先順位が低い。優先順位が低いってことは、大事だと思っていない。つまり、私のことを大事に思っていないから、用事を忘れたんじゃないの?」と感じてしまうことがあります。

しかし、これは間違いです。
男性は彼女や奥さんのことは大事に思っています。
たとえば、彼女が事故にあったりしたら、一番に駆けつけようと考えている男性がほとんどです。

男性の優先順位は、危険度、リスクに高い評価がおかれています。
だから、リスクの低い買い物などが忘れられてしまうのですね。

男性が忘れっぽいのは、そういう仕様に生まれてきたからです。
そんなものだと思って、対策をとっておいてあげてください。

たとえば、リマインダーでメッセージを送るだけでも、忘れていた買い物を思い出してくれます。
元々、やる気がないわけではないので、思い出させてあげるだけでも、用事をやってくれる可能性はぐっと上がります。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

ルールを知ろう

カオリ:「あの、部長。人事部に提出するこのシート、やっぱり全員に書いてもらわないとダメでしょうか?」
部長:「確かに面倒だよね。でもそれが決まりというかルールだからね。守らないと」

カオリ:「こんなに本部に提出するデータが増えたら、データ作るので仕事が終わってしまって部門の仕事が出来なくなってしまいますよ」
部長:「だったら、記入例をみんなに配ってそれを見て書いてもらおう」
カオリ:「・・・それ、人事部の本来の目的とずれちゃいませんか?」
部長:「いいんでないの? ルールは守っているんだし」

男性の部長と、女性部下との会話。職場でありがちな風景。
意味あるものが、無意味になる瞬間。
そもそも、そのシートを集めることが部門の仕事の時間を奪ってまでやるべき事なのかすら判らないまま、作業は進むのであった。


■ルールが肝心の男性

冒頭の会話で、部長の男性らしい発言がありました。
「いいんでないの? ルールは守っているんだし」
これ、ものすごく特徴的です。

男性は、ルールの範囲内であれば、多少裏技的なことをしてもOKである、と考えます。
裏技を使うことは「機転が利いている」と考えるのです。

女性であれば、「それって意味無いんじゃ」とか「裏技と言うより反則じゃないの?」と感じるところでも、男性的にはOKなのです。
だから、男性は「法律解釈」で妙に頑張ったり、サッカーやアメフトなどのゲームで「ルールすれすれ」の事を行うことに燃えたりするのです。

200710191

■仕事を上手くやるコツ

男性は、仕事をする際には「ルールの中でどれだけ成果が出せるか」ということを、能力の判定基準にしています。
ルールは守る。
ただし、ルールの範囲内であれば多少の裏技はOK。
しかし、ルール違反はNG。

残念ながら、正しいことをしたとしても、その職場でルール違反であれば、男性からは評価はされにくいのです。
女性は男性のこの性質をを理解しておけば、仕事がかなりスムーズに進みます。

男性がいる場所では、少なからず何かしらの「ルール」が存在しています。
そのルールをめざとく見つけることが出来れば、そして、そのルールの範囲内で効果を出せば、男性からの評価がグッと上げることができます。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |

紅一点

ヒロシ:「なあ、大勢の男の中に女が一人いるのって『紅一点』って言うよな」
タロウ:「うん」
ヒロシ:「じゃあ、大勢の女の中に男が一人ってなんて言うか知ってるか?」
タロウ:「うーん、『黒一点』かなぁ」

ヒロシ:「正解は・・・『ハーレム』だよ」

200707271



■紅一点の効果

世の中、意外に紅一点という状態は多いもの。
・男子中心のスポーツ系部活での、女子マネージャー。
・男性ばかりの営業部での、女性アシスタント。
・理系の多い研究所での女性研究員。
・・・

この『紅一点』の状況は悪くはないようで、男性ばかりが集まる状態に比べてチームとして上手くいくことが多いようです。

チームが男性のみの場合、そうすると、共通の敵や目的、チーム内でのライバル心といったもので個々人のモラール(士気)の向上が起きます。
男性ばかりのチームに女性が少しでも混ざると、「女性に良いところを見せたい」という向上心がさらに追加されます。
また、その女性から褒められた場合には大きな達成感を感じるようになります。(注1)
これが、紅一点の効果です。
女性がいると、チームの男性の士気が上がりやすくなるのです。


■ライバルよりもサポート

この紅一点(男性のみのチームに女性が混じる)について、もう1つポイントがあります。
女性が男性と同じ仕事をする場合よりも、女性がサポート役に回った場合の方がチームの士気向上に対する効果が大きいのです。

女性と男性がライバル関係になった場合、女性が男性を褒めたり、ねぎらったりすることが増えないためです。
また、ライバルに対しては「良いところを見せるぞ」という男性の心理が働きにくいところもあるからです。
この場合にはライバル役の女性の他にサポート役の女性が追加されると、男性の士気向上が図れます。
紅一点と言っても、「ライバル型」と「サポート型」では士気の向上レベルが違ってきます。

今回は紅一点の場合のチーム編成についてみてみましたが、他にもチーム編成時にこういう組み合わせでチームを編成すればチームの士気が向上するという組み合わせがたくさんあります。
次回は、女性大勢に男性1人というパターンを見てみましょう。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

釣り合い的恋愛観

ミサ:「33歳も過ぎると合コン、一気に減ってきたね」
ユキコ:「うん、微妙に男性陣に怖れられているというか、そういう空気を感じるね」
ミサ:「別に怖くなったわけじゃないのにね。やっぱ男は若い女の方がいいのかなぁ」

200707131




■若さの意味

若い女性の方がモテる。
一般的にそうなのですが、どうして「若い」とモテるのかは意外に知られていなかったりします。
もちろん、肌がピチピチしているとかそういった理由もあるのですが、それ以上に「女性が成長することで男性が恋愛対象から外してしまう」という理由があるから、若い女性がモテるのです。
この「成長することで男性が恋愛対象から外してしまう」という内容を見ていきます。


■釣り合うか?

男性の恋愛観で特徴的なのが「この女性は自分と釣り合うのか」ということを上にも下にも考えるところです。
たとえば、超美人はモテないと言われますが、これは「ここまで美人だと自分に釣り合わない」と男性が考えるからです。
超美人より、そこそこ美人のほうがモテるのは、「自分と釣り合うギリギリのレベルに入っている」とその女性を見て男性が思うからです。

さらに、この「釣り合うのか?」という男性の考え方は様々な切り口において考えられます。
・顔やスタイルが釣り合うか?
・学歴が釣り合うか?
・家柄が釣り合うか?
・気品や品格が釣り合うか?
・文化レベルが釣り合うか?
・今までの異性との付き合い経験が釣り合うか?
・・・・

これらの多くの項目で、「なんとか釣り合うレベル」に収まると男性の恋愛対象になるのです。


■積み上げたもの

さて、ではどうして若い女性がモテやすいのかというと・・・
若い女性がモテやすい理由は、「文化レベル」および「異性とのつきあいの経験」が釣り合いやすいからなのです。
特に大事なのが「文化レベル」の釣り合いです。

20代の中後半辺りから、多くの女性が「自分磨き」を始めます。
そうすると、その女性たちの文化レベルが上がっていきます。
「能」や「狂言」、「オペラ」や「クラシック」などの文化をたしなんだり、「フレンチ」や「懐石」などの食事を楽しむようになる。
そうすると、その女性たちは磨かれるのですが、多くの男性がその文化レベルに付いていけなくなるのです。

