« イケメンじゃないけど恋人は出来る? | トップページ | 自分の延長線ではない »

倹約家と浪費家のカップル

ナツミ:「彼ってお金使いが荒いんだよね。私が節約好きだから余計にそう思っちゃうのかもしれないけど」
サトシ:「ああ、わかるよ、それ。浪費家ばっかり楽しんで、倹約家からすると自分ばっかり我慢しているので損した気分になるんだよね」
ナツミ:「そうそう、しかも『だったら君もお金を使えば』とか言われて、お金を使うのにもストレスがたまるのが節約家の性格なのに、ね」

浪費家と倹約家のカップル、なかなか悩みがつきないようです。

■お金の使い方

人によって、お金の使い方って大きく違うものです。
お金は貯め込まず、さっと使ってしまうのが好きな人。
節約するのが好きだったり、将来に備えてお金を貯めようとする人。
考え方は人それぞれです。

ただ、浪費家と倹約家が付き合った場合には問題が起きやすくなります。
特に『倹約家』のストレスがたまって、そこから別れに発展することがあります。


■浪費家、倹約家の考え

浪費家はお金を使うことでストレスが発散できます。
ですので、浪費することで幸せを感じるので付き合っていくうちにそれほどストレスに感じることはありません。

しかし、倹約家は浪費家と付き合うとストレスがたまることになります。
というのも、倹約家はお金を使うとストレスを感じるからです。
なぜストレスがたまるのかというと、「お金を使うことで今までの努力や将来の可能性が浪費される」と感じるからです。


■浪費家の言い分は無茶

さて、このような考え方の違いがありますが、浪費家は次のような主張をすることが多いです。
「俺(私)ばっかりお金を使って、っていわれるけど君も使えば良いじゃない」と。

これは浪費家から見ると「お互いにお金を使えばストレスもたまらなくてイーブンだよね」と言うものに見えます。

しかし、倹約家からすると「そもそも、お金を使うことがストレスなのだから、その言い分はおかしい」となるのです。

この状態が続くと、倹約家ばかりがストレスがたまり最終的に爆発して別れに至ることも多いです。
ですので、浪費家の人はある程度「倹約家に歩調を合わせる」必要があります。
相手に合わせて我慢もする。
もしくは、浪費する範囲を相手と一緒に決めておいて、範囲内でしか浪費しないようにする。
このように、工夫をする必要があります。

恋愛は片方だけに負担を与えることになると、いつか負担を押しつけられた相手のストレスが爆発して、結果悪い状態になってしまいます。
ですので、予防するためにも相手に歩調を合わせることが必要なんですね。
お金は「有限」の問題なので、制限が発生します。
その制限を二人の歩調を合わせて「お互いに幸せに感じるレベル」を探り当てて下さいね。


イラスト:はな


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2012/06/08 |

« イケメンじゃないけど恋人は出来る? | トップページ | 自分の延長線ではない »