トップページ | 孤独な人は恋をしづらい »

初めての共同作業をしよう

ユウジ:「合コンってイマイチ上手くいかないなぁ」
トオル:「そうそう、ぎこちない会話で1時間、残り1時間の合計2時間の会話だけじゃあ結局なじめないんだよなぁ」
ユウジ:「そうそうそう」
トオル:「どうすれば上手くいくんだろ」

■合コン、初デートが盛り上がらないわけ

合コンとか、あとまだ知り合って間もないときのデートって会話がなかなか続かないもの。
これは仕方が無いことで、会話って結局のところ「内輪ネタ」が面白いから、なんですよね。

内輪ネタじゃないから、会話が面白くない。
そして、お互いに探り探り会話をしている間にテンションが下がってしまう。
こうして合コンや初デートが盛り上がらなくて終わってしまうこと、多いです。
これを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

■内輪ネタを作り出す

合コンや初デートで楽しく会話をするためのコツは「内輪ネタを作り出すこと」です。
では、どうやって内輪ネタを作り出すのかというと「初めての共同作業をする」ことがオススメです。

とある場所では「カーリング婚活」ということが行われています。
男女が交じってカーリングをして、そのあとみんなで婚活状態になる。
こうすることで、カーリングという普段やらない「内輪ネタ」がみんなに共有されます。

そこで失敗したこと、楽しかったこと、面白かったこと、などをそこにいるメンバーと会話したらそれだけで盛り上がる、というわけです。

みんながあまり経験しないようなことなら失敗しても恥ずかしくなく、むしろ楽しい話題となります。
初めての共同作業を意図的に作り出すことで、楽しい内輪ネタが出来上がるのです。

■体感型がオススメ

さて、初めての共同作業ですがみんなで体感できるものがオススメです。
陶芸とか、工作とか、マイナースポーツとか。
体感することで連帯感も生まれ、そして新しい経験と「人に話したい話題」が生まれます。
この話題は体感してない人とは話せないので、その場にいた人たちでもりあがることができる、というわけです。

特にみんなで合コンするときなどはオシャレに決めるよりも、「みんなで○○を体験しよう!」という形にしてしまえば合コン風ではなくなって参加もしやすくなりますし、そしてその後の会話も弾みます。
体験型の、そして初めての共同作業。
恋にとっても有効なので上手く企画をしていって下さいね。


イラスト:ムラクモ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2013/08/02 |

トップページ | 孤独な人は恋をしづらい »