例えば文化レベルの高い女性をデートに誘うとして。
「ラーメン」に連れて行くのはもちろんNG。
だからといって、フレンチに連れて行くとしても自分がマナーが完璧かというとそうでもない。
しかも、それほど美味しいフレンチを知っているわけでもない。
こうなると文化レベルの差によって、「この女性と俺は釣り合わないな」となってしまうのです。
若い女性であれば、それほど男性が頑張らなくても、文化レベルの釣り合いは取りやすい。だから若い女性がもてはやされやすいのです。


■積み上げたものをリセット

「それなら、自分磨きはしないようがいいの?」と言われそうですね。
そんなことはありません。
自分磨き自体はすばらしい行為です。

ただ、自分磨きの後にもう1つやることがあるのです。
それが「アンラーニング」、つまり、自分を磨いた結果得ることができた「武器や鎧」を外す作業です。

人は何かを学ぶと、自分自身が鍛えられると同時に、武器や鎧を手に入れることができます。
例えば、知識を増やすと、本質を知る能力(自分自身が鍛えられる)と、知恵(誰かを攻撃する武器にもなり、自分を守る鎧にもなるもの)の2つを得ることができます。
この知恵の部分は人に見せようとすればするほど、人の本質を隠してしまいます。
武器や鎧しか見えなくなってしまうのです。

文化レベルもこの武器や鎧と一緒で、あまりそれを見せようとしすぎると本人の本質的な部分が隠れて、男性を退けさせてしまうことにつながってしまうのです。

もともと、恋愛にレストラン選びとか、スマートさとかはそれほど重要な要素ではなかったはずです。
それよりも、純粋さとか思いの強さ、その相手の人の優しさと言ったものこそが本質だったはずです。
この本質を見せ合える状態になるよう、学んだことをいったん捨ててしまうことこそが、男性に向けて自然と作ってしまっていた壁を取り除くことになるのです。

一緒にいて楽しい。幸せだ。
こういう恋愛に立ち戻るのはなかなかに難しいものですが、ただ、そういう方向に向かおうとするだけでも、鎧を脱いだ自分を再発見することにつながります。


織田隼人 | | トラックバック (0)

沈黙が怖い

エリ:「だからね、あの子にこういったわけなの」
タカシ:「・・・」
エリ:「でもね、『そんなことないよ』って言われて・・」
タカシ:「・・・」
エリ:(ううっ、なんだか間が持たないよ・・・)

タカシが無口が無口になるほど、エリは盛り上げようとして話をする。
エリが頑張れば頑張るほど、話が一方通行になってエリが疲れる。
そんな時間が過ぎていくのであった。

200706221



■クールな男性

世の中には『クールな男性』と言われるタイプの男性が結構たくさんいるようです。
一言で言うと無口な男性。

こういう男性と1対1で話すとき、女性はかなりの緊張を強いられます。
というのも、女性は話をするときに男性よりも相手の反応を気にしているからです

しかも、相手は異性です。
異性相手にはいつも以上に相手の反応に気を配ります。
しかし、相手の男性は無口。
そうなると、「この人は何を考えているのだろう・・・」と思って女性は不安になるのです。

特に、女性にとっては相手の沈黙こそが一番怖い状態。
なにしろ、女性にとって沈黙とは「無関心」や「面白くない状態」を指すからです。


■クールな男性が考えていること

ところで、女性が「この男性は何を考えているんだろう?」と不安になっているとき、当の無口な男性は何を考えているのでしょう?
織田隼人がクールな男性に聞いてみたところ、「おもしろいなぁ」とか「この子、よくしゃべるなぁ」とか「ふーん、と思いながら聞いてますよ」という返事が返ってきました。
無口な男性だからと言って、他の男性と考えていることが違うわけではないようです。
ここが大事なポイントです。

クールな男性は、単に話さない(顔にも出さない)だけで、普通の男性と考えていることは同じなのです。
さらにもう1つ言えることがあります。
クールな男性は、会話に沈黙状態が生まれても全然不安に感じません

話すことがなければ、ぼーっとする。
そして、自分の頭の中で何となく考え事をしている。
これがクールな男性にとっての沈黙状態なのです。

そう、女性からすると沈黙があると、「何か話さなきゃ」と思うところなのですが、無理して話さなくても、黙っていても大丈夫なのです。
クールな男性と過ごすときには「ぼーっと過ごすのもありなんだな」と考えて、のんびりした時間を過ごしてみてくださいませ。

クールな男性の方は女性ががんばって話しているときには、相づちを打ったり、感想を述べるようにすると、女性は不安にならなくてすみます。
クールな男性の皆さん、女性が無理して話をしていそうな場合には、合いの手を少し入れるようにしてみてください。
それだけで、相手は安心して一緒にいる時間を楽しめるようになります。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 | | トラックバック (0)

男女の違いクイズ2

久しぶりにやります。
男女の違いクイズです。
人間に備わっている様々な能力。
男性と女性、どちらの方が能力が高いのでしょう?

200706082_2

◆1問目
神経衰弱、男性と女性どちらの方が得意?

◆2問目
味覚の中には『甘い』『酸っぱい』『塩辛い』『苦い』の4つの種類+『うま味』があります。
この味覚のなかで『甘い』『酸っぱい』『塩辛い』『苦い』について、男性と女性とではどちらの方が鋭いのでしょう?

◆3問目
他の指を動かさないで、一本の指を第二関節のところで曲げるのが上手なのは、男性と女性どちら?

◆4問目
同じことの繰り返し。たとえば、右手の人差し指で、PCのキーボードの『A』のボタンを連続して押すのは、男性と女性、どちらが速くできる?

◆5問目
以下の図を見てください。

200706081_2


この図、実は上と下の横の線の長さが同じです。
さて、この横の線が同じに感じる速さは、男性と女性どちらが速いのでしょう?

解答は下の段にあります。
じっくり考えてみてから見てくださいね。






解説

◆1問目
神経衰弱、男性と女性どちらの方が得意?
◇答え:女性
複数の対象の中で、以前にめくられたカードの位置を覚えておく能力は女性の方が高いという実験結果があります。

◆2問目
味覚の中には『甘い』『酸っぱい』『塩辛い』『苦い』の4つの種類+『うま味』があります。
この味覚のなかで『甘い』『酸っぱい』『塩辛い』『苦い』について、男性と女性とではどちらの方が鋭いのでしょう?
◇答え:女性
4種類の味覚について、女性の方が鋭いことがわかっています。
男性より女性の方が「おいしい食べ物」が好きなのは、味覚の鋭さが関係しているのかもしれませんね。
ちなみに、『辛い』は味覚ではありません。
『辛い』は『痛い』と同じ刺激なので、痛覚だったりします。

◆3問目
他の指を動かさないで、一本の指を第二関節のところで曲げるのが上手なのは、男性と女性どちら?
◇答え:女性
他にも、「この指の形と同じ形にしてください」という題目を出すと、女性の方が正確に再現するという実験結果もあります。
女性は指先が器用なのですね。

◆4問目
同じことの繰り返し。たとえば、右手の人差し指で、PCのキーボードの『A』のボタンを連続して押すのは、男性と女性、どちらが速くできる?
◇答え:男性
繰り返し、反復作業だと、男性の方が能力が高い傾向があります。
他にも「同じ音節を反復して言う」ことも男性の方が速くできます。
工場には「スピードが速い男性」「手先が器用な女性」の両方が必要だと言うことがよくわかりますね。

◆5問目
以下の図を見てください。

200706081_3



この図、実は上と下の横の線の長さが同じです。
さて、この横の線が同じに感じる速さは、男性と女性どちらが速いのでしょう?
◇答え:男性
女性の方が錯覚状態が長く続きます。
男性の方が、立体感覚にすぐれているからでしょう。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 | | トラックバック (0)

