« 断るための心構え | トップページ | 恋の症状 »

なりたいイメージを作る

ユウジ:「なんで女子って、おやつのことをスイーツとかいうの」
エリ:「その方がなんか素敵に感じるからかなぁ」
ユウジ:「スイーツじゃなくて、おやーつでいいじゃないの」
エリ:「それ、なんか可愛くない・・・」

■素敵なイメージ

女性はイメージを大切にする生き物です。
服やアクセサリーを買うとき、自分がなりたいイメージを実現できるかを考えて購入を検討します。

服やアクセサリー以外も女性は「なりたい自分」をイメージしてモノをやサービス購入するので、女性向けに販売するには「女性のなりたいイメージ」を上手く作り出すと良いのです。

たとえば、今まで女性向けにいろんな言葉が変わってきました。

おやつ→スイーツ
お金持ち→セレブ
足のマッサージ→リフレクソロジー
病院→クリニック

元の言葉には少し「ダサイ感じ」とか「野暮ったい感じ」がありますが、女性向けに作られた言葉は「スマートな感じ」「なりたい感じ」がします。
これらはあくまでも一例ですが、他にも様々な例があります。

女性は「なりたい自分」に投資する性質を持っているので、「なりたい女性像」をイメージできる言葉とか映像を作り出すことで、女性客の心を掴むことができるのです。             

■言葉だけでなく

街中で女性向けの商品を見てみると、女性のなりたいイメージを作り出しているものはたくさんあります。
例えばペットボトルの飲料。
これも女性がなりたいプロポーションの形になっている物が多いです。
女性のなりたいイメージをしっかりと商品に盛り込んでいるので、女性客は自然と手に取るのです。
オシャレなお店も同じ。

このように、女性のなりたい姿をイメージできるモノ、サービスを提案することが女性の心を掴むコツなのです。

女性向けの仕事をしている人は、女性のなりたい姿はどんなイメージなのか、どの女性が今みんなの理想なのかといったことをチェックするようにしましょう。
また、ターゲットになる女性も色々いるので「自然体」を重視する女性もいれば、「豊かさ」を重視する女性もいます。

商品やサービスを販売したり、作ったりする人はこの「なりたい女性のイメージ」を掴んでそれを盛り込んでいくように工夫してみてくださいね。


イラスト:ににこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2013/07/12 |

« 断るための心構え | トップページ | 恋の症状 »