« 自分の延長線ではない | トップページ | オマケと袋とじ »

スマートな告白は危険

ナオミ:「せっかく彼が出来たと思ったら、私ってただの浮気相手だったんだよね」
ケンジ:「どんな風に口説かれたの?」
ナオミ:「一度デートして、そこで本気だから付き合って欲しい、っていわれて」
ケンジ:「ああ、それは危険だね」
ナオミ:「え、そうなの?」

■スッキリ言う男性

「彼女として付き合っているつもりが、浮気相手だった」という悲しい状況になってしまう女性は後を絶ちません。
どんな時代にも、「複数の女性を追い求める男性」がいるからでしょう。
男性が悪いのはその通りですが、女性としては『自衛』をする必要がありますよね。
では、どんな男性が危険なのでしょうか?

一番見抜きやすいのが、「告白をスマートにしている男性は危険」というものです。


■告白慣れと、本気じゃない

告白、というのは本気であればあるほどリスクを背負うものです。
告白をすると、付き合えるか、振られるか、の2択になってしまいます。
もし、本気で告白相手の女性を好きだった場合には告白の成功率をできる限り上げようとして、告白に時間をかけたりします。
また、すぐに(勢いで)告白するにしても、緊張しているので上手な告白が出来ないことが多いです。

本気の男性というのは、告白がスムーズでなかったり、告白が上手に出来なかったりすることが多いのです。


■スマートな告白

対して、女性視点で告白を見ていきましょう。
女性としては、告白は「上手く恋愛が進んで欲しい」と思ったときに、「スマートに告白してくれる」ことがうれしく感じます。

上手く恋愛が進んで欲しいとき、というのは好きになり始めたころ。
スマートに告白してくれる、というのは力づよく、そしていい雰囲気の中、幸せを感じさせてくれるような告白です。

女性経験の多い男性であれば、女性が望むタイミングで告白できるでしょうけど、女性経験がそれほどない(普通の)男性であれば、なかなかこのような上手な告白は出来ないものです。

告白慣れしている男性、つまり『いろんな女性に告白をたくさんしている男性』が告白上手になる。
つまり、告白上手な男性は危険な人が多くなるのです。

概して危険な男性とか遊び人の男性というのは、ロマンチックな雰囲気を作るのが上手だったり、告白までの時間が短く、しかし力強いスマートな告白をしてくるものです。
だからこそ、危険なのですね。
遊びの恋愛をしたいときならともかく、本気で生涯のパートナーが欲しい、という恋愛をしたいときには告白のスムーズすぎる男性には注意してみて下さいませ。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2012/05/25 |

« 自分の延長線ではない | トップページ | オマケと袋とじ »