結婚後の姿

ミキ:「そろそろ、彼と結婚したいんだけど、キッカケ作れないかなぁ」
クミ:「ゼクシィをさりげなく置いておくとかってどう?」
ミキ:「ゼクシィって厚さ5センチだよ・・・あんましさりげなくないよ」
クミ:「うわっ、5センチもあるんだ。確かにそれは重いね・・・」

結婚を切り出すキッカケ、なかなか難しい。
ミキとクミはさらに結婚に向けての戦略を練るのであった。

200705181




■結婚のチャンス

結婚のキッカケってなかなか難しいですよね。
特に女性から結婚を切り出すとなると至難の業。
そんなキッカケ作りですが、1つおすすめの方法があったりします。
それが「引っ越し」でのシミュレーションに自分を取り込んでもらうことです。

人は引っ越しをするときには、引っ越し先でどのような生活をするかの想像(シミュレーション)をするからです。

そのシミュレーションに「彼女と一緒に生活しているシーン」を作り出していれば、男性は自ずと「同棲」か「結婚」を意識します。


■サトミさんのケース

サトミさんは、戦略家でした。
彼に「そろそろ、引っ越しを考えてみたら? 会社からの通勤に1時間半もかかるってもったいないでしょ」と引っ越しを薦めていたのです。
そしてサトミさんに言われるうちに、彼も「確かに引っ越しした方が良いな」と考えるようになりました。

そのうち、二人で引っ越し先の物件をデートをしながら見回ることになりました。
そして不動産屋さんにて。
彼がマンションの間取りを見ているときに、サトミさんは彼にこう言ったのです。
「ねぇ、このマンションに私はいるの?」

彼は、頭の中でサトミさんがそこに存在するのか、そして一緒にいても大丈夫なのかをシミュレートしました。
結果、「大丈夫そうだ」と彼は考え、「はい、います」と答え、結婚することになったのです。


■結婚しても大丈夫と思うには

このサトミさんのケース、大事なところが1つあります。
それは、彼に「結婚後の姿」を想像させたところです。
彼がサトミさんとの結婚後を想像することができ、その状態がそこそこ幸せそうだったので、彼は結婚を決意したのです。
男性に結婚を決意してもらうには、結婚後の姿を想像してもらうことが一番です。

引っ越しの時に結婚が決まりやすいのは、家を変えるときにそこに彼女がいるのか、彼女がいたとして生活は楽しそうか、という想像を男性が働かせる機会を持つからなのです。
引っ越しの他にも、手料理を披露したり、家庭的な部分をアピールすると結婚に結びつきやすいのはこの「男性が行うシミュレーション」を誘発させやすいからなのです。

結婚のキッカケの1つにはなるので、タイミングが合えば二人で考えてみてください。
シミュレーション結果が幸せになれそうというものなら、たぶん、それは良いことなのでしょうから。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 | | トラックバック (1)

常連の対応

トオル:「マスター、いつもの」

ここのトオルの行きつけのバー。
マスターは無言で『いつもの』ウィスキーを差し出す。

氷がグラスの縁に当たり、小さな音が響き漏れる。
そこには、ほんの少しの音ですら響き渡る静かな空間が存在した。


■常連扱い

たとえば、あるバーの常連になった。
たとえば、あるカフェの常連になった。
常連になると、店員や店長から特別扱いをしてもらいやすくなります。

常連としても、この『特別扱い』はうれしいもの。
でも、されてうれしい常連扱いには、男女差があったりします。
男性向けの常連あつかい、女性向けの常連扱いの違いを見ていきましょう。


■言わなくても通じる

男性が常連になると、「言わなくても通じる関係」になれたことに喜びを感じます。
たとえば、コンビニで「レジに並んでいたら何も言わなくても、いつものタバコを準備してくれていた」とか「バーのマスターに、『いつもの』と言ったら通じた」といったことに快感を覚えます。

男性が常連になると店長や店員は、戦友のような存在になるからです。

お互いに死線をくぐり抜けてきた、戦友。
戦友という関係になれば、黙っていても相手のことがわかる。
これが、男性にとって特別な関係と感じるのです。

店長が忙しくて困っていたときには、常連は店長にさっと目配せをし、「俺のことは後回しにしてくれ」という合図を送ります。
店長はその合図を感じ取り、常連に感謝をし、他の顧客に対応する。
常連男性は、戦友である店長と気持ちが通じ合ったことに満足する。
こういう関係を常連男性は築いていきます。


■エスコート重視

女性が常連客になると、他の顧客以上に『待遇を良くしてもらいたい』と考えます。

他の顧客が「お嬢様」なら、常連は「お姫様」の様に扱う。
このような特別関係を築くことが、女性の常連化につながります。

店長や店員が忙しくなったとき、男性客なら放って置いても問題ありません。
しかし、女性常連客の場合には放っておくことがマイナスに働きます。

女性の常連客は、常連なのだから私を優先して欲しい、と考えるのです。

女性店員なら、自然に伝わるところなのですが、男性店員にはわかりにくいのがこの部分ですね。

200704201

人付き合いの優先順位にも書いてありますが、男性は仲良く(身内に)なればなるほど相手の優先順位を下げますが、女性は仲良くなればなるほど相手の優先順位を上げるのです。

常連さんへの対応、男女で違いがあっておもしろいですね。


イラスト:おかじ伸

織田隼人 | | トラックバック (0)

コレクター魂

タケル:「あともう1つ。あともう1つが見つからないんだ」
ヒロシ:「もう、これだけそろったんだから満足しろよ」
タケル:「それじゃあ、俺のこの熱い魂がおさまらないんだ」

タケルがいままでコレクションに使ったお金は、50万円以上。
これ以上使ったら、際限がなくなるんじゃないか。
ヒロシはタケルのコレクション癖を止めること自体が無駄なことをしりつつも、タケルの心配をするのであった。


■コレクター魂

男性より女性の方が、買い物に夢中になりやすくできています。
ところが、男性の買い物に歯止めがきかなくなることがあります。
それは、コレクター魂に火がついたときです。

このコレクター魂、女性と男性でどのようにちがっているのでしょう?


■好きなものに囲まれたい

キティちゃんなどのキャラクターグッズ、ブランドバッグ、洋服、アクセサリー、アンティークの食器。
女性もいろいろなものを集めます。
これらは、自分が身につけるものであったり、自分の周りに置いておいて幸せに感じるものだったりすることが多いです。

女性のコレクター魂は、「好きなものに囲まれたい」という気持ちから出てきています。

集めて、それらのグッズに囲まれて、幸せな気分に浸る。
これが女性のコレクター魂なのです。


■世界を再現したい

ところが、男性のコレクションのやり方は違っています。
男性はコレクションを集めることで、その世界を再現しようとするのです。

幕末やスターウォーズやガンダムのような世界を思い浮かべてみてください。
男性はコレクションを見ながら、あれらの世界に思いを馳せています。

そして、そのコレクションの中で1つでもアイテムが欠けていると、その世界にぽっかり穴が空いたかのような気持ちになります。
コレクションを集めれば集めるほど、男性は完璧を目指して止まらなくなってしまいます。

続きものの漫画で、1巻から50巻までの39巻だけが抜けている。
1つだけ穴があるので気持ちが悪い!!
1巻から50巻までを並べてしまいたい!
こういう欠乏感がひたすら男性に襲いかかるのです。

