« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

スマートな告白は危険

ナオミ:「せっかく彼が出来たと思ったら、私ってただの浮気相手だったんだよね」
ケンジ:「どんな風に口説かれたの?」
ナオミ:「一度デートして、そこで本気だから付き合って欲しい、っていわれて」
ケンジ:「ああ、それは危険だね」
ナオミ:「え、そうなの?」

■スッキリ言う男性

「彼女として付き合っているつもりが、浮気相手だった」という悲しい状況になってしまう女性は後を絶ちません。
どんな時代にも、「複数の女性を追い求める男性」がいるからでしょう。
男性が悪いのはその通りですが、女性としては『自衛』をする必要がありますよね。
では、どんな男性が危険なのでしょうか?

一番見抜きやすいのが、「告白をスマートにしている男性は危険」というものです。


■告白慣れと、本気じゃない

告白、というのは本気であればあるほどリスクを背負うものです。
告白をすると、付き合えるか、振られるか、の2択になってしまいます。
もし、本気で告白相手の女性を好きだった場合には告白の成功率をできる限り上げようとして、告白に時間をかけたりします。
また、すぐに(勢いで)告白するにしても、緊張しているので上手な告白が出来ないことが多いです。

本気の男性というのは、告白がスムーズでなかったり、告白が上手に出来なかったりすることが多いのです。


■スマートな告白

対して、女性視点で告白を見ていきましょう。
女性としては、告白は「上手く恋愛が進んで欲しい」と思ったときに、「スマートに告白してくれる」ことがうれしく感じます。

上手く恋愛が進んで欲しいとき、というのは好きになり始めたころ。
スマートに告白してくれる、というのは力づよく、そしていい雰囲気の中、幸せを感じさせてくれるような告白です。

女性経験の多い男性であれば、女性が望むタイミングで告白できるでしょうけど、女性経験がそれほどない(普通の)男性であれば、なかなかこのような上手な告白は出来ないものです。

告白慣れしている男性、つまり『いろんな女性に告白をたくさんしている男性』が告白上手になる。
つまり、告白上手な男性は危険な人が多くなるのです。

概して危険な男性とか遊び人の男性というのは、ロマンチックな雰囲気を作るのが上手だったり、告白までの時間が短く、しかし力強いスマートな告白をしてくるものです。
だからこそ、危険なのですね。
遊びの恋愛をしたいときならともかく、本気で生涯のパートナーが欲しい、という恋愛をしたいときには告白のスムーズすぎる男性には注意してみて下さいませ。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

オマケと袋とじ

ユウジ:「次の商品は、チラ見せ戦術で行きましょう! AppleとかSONYみたいに徐々に商品の情報を出していけば売れるに違いないです!」
ヒデミ:「え、そんなんじゃ女子に響かないですよ、きっと」
ユウジ:「そうなんですか?」
ヒデミ:「よくわかんないものに女子はそんなに興味を持たないですよ」

■見せ方の違い

男性と女性って違う生き物なので、例えば物を売るときでも同じアプローチをすると失敗することがあります。

たとえば、男性向けにはチラ見せ戦術は有効です。
特に、家電や携帯などの『道具系』に関しては男性は情報を仕入れようとする性質を持っているので、チラ見せをすれば男性は食いついてきます

しかし、女性はチラ見せについてはそれほど食いつきは良くありません。
女性に対しては、しっかりと情報を出して『イメージしやすい状況』を作った方が上手くいきます。

女性が使っているイメージを見せたり、使うことでえられる「幸せ感」を演出すると女性に受け入れてもらいやすくなります。


■女性向けにがんばるには

さて、男性よりも女性に有効なのが『おまけを付けること』です

女性は幸せの重み付けをあまりせずに、数で幸せをカウントする性質を持っています。
「大きな幸せも幸せ1つ」「小さな幸せも幸せ1つ」とカウントしていくので、おまけを付けることで幸せを複数渡すことになり、女性としては「うれしい気持ち」が増していくのです。

ちなみに、男性にも『おまけ』戦術は使えますが、女性ほどには効果がありません。
というのも、男性は幸せの重み付けをするからです。
大きな幸せはすごくうれしい、とてもうれしい。
小さな幸せは、まあ、ちょっとうれしいくらい。
こんな幸せの分類をしているので、オマケがあっても幸せの重要度が低くなるので、それほど効果が出ない、となってしまうのです。

このように、男性に物を売る場合、女性に物を売る場合で全然やり方が違ってきます。
男性には男性に受け入れられやすい方法、女性には女性に受け入れられやすい方法をとって下さいませ。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

まとめて聞こう

トオル:「この仕事、初めてだよね。何でも聞いてね」
サトミ:「はい、ありがとうございます!」
・・・
サトミ:「先輩、これなんですけど」
トオル:「はいはい、これはね・・・」
・・・
サトミ:「これを教えて欲しいんですけど」
トオル:「これはこうするんだよ」
・・・
サトミ:「これってどうすればいいんですか?」
トオル:「もう少し、自分でやってくれないかな」
サトミ:(何でも聞いてって言ってたのに・・・)

