« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

権力者に逆らえない男性

ナオミ:「男の人と話すと、進められる仕事も進められなくなること、あるんだよね」
トオル:「え、そうなんだ。一般的に男の方がビジネス向きだと思っていたんだけど」
ナオミ:「それがねぇ、面倒な権力構造があると、男性に話を通せないこと多いんだよね」
トオル:「確かに、権力が絡んだときの男は面倒かもね」

■上下関係が強すぎる男

女性がビジネスの現場で『理不尽だ』と思うことの1つが、正しいことより権力を重視されることです。
担当者との調整はとれて、それが良いことだとみんなも認識しているにもかかわらず、一人の権力者が「これは俺の今までやってきたことと違うからダメだ」と言うことで、全てがダメになってしまう。

このとき、女性はすごく理不尽を感じます。
また、この権力構造が出来上がっている場合で、組織は権力者が『古い考え方』に固執して今それが通じなくなっている場合、ぼろぼろの組織になってしまいます。

でもなぜ、男性は権力者に従ってしまうのでしょうか?


■組織内権力をつかもうとする男性

男性が権力者に従う理由は、その男性が『組織内で権力をつかみ取りたい』と思っているからです。
権力をつかむために、今は権力者に従う。
こうして、男性のピラミッド構造が出来上がります。
特に、権力志向の強い男性ほど、権力者に従います。

逆に、権力はあまりに気にせず、やりたいことがあってそれをやろうとしている男性はそれほど権力に従ったりしません。
ただ、多くの男性は少なからず権力志向を持っているので、権力者に従うことが多いのです。

行政(公務員)、大企業、政治の世界で働く人などはこのピラミッド構造が明確化されていること、また権力志向の強い人が多い(自分がやりたいと思っていることが薄い人が多い)ので、権力に従いやすい傾向があります。

逆に、芸術方面などでやっている人は権力者にかみつくことも多いです。
(権力よりも、やりたいことがあるため)


■権力への固執が、改革を妨げる

さて、この権力に固執する男性が増えれば増えるほど、改革は遅れ、またその男性が上司になったときに横暴になりやすいです。
これは「今まで我慢したんだから、次は俺の番」となって権力をふるい始めるためです。

こうして、ダメな男性の組織が出来上がります。

こうした組織にしないためには、権力志向の男性を雇いすぎないことです。
特に最近の男性は権力志向が弱くなっています。
ただ、一般的に良くいる『就職できそうな人』は権力志向の人が多いです。
そういう人間が集まってしまうと、最終的に硬直した組織になってしまうので、「やりたいこと重視」で「権力欲の弱い」男性を雇ったり、自由に発言をしてくれる能力の高い女性を雇って調整すると良いでしょう。

女性が働くことが当たり前になって、そして現代があります。
女性が一線で働く職場では、会社の風通しなども良くなっていることでしょう。
上司や権力者にただ従うだけの人以外がそこにいるからです。

これはとても良いことですので、上手に女性や上司に従いすぎない男性を組織に組み込みましょう。
権力者の思い通りに動いてくれないからこそ、全体最適を作ってくれるはずです。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

イケメンじゃないけど恋人は出来る?

ユウジ:「あーイケメンは良いなぁ。カッコいいだけでモテるんだし」
サトミ:「まあまあ、落ち着きなよ。男子だって美人に目が行くじゃん」
ユウジ:「そうだよね。結局美男美女だけが得するのかなぁ」
サトミ:「そんなことないって。そうじゃないカップルだっているんだし。でも、そういうカップルってどこで出会ってるんだろうね」
ユウジ:「確かに。そこが謎だなぁ」

■パーティはどんなところ?

イケメンや、美人がモテやすい場所があります。
それが、パーティとか合コンです。
今、流行りの『街コン』なども、イケメンや美人がモテます。

なぜ、パーティや合コンでイケメンや美人がモテるのかというと、パーティや合コンは見た目で相手を選ぶ場だからです。

性格や趣味で相手を判断するのには時間がかかるものです。
見た目に関しては相手の判断は一瞬で出来ます。
ですので、パーティや合コンなどの短時間で恋を作る場に行くと、見た目のいい人がモテることになります。


■趣味の会、勉強会、仕事、ボランティア

見た目を重視しない出会いの場に行けば、イケメンや美人でなくてもモテることが出来る、ということもわかってきます。
実際に、仕事の場などでは『尊敬できる先輩』や『気の利く後輩』がモテやすくなります。
見た目よりも、仕事の能力や会議でのやりとり、ちょっとした気の使い方などが重視されて、そこができている人がモテやすいのです。

学生で言えば、クラブ活動
社会人でも、勉強会や趣味の会、ボランティアなどでも外見以外の点が重視されるようになります。

見た目だけで判断されたくない、性格や別の能力で判断されたい場合には、『見た目から入らない場所』に行くとそこで見た目を重視しない恋愛を作り出すことが出来るのです。

実は、結婚相談所でも同じような傾向があります。
パーティで出会う場合には、見た目重視でイケメンや美人がカップル成立しやすいです。
メールのやりとりで始まった場合には、見た目ではなくて話が合ったり、趣味や考え方が合うことで付き合いが始まることが多いです。

恋人を探す場合、いろいろなところに異性はいますが、自分が望む付き合いの形を考えて出会いを探してみて下さい。
出会いの場所を変えるだけで、違う視点で恋人を見つけることが出来ますから。