そんなわけで、一度男性がコレクションを集め始めると、欠乏感からずっとコレクションを追い求めます。


■入り口は広く、最後は狭き門で

この男性のコレクター魂を見ると、男性に流行する商品の作り方が見えてきたりします。
男性向け商品で流行させたい場合には、以下の3つのことに注目すると上手くいきます。
(1)最初は安い価格で(つまり入り口はオープンにして)、ある程度の使える状態にしておく。
(2)最初に買ったモノを拡張できるようにしておき、コレクター魂に火をつけるようにする
(3)なかなか手に入らないもの(レアアイテム)を作り、ものすごく高いハードルを作る

男性がオーディオ機器にはまりやすいのも、オーディオ機器がこの「男性に流行りやすい特質」を持っているからなのです。

これから、もし、男性向け商品を開発することになる人は、この3つの要素に注目してみてください。
この段階を作るだけで、良いものがさらに男性受けしやすくなります。


織田隼人 | | トラックバック (0)

買い物脳

佐藤:「そうだ、女性向けバーゲンが流行るんだから、男性向けにもバーゲンをやれば、きっと売上げも上がるはず!」
店長:「佐藤さん、良い考えなんだけど・・・」
佐藤:「え、ダメなんですか?」
店長:「実は、3年前に僕も佐藤さんみたいに考えて、男性向けバーゲンやったんだけど全然ダメだったんだよね・・・」
佐藤:「う゛、、、そうだったんですね。残念。」

男性にバーゲン。
「猫に小判」「豚に真珠」のようになってしまったのは何故なのでしょう。


■バーゲン好きな女性

太古の昔、女性の役割の1つは、木の実を集めることでした。
仲間の女性たちと、みんなで木の実を集める。
そこにゴールはなく、目に入った木の実をとにかく集めることが大切でした。

こうして、女性の買い物の脳は発達していったのです。

現代でも女性は、買い物に行くと目に入ったものをとりあえず、試そうとします。
男性用の洋服店よりも、女性用の洋服店の方が試着室が多いのはこのためです。
また、女性はゴールのないところであっても、木の実(現代では、服とかアクセとか)があれば探しに行きたくなるようになったのです。


■目的買いの男性

太古の昔、男性の役割の1つが狩りでした。
獲物を追いかけて捕まえる。
そこには明確な『ゴール』が存在します。

獲物を捕まえたら、家に帰れる。
獲物を捕まえなかったら、家に帰らない。
これが、大昔の男性の生き方だったのです。

こうして現代では、男性の買い物には『ゴール』が必要になったのです。

バーゲン自体には大きな目的が存在しにくくなります。
せいぜいが、「安いものを調査する」というレベルの目的。
これだけでは、多くの男性を引きつけることにまでは結びつかないのです。
男性向けのバーゲンがあまり開催されないのは、バーゲンをしても女性ほどは効果がないからなのです。


■買い物脳の比較

他にも、女性と男性とで買い物に対する考え方の違いが多数あります。

男性 女性
買い物の目的 買い物自体に目的が必要 ただ、見るだけでも楽しい
買い物中の会話 買い物に関係する会話がほとんど 買い物に関係しない日常会話も多くしている
比較 同一商品群で比較し、買うモノを検討している
(パソコンであれば、パソコンと比較している)
幅広い範囲での商品比較をしている
(パソコンと海外旅行と言った広い範囲での比較をしている)
重視するもの スペック重視
(パソコンであれば、CPU、メモリ、OS、などをしっかりチェックする)
イメージ重視
(パソコンであれば、家の中での存在感が大きいため、インテリアとしてマッチするかを検討項目にしている)
購買時の爽快感 長年欲しかったモノを買ったときにはかなり気持ちがよい(車など)。
普段は、それほど気持ちよいとは感じない。
1万円程度のアクセサリーでも、買ったら気持ちが良くなる。
稼ぐと買う 買うより、稼ぐの方に価値を感じる 稼ぐより、買う方を重視する
常連の扱い 何も言わなくても、「いつものタバコですね」と言われて、すっと商品を出されると気持ちよくなる。
新規の顧客などに店長が手を取られていても、「常連の俺はここで余裕を見せるのが『通』」というような考え方をする。
他の顧客以上に、気を配って特別扱いしてもらいたくなる。
新規の顧客に店長が手を取られていると、「私が常連なんだから、私を優先して欲しい」と考える。
口コミ スペックや機能を口コミで広げる。
マニアックなものほど、口コミ対象になる。自慢が口コミの源泉となることが多い。
使い心地、デザインなどを口コミで広げる。
とにかく、気に入ったものを人に話したくなる。

200703301

他にも、たくさん女性と男性とで、買い物に対する考え方の違いがあります。
お店をやっている人、販売をやっている人は要チェックしてみてくださいね。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 | | トラックバック (0)

家に対するこだわり

長く付き合った二人が、ついに結婚して新居に二人で住む。
今まで一緒に住んだことのない二人がいきなり生活を共にすることになる。
そうすると、どうしても二人の生活に対する考え方の違いでギクシャクしてしまうものです。
『慣れ』の部分もあるのですが、そもそも、男女で『家』に対する考え方が違うのも原因の1つだったりします。

男女の生活、特に衣食住の『住』についての考え方の違いをアンケート調査から見てみましょう。


◆希望する住宅機能・設備

希望する住宅機能・設備 性別 グラフ
独立したバス・トイレ 男性 71.2
女性 80.9
エアコン(備え付け) 男性 78.0
女性 71.7
収納スペース(180cm程度) 男性 40.9
女性 48.2
ガスコンロ(電気コンロはイヤ) 男性 39.9
女性 40.8
室内洗濯機置場 男性 36.6
女性 42.9
インターネット接続料込み 男性 45.2
女性 27.2
オートロック 男性 14.4
女性 34.6
追い炊きのできるバス 男性 22.7
女性 24.1
・・・・

◆希望する家賃とその他の条件が一致しない場合、最初に譲歩する条件

最初に譲歩する条件 性別 グラフ
築年数(古く) 男性 36.2
女性 22.8
設備(希望設備がなくても可) 男性 17.5
女性 15.2
沿線・駅(他の沿線・駅に) 男性 12.7
女性 18.6
面積(狭く) 男性 11.6
女性 18.3
家賃が高くても希望の条件を優先 男性 9.6
女性 14.7
通学時間(長く) 男性 12.4
女性 10.5

さて、これらのアンケート結果を見ていくと、大まかな男女の違いが見えてきます。

男性は家をくつろぐ空間として、とらえています。

また、家で『何ができるか?』という視点でも評価をしています。
『くつろぐ』と『機能』が満たされている場合には、男性の評価が高くなるようです。

対して、女性は家を生活空間として、とらえています。

収納や、築年(注1)、家事関係(台所、洗濯など)へのこだわりが大きい傾向があります。
その分、どうしても女性の方が家賃も上がり気味です。(注2)

200702231

特に結婚する際には、家賃やお互いの考え方の違いで、意見が分かれることが多いです。
事前に、相手はどんな考え方をしているのか、どういう視点で住居を評価しているのかだけでも知っておくと、話をまとめやすくなります。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 | | トラックバック (0)

狙撃の素質

ちょっと、過去にさかのぼります。

2006年、とあるランキングが発表されました。
それが、AIRPORT Of The Year つまり、空港ランキングです。
そのなかで、なんと、関西空港が4位に選ばれました。

というのは置いておいて、なんと、関西空港のトイレが先の空港の中で1位にランキングされていたのです。

200702161

というわけで、清潔さ世界一に認定されたトイレを見るために関西空港に行ってきました。

入り口からです。
汚れがこれといって見あたりません。

200702162

洗面所も清潔です。

200702163

しかし、汚れるのはこの先です。
どうして、関西空港は清潔なのか。
その謎に迫るために、一人撮影を敢行しました。
他の人が入ってきたときには、そっとトイレを出て待つ。
それを繰り返しながら、ついにトイレの便器の撮影まで完了させました。

はい、キレイですね。

200702164

男性用の便器をじっくり見てみましょう。

200702165

ん、何か、何かありますね。

200702166

こ、これは・・・・









200702167

200702168

200702169

な、なんと、男性用トイレには『的』がついていたのです!!