■何でも聞いてという言葉

男性の先輩や上司が「何でも聞いてね」と言ってくれたのに、何度も聞きに行くと不機嫌になられる、ということを経験したことのある女性は多いのではないでしょうか。

これって、ビジネスシーンでは良くあることです。
というのも、男性は「何でも聞いて」と言ってはいますが、「何度でも聞いて」とは言っていないからです。

何でも聞く人にありがちなのが、「疑問がわいたらその時点で聞きに行く人」です。
疑問が思いつくたびに質問に行くと、質問を受ける側の男性が「何度も仕事を中断」することになります。
仕事を中断すると、また仕事に集中するのに時間がかかるのが男性です。

男性は、1つのことに集中するのが得意な反面、1度でも集中が途切れるとまた集中状態に戻すのに時間がかかります。
質問をされることで集中が途切れる。
何度も質問をされると、そのたびに集中が途切れるので自分の仕事が進まなくなる。
ですので、質問を思いつくたびに何度も何度も訊ねに行くのは男性からするととても迷惑な行為なのです。


■疑問をまとめる

女性は、男性が「何でも聞いてね」と言っていても、「何度も聞いてね」といっているわけではない、ということを理解しておきましょう。

疑問があるときにはできる限り疑問をまとめておく。
そして、質問は一気にしてしまう。
そうやって、男性の集中をさえぎることを少なくしてあげましょう。

女性は1度に複数のことを同時で考えることが出来るので、何かに割り込みがあったとしても元の仕事にさっと戻ることが出来ます。
ですので、女性はマメに質問されてもある程度対応できます。
しかし、男性はそれができません。
そこをしっかり理解してあげるのが大切です。

例え、先輩や上司であっても一緒に仕事をする仲間なのですから、仲間の仕事を妨げるようなことをせずに、相手のことを思いやって質問をしていきましょう。


イラスト:林えみこ

織田隼人 |

都合のいい女は空回り状態

ユミコ:「私って都合のいい女なのかなぁ」
ワタル:「え、なんで?」
ユミコ:「彼の顔色を見て行動して、それに嫌われたくないから何でもやっちゃうんだよね」
ワタル:「それって、自分で勝手に自爆しているだけなんじゃ・・・」

■都合のいい女

男性があまり使わず、女性がよく使う言葉の1つに『都合のいい女』というものがあります。

女性の言う都合のいい女とは、以下のような状態です。
・自分ばっかり、彼氏のためにがんばっている
・彼のワガママには断れない
・彼にはワガママとか言えない


じつはこれ、男性が望んだ女性の姿ではありません。
女性がみずから「こうやった方がいいだろう」と思って突き進んだ結果、都合のいい女になってしまっているのです。


■都合のいい女になりやすい女性

都合のいい女になりやすい女性は以下のような特徴を持っていることが多いです。

・彼に「嫌われたくない」という気持ちが強くて、自分の言いたいことを我慢している
・愛される自信が無いので、常に何か警戒している
・彼に要望を言うことは、嫌われる可能性があると思っている


このように、いろいろと自分で自分を制限した結果、『我慢』をみずからする選択をしてしまう。
その結果、彼の言うことを聞く、自分の要望は言わない、という状態になり「都合のいい女になっている」と感じてしまうのです。


■男性の視点

さて、男性の視点から見ると女性に対して『都合のいい女』を望んでいるわけではありません。
彼女がただ我慢している状態を望んでいる、なんてこと普通に考えてないですよね。

都合のいい女、になってしまうと人間らしさが消えて男性からするとその女性に魅力を感じなくなってしまうことすらあります。
また、都合のいい女になると女性は我慢をすることになるのでそのうち我慢していた気持ちが爆発して、急に別れを切り出されて男性がビックリすることもあります。
男性にとっても、『都合のいい女』はあまり良い状態ではないことがわかります。

男性は都合のいい女を望んでいないのです。


■自爆を避けよう

このように、都合のいい女、というのは女性側の一方的な自爆行為なのです。
我慢した方が愛される、上手くいくという間違った思考になって、都合のいい女になってしまうのです。

都合のいい女になっているな、と思ったらさっさと抜け出すように「考え方の切り替え」を行いましょう。
自分の要望を伝えてもいいし、それで嫌われるわけでもない。
むしろ、要望を積極的に伝えた方が上手くいきます。
男性って女性のために行動することって嫌いじゃないんです。

都合のいい女になってしまっている、と思った人は「要望を伝えても嫌われない、むしろその方が好かれることにつながる」と自信を持つようにしましょう。
我慢して上手くいかないなんてもったいないです。
それよりも、上手くいくような前向きな努力をしてみてくださいませ。


イラスト:はな

織田隼人 |