イラスト:林えみこ

織田隼人 |

倹約家と浪費家のカップル

ナツミ:「彼ってお金使いが荒いんだよね。私が節約好きだから余計にそう思っちゃうのかもしれないけど」
サトシ:「ああ、わかるよ、それ。浪費家ばっかり楽しんで、倹約家からすると自分ばっかり我慢しているので損した気分になるんだよね」
ナツミ:「そうそう、しかも『だったら君もお金を使えば』とか言われて、お金を使うのにもストレスがたまるのが節約家の性格なのに、ね」

浪費家と倹約家のカップル、なかなか悩みがつきないようです。

■お金の使い方

人によって、お金の使い方って大きく違うものです。
お金は貯め込まず、さっと使ってしまうのが好きな人。
節約するのが好きだったり、将来に備えてお金を貯めようとする人。
考え方は人それぞれです。

ただ、浪費家と倹約家が付き合った場合には問題が起きやすくなります。
特に『倹約家』のストレスがたまって、そこから別れに発展することがあります。


■浪費家、倹約家の考え

浪費家はお金を使うことでストレスが発散できます。
ですので、浪費することで幸せを感じるので付き合っていくうちにそれほどストレスに感じることはありません。

しかし、倹約家は浪費家と付き合うとストレスがたまることになります。
というのも、倹約家はお金を使うとストレスを感じるからです。
なぜストレスがたまるのかというと、「お金を使うことで今までの努力や将来の可能性が浪費される」と感じるからです。


■浪費家の言い分は無茶

さて、このような考え方の違いがありますが、浪費家は次のような主張をすることが多いです。
「俺(私)ばっかりお金を使って、っていわれるけど君も使えば良いじゃない」と。

これは浪費家から見ると「お互いにお金を使えばストレスもたまらなくてイーブンだよね」と言うものに見えます。

しかし、倹約家からすると「そもそも、お金を使うことがストレスなのだから、その言い分はおかしい」となるのです。

この状態が続くと、倹約家ばかりがストレスがたまり最終的に爆発して別れに至ることも多いです。
ですので、浪費家の人はある程度「倹約家に歩調を合わせる」必要があります。
相手に合わせて我慢もする。
もしくは、浪費する範囲を相手と一緒に決めておいて、範囲内でしか浪費しないようにする。
このように、工夫をする必要があります。

恋愛は片方だけに負担を与えることになると、いつか負担を押しつけられた相手のストレスが爆発して、結果悪い状態になってしまいます。
ですので、予防するためにも相手に歩調を合わせることが必要なんですね。
お金は「有限」の問題なので、制限が発生します。
その制限を二人の歩調を合わせて「お互いに幸せに感じるレベル」を探り当てて下さいね。


イラスト:はな

織田隼人 |

自分の延長線ではない

ユウタ:「普通は、こんなことしないだろ!」
ナツミ:「どうして、普通を決めつけるのよ!」

付き合って何年にもなる二人。
付き合えば付き合うほどケンカが増えていき、二人の関係に危機が訪れるのであった。

■自分と同一視

知り合いだったら受け流せるのに、同じことを言われたときに恋人や家族が言った場合にはカチンとくること、ありませんか?

付き合って時間が経つとカップルのケンカは増えやすくなります。
夫婦ゲンカも同じです。
家族とのケンカも同じです。

これらは、相手になじみすぎて「○○してくれるに違いない」という思いが出てくるからこそ発生するケンカです。
どうしてこういう考え方になってくるのでしょうか?


■自分の延長線上に相手がいる

仲良くなって、しかも一緒にいる時間が増えれば増えるほど相手の考えがわかってくるものです。
そして、自分の考え方も相手に伝わっていきます。
お互いに「わかり合えている」と感じます。

ここで、すれ違いが起こります。
「自分の考えがわかってもらえているのだから、これくらいはやってくれるだろう」と考えてしまうのです。

これは、相手が自分の延長線上にいる人間、と考えてしまうことが原因です

『自分だったらこうするのに』という考え方を相手に知らないうちに押しつけて、その期待通りにならなくて勝手に腹を立てている。
そして、ケンカになってしまっているのです。


■恋人も家族も「自分とは違う人」

わかり合えればわかり合えるほど、その人のことを「自分の延長線上にいる人」と人間は考えてしまうものです。
しかし、全部をわかり合えるわけでもなく、そして相手は相手なりの考えを持っている『自分とは違う人』なのです。

極論すると『他人』なのです。

例え恋人であっても、「自分の延長線上の人ではない、他人である」と思って接していくと、妙な期待をして勝手に裏切られたような気分になることも減ります。

勝手に相手に期待して(思い通りに行かないと) 勝手に裏切られた気分になる。
これって、考えてみたらとってもとっても理不尽な考えです。

もともとは、自分とは違う人、ということを受け入れて付き合えたのですから、その初心に戻れば妙な期待が減ってそしてケンカもなくなります。

相手に『自分の延長線上』を押しつけるのではなくて、相手は相手の考え方を持っている、という大事なことを思い出して、それを受け入れると自分の気持ちも楽になります。
仲良くなってケンカをしそうになったとき、「相手に自分の延長線上にいることを求めていないか」を立ち止まって考えてみて下さいませ。


イラスト:ににこ

織田隼人 |