« メールじゃなくてメッセージアプリを使おう | トップページ | 仕事と組織に対する忠誠心 »

結婚式の準備をやってくれない

ユウコ:「彼がさぁ、結婚式の準備いっしょにしてくれないんだよね」
マナミ:「それ、ひどいね。結婚式は二人のものなのに」
ユウコ:「そうでしょ!なのに式場巡りもやる気無くてさぁ」
マナミ:「やる気無いとがっかりするよね」               

■結婚式は誰のもの?

結婚式のやる気がない男性。
全員とは言いませんが、男性の中に一定数いるようです。
なぜ、男性は結婚式のやる気がわかないのでしょう?

やる気のない男性にとって結婚式は女性のもののように思っています。
そもそも、今の日本では結婚式の主役は女性です。
ドレス選びは女性の方が念入りに。
ウエディングプランナーも、ほとんどが彼女の方を向いて話をする。
エステに通うのも女性で、男性はウエディングエステとかには通わない。
式の当日、写真を撮られるのは主に女性。

と、こんな感じで結婚式の主役は女性になっています。
儀式としては結婚という二人の誓いみんなに宣言するもので、それは二人のものですが、結婚式という舞台の主役は女性なのです。
なので、やる気のない男性はこの結婚式に対して「君のものなんだから、君がやればいいじゃないか」と思ってしまうのですね。


■二人の儀式と考えよう

結婚式の主役は確かに女性ですが、男性も協力するようにしましょう。
結婚は二人でするものです。
そして、結婚式はこれから結婚する相手の幸せを作るものです。
結婚式に幸せな体験を彼女にしてもらうことが、これからの夫婦の絆を深めてくれるのです。

夫婦になったら、これから相手のためにしていくことも増えていきます。
そのときに嫌な顔をしてもお互いに険悪になるだけです。
せっかくなので、明るく楽しみながら相手に付き合う癖を結婚式の時から付けていきましょう。
なんでも楽しもうという気持ちがわいてくると、お互いにどんどん前向きになって二人の仲も良くなります。
結婚式、主役の女性のために男性も盛り上げていってくださいね。


イラスト:ムラクモ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2013/02/15 |

« メールじゃなくてメッセージアプリを使おう | トップページ | 仕事と組織に対する忠誠心 »