男性は、的があると狙いたくなるという性質を持っています。
余談ですが、女性よりも男性の方が的当てや、ダーツの能力が平均して高いという実験結果もあります。

そう、関西空港のトイレが世界一になった理由は、男性の『的があったら狙いたくなる』という性質を利用したためだったのです!!


(注1)もちろん、清潔なのは掃除をしてくださる方のおかげであるのは言うまでもありません。
(注2)空港ランキングについては、こちらを参考にしました。
(注3)関西空港のトイレの記事はこちらも参考になるかと思います。
(注4)写真の使い方は僕秩を参考にさせてもらいました。


織田隼人 | | トラックバック (0)

ぱらぱらマンガと動画

ヒロシ:「女の運転って危ないよな」
タケル:「そうなんだよなー。男のドライバーだと意志が通じるのにな」

どうも、男性から見ると女性の運転って、危なっかしく見えるようです。
でも、どうしてなのでしょう??


■見えている世界

バックナンバー『先っぽ、すみっこ』や『男の視野』にもあるように、男性と女性とでは視野が全く違っています。
さらに、男性より女性の方が色を細かく認識できたりもします。
男性と女性とでは、見えている世界が全く違っているのです。

さらに、「動き」についても男女で見えているものが違っていたりします。

200612223

■ぱらぱらマンガ型の女性

女性が動きのあるものをぱらぱらマンガの様に認識しています。
1枚1枚の絵は静止画。
女性は目の前にたくさんのモノがある場合、動いているモノも動いていないモノも同様に画像として頭に入れます。
そして、ぱらぱらマンガのように次の画像が入ってきたときに差分として動きを感じているのです。

200612221

女性が視界が広いのも納得です。
世界を1枚の絵として認識し、全体の動きを察知しているのですから。


■動画型の男性

男性が動きのあるものを見たときには、1つの物体に視線を集中します。
男性は1つ1つの物体ごとに動きを感じるように出来ています。

男性がモノの動きをつかんだときには、静止しているモノについては視界が少しぼやけます。

男性は個別のモノの動きに集中するという視界の仕組みになっているので、『物体の動きの先読み』を何も考えずに出来るようになっています。

200612222

これは、大昔に男性が狩りをしていた名残です。
獲物は動物なので、当然動きます。その動きを頭だけでなく、体で感じて先読みをしてねらいを定める能力が身に付いたのです。


■先読みのパターンが違う

動きの感じ方が、男性と女性で違うので異性の動きの先読みをしても、失敗してしまうことが多いです。
運転では、男性の目の動かし方と女性の目の動かし方が違います。
そして、それが運転の差になってきます。

歩くときも、自転車の時も、自動車の時も男女で動きが違うので、異性とすれ違うときには、少し注意してみてくださいね。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |

無条件の愛・与える愛

クミ:「ユキって結構ワガママなのに、男にモテるよね」
ユキ:「うわっ、本人に言う?(笑) まあ、男心をくすぐるっていうのかな」
クミ:「え、ワガママがイイの」
ユキ:「そうだよ、女は与えるより、もらう方がイイんだよ」

やっぱり、尽くす女性よりも、ちょっとワガママな女性の方が男性ウケがイイみたい。
でも、どうして、ワガママなのが良いんだろう??


■女性の愛のカタチ

女性にとって、愛情の理想型1つが『無条件の愛』です。
自分の持てるエネルギーを振り絞って、相手のために尽くす。
お互いがこうなっている状態を女性は目指そうとする傾向があります。

だからこそ、女性は愛情のある相手に対してどんどん尽くしてしまいたい、という欲望が出てきます。
男性を無条件で助けてあげることができるというこの愛のカタチは、ある意味でものすごく洗練されていますよね。


■男性の愛のカタチ

ところが、男性にとっての愛情の理想型は女性とは全く違ったものです。
男性にとっての愛情の理想型は、『大切な人を満足させる』ことです。

女性の無条件の愛とは違っている部分が多いのです。

『無条件の愛』の場合、相手が困っていようと困っていなくても、助けてあげようとします。
『大切な人を満足させる愛』の場合、相手が困っていなければ見守る程度で十分で、助けるのは放っておきます。

『無条件の愛』の場合、自分が困っている状態の時、相手も『無条件の愛』を持っていればすぐに助けてもらえるものと考えます。
『大切な人を満足させる愛』の場合、自分が困っていれば、困っていると相手に報告すると助けてもらうことが出来ます。

『無条件の愛』の場合、自分が欲しいものがあっても、それを「欲しい」と言い辛ければ、自分が黙っていれば済むことなので、言うことを辞めてしまいます。
『大切な人を満足させる愛』の場合、欲しいものがあれば言うし、欲しいものがあると言われれば、それを一生懸命手に入れて相手に渡すことで満足を覚えます。


■可愛いワガママが受ける理由

この愛のカタチの違いを理解すると、なぜ、男性に「可愛いワガママ」がウケるのかがわかってきます。
男性にとって女性のワガママは『相手を満足させることができるチャンス』なのです。

たとえば、結婚している男性が奥さんに「家を買って♪」とか「マンションが欲しいな」と言われると、「よし、がんばるぞ!」という気持ちが男性の中に生まれます。
これこそが、男性にとって愛情を表現できるチャンスだからです。

男性に愛されるためには、男性に愛情を与えるチャンスをあげる。
そのチャンスの1つが可愛いワガママだったのです。

200612081

女性は、男性の愛情を感じにくくなると、理想を追い求めて「尽くす」という状態になりやすいように出来ています。
ですが「尽くす」は男性には非常に表現しにくい愛情のカタチです。
男性の愛情を上手く感じるには、「欲しいものを言う」とか「やって欲しいことを伝える」ということをやると、上手く愛情を返してもらうことが出来ます。

男性と女性の愛情の理想型は違えども、相手のことを想っているのは同じ。
そんな両方の愛情のカタチを大事にしていきたいですね。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

ストレスはおうちで解消?

おもしろいアンケート結果を見つけました。
男性と女性とのストレスについてのアンケートです。

Q:一番ストレスを解消してくれるのは誰ですか?

男性の場合
1位 25%
2位 子供 21%
3位 友人 19%
4位 恋人 11%
5位 いない 4%
6位 会社の部下 2%
7位 会社の上司 2%
・・・ ・・・

「妻」「子供」という家族が上位に来ています。
さらに、男性に対しての「一番のストレス解消法は?」という問いに関しても、「家族との団欒」が一番に来ています。
男性にとって家庭とは、癒しの場なのです。

男性が長いつきあいの女性と結婚する際には「彼女は癒してくれる存在か?」ということを考えています。
彼との結婚を考えている女性は、「彼を癒してあげられるか?」という視点で一度考えてみると、彼から見て「結婚が上手くいくか」がわかりますよ。


■女性の場合

それでは、女性の場合も見てみましょう。
Q:一番ストレスを解消してくれるのは誰ですか?

女性の場合
1位 友人 25%
2位 旦那 23%
3位 子供 19%
4位 恋人 10%
5位 ペット 2%
6位 母親 2%
7位 いない 2%
・・・ ・・・

女性の場合は、ストレス解消に「友人」を選んでいる女性が一番多いのが特徴的です。
さらに、「一番のストレス解消法は?」という問いに対しては、
1位:買い物
2位:睡眠
3位:旅行
4位:家族との団欒
となっており、家族でのストレス解消度は男性と比べて低いことがわかります。

女性の場合、家庭も戦場なので、ストレス解消は家族以外に向かうことが多いのです。

もし、奥さんが「友達と旅行行きたい」と言ってきたら、気持ちよく「いいよ、楽しんでおいで」って言ってあげてくださいね。

200611171

パートナーのストレスが下がれば、自分も過ごしやすくなります。
自分のストレスが解消すれば、相手に優しく接することが出来るようになります。
お互いに、ストレスを上手く解消できるような土壌を作っていけるとイイですね。


アンケート結果は、リーブ21のデータを参考にさせていただきました。

調査期間は2006年3月3日から2006年3月31日
調査対象:全国
Web上にてアンケートを実施。
回答者:1102人(男性51%、女性49%)
回答者年齢: 0-10代:13人 20代:296人 30代:404人 40代:263人 50代:92人 60歳以上:34人


イラスト:上田 城

織田隼人 |

貯まったストレス

今日は仕事終わりのデート。
すっごく楽しみだったんだけど・・・

彼がなんだか、ぼーーっとしてる。
そんなに仕事が忙しかったのかなぁ。


■その場で発散する女性

仕事をする、学校に通う。
どちらにしても、大なり小なりストレスって貯まるものですよね。
まあ、こういう日常のストレスってまったくないと、やる気も起きないみたいです。(人はストレスがない環境では、緊張感が発生しないので、だらだら過ごしてしまうようです。『ストレスで性格が変わる?』参照)

このストレス。
女性は、ストレスを感じるとその場で発散しようとします。
(『こまめにメンテを』参照)

ところが、男性はその場でストレスを発散することはあまりしません。
男同士でトイレに行って、一緒に愚痴を言い合っているってあまりないですよね。


■ストレス解消のタイミング・方法

男性はストレスをその場で発散させないため、どんどんその日のストレスが貯まっていくことになります。
そして、夜になると1日のストレスをまとめて解消しようとします。

そのストレス解消の方法とは、ストレスの元を忘れることです。

男性は、毎晩『忘れる』ことによってストレス解消を行っています。

嫌なことを忘れてしまうのです。

その忘れる方法は人それぞれです。
・趣味に熱中する
・車を洗う
・野球やサッカーの観戦(テレビも含む)をする
・ニュースを見る
・映画を見る
・ネットをする
・・・

こういったことをしながら、頭を空っぽにしていきます。
男性は、1日分のストレスを夜、こうやって解消しているのです。

200610271


夜、ぼーっとしている男性が多いのは、ストレス解消をしているからだったのです。
男性は日常のおしゃべりではそれほどストレス解消を出来ませんから。

夜の男性はこのように、ぼけーっとしているので、1時間から1時間半くらいは放置してあげましょう。
そうすると、その男性の心も復活します。

男性は、女性と違ってストレス解消をその場でしなくてよい分、夜にそのストレス解消をまとめてやります。
女性のみなさん、夜はダメ人間になってしまう男性ですけど、温かく見守ってあげてくださいね。
その分、昼間は頼りになる(なっている?)はずですから。


■次回予告

この、男性の『忘れる』ことによるストレス解消が、夫婦間でのケンカを引き起こします。
どうしてストレスを忘れると、ケンカになるのでしょうか?
次回、楽しみにしていてください。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |

嫌々じゃないの?

ユカリ:「ねえ、どっかつれていってよー」
ヒロシ:「えーー、しかたないなぁ」

ユカリ:「もうっ、どうしてそんな後ろ向きな答えをするのかなぁ」

もしかして、「しかたないなぁ」が口癖になっている男性の方って多いのでは?
この「しかたないなぁ」の裏に隠されている心理っていったい何なのでしょう?


■見えない心

頼み事をしたりとか、困っているときに助けてもらおうとしたとき、「しかたないなぁ」と一見嫌そうにいいながらも行動してくれる男性。
結構多いですよね。

女性からすると
「嫌そうな顔をされると、頼みにくい・・・」
なんて思ってしまうかもしれません。

しかし、頼まれた男性はそんな風には思っていないのです。
むしろ、「俺を頼ってもらえて、うれしいなぁ」という気持ち男性は持っています。
ところが、多くの男性は頼られたことを、嬉しそうにニヤニヤしながら引き受けるのは格好悪いと思っています。
そこで、男性は照れ隠しで「しかたないなぁ」というセリフを言うのです。

「しかたないなぁ」と言いながら引き受けた男性は多くの場合、嫌々引き受けているわけではないのです。

男性は、頼られたことを誇りに思っていることが多いのです。


■最初は嫌でも

もちろん、たまには嫌々引き受けていることもあります。
嫌々に引き受ける場合は、たいてい「単純で」「誰でも出来る」「お手伝いのよう」な仕事(用事)です。
『頼られてる』と感じにくい場合ですね。

ところが、そんな場合でもやっているウチに男性は気持ちを変えていきます。

頼み事をされたことに対して行動を起こし始めると、最初は嫌なことであっても男性は「自分を褒める」ということを頭の中でしていきます。
そうすることによって、嫌な気持ちを消していくのです。

「嫌なことでも断らず引き受ける俺って、結構イイヤツかも」
「まっ、やってあげたら喜ばれるし、いいかもな」
こんな風に、どんどん気持ちを切り替えていきます。

それこそ、奥さんに「ちょっと、明日の朝ご飯買ってきて欲しいの」と言われたくらいでも、行動しているうちに「俺ってなんてイイ旦那なんだ」と思うようになるのが男心なのです。

200610201

■女性には?

この「しかたないなぁ」の反応ですが、女性側からするとあまり気持ちの良いものではないようです。
というのも、「嫌々・仕方なくなら、頼みにくい、、、」と女性は感じてしまうのです。

男性は笑顔で「うん、いいよ」と答えるように心がけましょう。
そうすると、「この人なら頼っても良さそう」と女性は感じることになり、関係も良好になります。

女性は、「しかたないなぁ」は「いいよ、やってあげるよ」の意味だと理解しましょう。
多くの男性は、結構気持ちよく引き受けています。

「しかたないなぁ」は、男性が自分を格好良く見せようとしているのだと思って、やさしく見守ってあげてくださいね。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

いじめっ子特性

「まさか、うちの子が『いじめ』をしているなんて・・・」
どんな時代にも、どんな場所でも人が集まれば『いじめ』という問題は発生します。
特に小中高ではあたりまえのように。

今回は『いじめっ子』になりやすいタイプを男女別に見ていきます。


■いじめのパターン

まず、いじめのパターンから考えてみましょう。
悲しいことに、いじめは男女どちらでも発生してしまいます。

ところが、男子と女子とはいじめのパターンが違います。

男子のいじめは、『いじめるグループ』と『いじめられるグループ』が明確に別れています。
いじめるグループは、偉そうにしている人同士がつるんでいます。
いじめっ子は、苛ついたときに、いじめられるグループに近寄っていっていじめを行います。

女子のいじめは、友達グループ内でいじめが行われます。
外から見ると、仲良しグループのように見えるのですが、その中で1人がいじめの対象になっていることが多いのです。
いじめられている女の子も、そのグループから抜け出すと友達がいなくなってしまうので、なかなかグループを抜けることができません。



■いじめっ子のパターン

では、どういうタイプの子がいじめっ子になりやすいのでしょうか?
いじめっ子になりやすいタイプを父親、母親が気づいていれば、事前に対策を打つことができるかもしれませんね。

男子でいじめっ子になりやすいのが、お勉強がそれほどできないけれど、パワーは余っている子です。
このようなパワーのある男子はクラブ活動とかに専念すると、パワーを発散する場所ができるのでいじめっ子気質が下がります。
ただし、世の中に対する反骨意識は高いので、大人の言うことをあまり聞こうとはしません。
(思春期の男子は、先生に反抗することで自分のステータスを上げようとすることが多いのです)

大人への反骨意識が生じている裏側には、「自分を認めてもらえない」という気持ちが眠っています。
中学生くらいになると、そんな気持ちを受け止めきるのは難しいでしょうけれど、小学生くらいならじっくりと親が話を聞いて、受け止めてあげることで、いじめっ子気質が和らいでくるようです。

女子でいじめっ子になりやすいのが、明るくて大人ウケする子です。
女子の少人数グループでリーダーになっている子がいじめっ子になっている場合が多いです。

周りに自分を受け入れてもらおうという意識が強くなりすぎて、自分の嫌なところを大人に見せられなくなる。
その抑圧された心が、いじめに向かっていることが多いのです。

こういう子は「嫌な自分の部分が認められないんじゃないか」という不安を常に抱えています。
こういった不安がなくなれば、いじめも自然に消滅します。
「嫌な部分もあるかもしれないけれど、それも含めて自分を大事にしてくれる人がいる」とその子に感じてもらうことが、大切なのです。

200608181

いじめの被害を受けた子は、いじめが終わった後でも過去に引きずられて現在を受け止めるまでに時間を費やしてしまいます。
もし、周りの大人がこういったいじめに気づいたら、いじめっ子側の心の処置もしてあげましょう。そうすると、いじめる側が少し落ち着いてきます。
いじめ、この世界から少しでも減っていって欲しいです。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |

アタマ真っ白

アリサ:「ねえ」
テツジ:「・・・・・」
アリサ:「ねえ、聞いてる?」
テツジ:「・・・あ、なになに?」

テツジって、話しかけても気付きもしないことが多いみたい。
???なんで?
ホントに聞こえないの?


■超休息

旦那さんが仕事から帰ってきて、家でくつろいでいる。
ニュースを見ているときに話しかけても、全然気付いてくれない。

彼が自分の車を一心不乱に洗っている。
そんなときに話しかけても、まったく気付きもしない。

こういうこと、よく起きているかと思います。
女性からすると「無視しているんじゃないの?」とか「聞こえていないふりをしているんじゃないの?」と思ってしまうことですよね。
でも、男性には本当に聞こえていなかったりします。

男性は一度休息状態にはいると、周りの出来事にまったく気付かないようになります。

女性の脳は休み無く動き続けるようにできていますが、男性の脳は一時的な休息状態に入ります。
この休息のおかげで、心をリフレッシュして次の日の仕事や学校に臨むことができるのです。

■休息中の特徴

男性の脳が休息状態になっているときには、このような特徴があります。
・テレビを見ていても、テレビに内容が頭に入っていない
・周りの音が聞こえない
・考え事をしているようで、考え事すらしていない
・返事は生返事しかできない

一言で言うと、起きているけれども寝ている状態です。
休息状態の男性の返事は、寝言のようなものです。

休息状態の男性を見かけたら、しばらく放っおいてあげましょう!!

この休息のおかげで男性は精神力を回復させます。
無理に話しかけると、頭の中が「のへーー」とした中途半端な状態のまま動き出すことになってしまいます。

女性でも、夜の12時くらいまで働いて、帰ってきたらなんだかボーッとしてしまう事ってありますよね。
その後すぐ寝ればよいのに、何もせずにテレビをぼけーーーっと2時まで見てしまう。
あの感覚です!!

男性は女性よりも頻繁に『休息状態』になりますが、生理現象のような物なので「そんなもんだ」という感じで受け止めてあげてくださいね。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

倫理観ができるまで

「うちの子には相手の気持ちのわかる人間に育って欲しいわ」
「男の子ってよくケンカしたりするでしょ、このままで良いのかしら?」

親にとって子供の倫理観の育成は、勉強を教えるより大切な問題。
そして倫理観の成長は、女の子と男の子で違っているのです。


■気持ちが倫理

女性は自分の行動を決めるときに「私は今どういう気持ちなのか?」ということを考え、行動内容を決定します。
この「気持ち」中心の考え方が女性の倫理観を作っていきます。

女の子は自分が傷ついたり、自分自身で不快なことを乗り越えたりすることによって、相手の気持ちにも目を向けるようになります。

そして、女性の『相手の気持ちを思いやる』という倫理観が育っていくのです。


■攻撃的な男性

ところが男性の場合、「気持ちを重視する」ところから倫理観が発達するというわけではありません。

男性にとって表れる感情の多くが「攻撃的」なものや「性衝動的」なものだからです。

男性の攻撃的・性衝動的な部分は、は女性にとって想像もつかないくらい大きなものです。
もし、男性がこの衝動(気持ち)から倫理観を作ったとしたら、犯罪者になってしまいます。
そこで、男性のもう1つの本質がでてきます。

■抽象的倫理観

男性は物事を抽象的に捉えるという能力に優れています。
女性であれば人に目を向けるところを、男性は「システム」や「構造」として物事を捉えているのです。
この抽象的に物事を捕らえる能力を使って倫理観を発達させます。

抽象的な中から、男性は『ルールを守る』というような倫理観を発達させるのです。


■価値観の違い

こうして、「気遣いの女性」「ルールの男性」という性質ができてきます。
価値観の違いによって、女性からは「男って本当に気遣いが無いわね」となったり、男性からは「女って、上下関係を守らないよな」ということが言われたりします。

どちらも正しく、どちらも良いものなので、両方を大切にして行きたいですね。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |

割り込みに弱い

電車の中でふと耳を傾けると、男性同士でこんな会話をしているのが聞こえてきました。

男A:「飲みに行くときって、家に連絡入れなきゃな、って思うよな」
男B:「まあな」
男A:「でも、何故かわからないけど、結局飲みが終わってからしか連絡が入れられないんだよな~」
男B:「そうなんだよ、でも、どうしてだろうな?」

男性だって飲んで遅くなるときには連絡をした方が良いとわかっている。
でも、どうして出来ないんでしょう?


■作業中断、再開まであと10分

男性が作業をするときには、
・最初のうちは他のことに気が取られていて、なかなか集中することができない
・作業に集中するまでに結構時間がかかる
という性質を持っています。

さらに、作業中に『割り込み』が入ると、また集中するまでに時間がかかってしまいます。
割り込みグラフ

例えば、企画書を一生懸命書いている最中に電話がかかってこようものなら、ほんの2、3分の電話でも、また仕事のペースを戻すには15分くらいかかってしまうこともあるのです。
おかげで私も、電話がどんどん苦手になってしまいました(泣)

こんな風に『割り込みによって作業効率が落ちる』という経験を男性は生まれてからずっと経験してきたため、
男性は『割り込みは作ってはダメ、効率を落とすだけだ』と体で覚えてしまいました。

それゆえ、男性は無意識のうちに自分からは割り込みを作らないようにしてしまいます。
(仕事中に電話をとらない男性が多いのも、そういう理由からなのです)

「飲んできます」メールが出せないっていうのも、これと同じなんです。
たとえ飲みという娯楽の場であっても、男性は『割り込みを入れる』ということを本能的に避けてしまうのです。


■仕事が終わった直後なら

とはいえ、飲み行って帰りが遅くなるときには連絡をした方がいいですよね。

男性の皆さん、飲みに行こうって決まったら、仕事の後にすぐ連絡を入れましょう!!

仕事が終わった直後のタイミングなら『割り込み』で作業効率が落ちるということはありません。
習慣化してしまうと、簡単にできるようになります。

『面倒くさいーー!』というアナタは、[送信BOX]に入っている以前のメールを使い回ししましょう。
同じ送付先で同じ文章であれば、何も入力せずにすむのですぐにメールを送ることができます。

気張らずに簡単にできることからやってみると、すんなり習慣化するので試してみてくださいね。


織田隼人 |

こころのバリア

「どうしてそういう言い方をするの・・・」
悲しそうに彼女はつぶやきました。


■ある日の思い出

今回は、私の話をさせていただきます。

あの時、私の心は疲れ果てていました。
プロジェクトの納期が過ぎているのにもかかわらず終わりすら見えていない状態で、メンバー全員がほとんど泊り込みのような状態で仕事をしていました。
家に帰れても終電、床に就けるのは午前2時。
努力しても先の見えない、結果の見えない状態でした。


■彼女もまた・・・

しかし、追い詰められていたのは私だけではありませんでした。
私の彼女も追い詰められていたのです。

私からの連絡はまったく来ない。
夜中に電話をしても、まだ私は仕事をしている。
私はこの2ヶ月の間、まったく彼女とは話をしていませんでした。
ただ一言「忙しい」としか伝えていませんでした。

彼女は『不安』だったのでしょう。


■冷たい一言

ある日の深夜2時、眠りにつこうとしていた私はケータイの音で目を覚まされました。
電話をしてきたのは、彼女でした。

私は電話を取るなりこう言いました。
「こんな夜遅くに迷惑なんだけど」

「どうしてそういう言い方をするの・・・」
悲しそうに彼女はつぶやき、そしてそのまま電話は切れました。

そして、2度と彼女から電話が来ることはありませんでした。


■自分を守ろうとして

どうして、人は傷つけたくない人を傷つけてしまうのでしょう。
どうして、守りたいと思った人を悲しませてしまうのでしょう。

今ならわかるような気がします。

私は、余裕が無かったがゆえに心にバリアを作っていたのです。
そうしないと、自分の心を守れなかったから。
心に余裕が無くて、ささいなことでも傷ついてしまいそうだったから必要以上に他人を拒絶していたのです。
そして、その心のバリアを彼女にも向けてしまったのです。
私は彼女に連絡をしていないという負い目があった。
それを責められるのが怖かったから『迷惑』という言葉で、自分の心を守ろうとしてしまったのです。

人は、余裕が無いときに、心にバリアを作ります。

心のバリアは近くにいる大切な相手を傷つけてしまいます

恋人や夫婦など心が近くにいる人ほど、相手の心の深くに入ろうとしてくれます。
しかし心の深い部分ほど、バリアが強くなるので、親しい相手ほど傷つけてしまうのです。

もし私があの時、10分でも彼女の話を聞こうとしたのなら・・・
もし私があの時、自分の心のうちを素直に伝えることができたなら・・・

心のバリアを解けば、相手を傷つけることもなかったのでしょうに


■心に余裕が無いときこそ

私のような体験を皆さんには繰り返さないでほしいのです。
自分が傷つくまいとして大切な相手を傷つける。
その後に待っているのは激しい自己嫌悪と後悔です。

こんなとき、ほんの少し素直に自分の気持ちを見直す。
本当は、自分の心にバリアを張っていただけ。
気持ちを伝えるときには心のバリアを解いてみる。

素直に「私も話をしたかった、ゴメンね」と言ってみる。
私も含めて、誰もがそう言えるようになれば、もっと人は分かり合えるのでしょうね。


織田隼人 |

心理テスト 神話チェック

自分の恋愛タイプを調べてみよう

恋愛タイプチェック(男性向け)

ギリシャ神話の神様で、アナタはどのタイプに当てはまるかをチェックします。

自分にとって必要な『異性の心理』とは何かというのもわかります。
男性の方は、自分自身のチェックを。
女性の方は、気になる男性のタイプのチェックをやってみてくださいね。

Yes NO
気に入った女性には積極的にアプローチするほうだ
おだてられると調子に乗ってしまう
自分のペースを乱されるのが嫌い
結構気分屋である
女性の友人は多いほうだ
「忙しい」が口癖である
グループの中でリーダー的な地位にあることが多い
女性との会話が続かない
自分は絶対浮気なんてしないと思っている
実は人見知りで心を許すまで本音を言わない
遊びに行くなら静かなところよりも賑やかな場所が好き
「人の話を聞いていない」と言われる事がある
失敗してもあまり気にしない
デートプランは事前にしっかり決めておく
他人の欠点が気になる

どんな結果が出ましたか?
オススメの異性の心理を読んでみてくださいね。


織田隼人 |

教えて

「これって、こうしないといけないんじゃないですか?」
「うるさいっ、このままでいいんだよ」

営業暦10年の男性の先輩に正論をぶつけてみたところいきなり怒り出した。なぜ怒り出すのだろう。
正しいことを言われて怒り出すっておかしいじゃないの!!


■専門分野

男の人って不思議ですよね。
自分の専門分野には絶対の自信を持っている。
だから、自分の専門分野の本は読まない。
特に5年以上経験している分野だとめったなことでは読まない。

コンサルタントは、コンサルティング技法の本を読まない。
プロジェクトマネジャーはプロジェクト管理の本を読まない。
これっておかしいですよね。いくら専門っていっても本から学ぶことはまだまだあるはず。でも、本から教わることができない。
それが男なんです。

男性は、自分の専門のことに対して教わったり指図されたりすることを嫌がるのです。

だから、「正論」をぶつけられた先輩は怒り出したんですね。

実は男性自身も、自分の専門分野の経験と知識が完全ではないと感じているのです。
でも、こわいのです。自分の経験と知識が間違っているのを知ることが。


■わかってあげる

そんな男性の気持ち、わかってあげることが大切です。
誰しも、譲れない部分がある。男性の場合は、自分の専門分野なのです。
営業で20年もやっていれば自分のやり方が身に付きます。
たとえ今の時代にあった営業方法でなくても、なかなか変えることができないのです。
それを踏まえたうえで、どうしたらいいかを考えてみませんか?


■教えて

自分が専門家だと思っている男性。そういう人とうまく接するには、「教えてもらう」ことが一番効果的です。
相手を専門家だと認めるのです。そうされてイヤな気持ちになる男性はいません。

男性に話を聞くときには「教えてください」と前置きしましょう。

これってとても大切なことですよね。
「教えてください」と言うことによって、相手を専門家として対することができます。
たとえ、相手が間違っていても「教えてください。どうしてこうなっているのですか?」と聞けば良いのです。
そうすれば、間違っている理由を聞けますね。うまく誘導してあげれば相手が自分で間違いに気づいてくれますよ。

説得は「相手が納得する」ことが大切です。納得するには自分自身で結論を導き出すのが一番ですよね。そうすれば誰も傷つきませんから。

目上の男性と話す前のワンクッション。「教えてください」
ぜひ使ってみてください。

■番外編

実は「教えてください」という言葉、ある男性から学びました。昔仕事していたときに、目上の男性からこういわれたのです。「このシステムの仕様を教えてください」と。

その男性は、数年前まではとてもキツイ人だったらしいです。しかし私に対してたときには、そんな雰囲気は消えていました。たぶん、自分でキツイ自分を何とかしようとされたんでしょう。考え方を変えたり、言い方を変えたり。
その中から、「教えてください」っていう言い方が生まれたのだと思います。

試行錯誤の中から生まれた言葉。本質を理解して使っていきたいと思います。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |