« はしごを外す男性 | トップページ | 話す前のコミュニケーション »

恋心と食べる量

ユウジ:「カオリちゃんって小食なの?」
カオリ:「あ、うん。もうお腹いっぱいかな」
ユウジ:「そっか、じゃあデザートはいらないよね?」
カオリ:「いえ、デザートは別腹です!」

デートの時にかぎって小食になる女性っています。
どうしてなのでしょう?


■中学生アンケートで

中学生に「男子にモテるテクニックを教えて」というアンケートを採るといろいろな回答が返ってきます。
よくある恋愛テクニックがもちろん回答としてたくさん出るのですが、次のような面白いものもでてきます。

・男子の前では小食のふりをする
・ウィンクをする

・・・正直ちょっと変わったモテるテクニックですよね。
ウィンク、それほど意味がないと思います。
はい。

それでは、小食なのはどうでしょう?
これも、それほど意味はありません。
むしろ「おいしそうにご飯を食べる女子」に男子は好印象になります。

なぜなら、将来その女子が彼女になってご飯を奢ったりしたときにおいしそうに食べてもらえると、それだけで奢り甲斐を男子は感じるからです。
「女性に満足してもらえること」が男性の喜びだからです。

■小食になるのは?

ところで、小食についてはこんな実験があります。

プリナーとチェイクンの実験で、普通の男性と魅力的な男性の前で女性にクラッカーと食べさせたところ、魅力的な男性の前では、女性はクラッカーを残すことが多かったのです。
女性は魅力的な男性の前では、小食になります。

デートのとき、好きな女の子があまり食べていない場合には好意を持ってもらえている可能性が高いです。

というわけで、男性は女性の食べ具合を見ると脈アリ、無しが少しわかったりします。
とはいえ、男性は「おいしそうに食べてくれる女性」に好印象を抱くので、女性はしっかりと「おいしい!」と言いながら食べてくださいませ。


イラスト:林えみこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2012/03/16 |

« はしごを外す男性 | トップページ | 話す前のコミュニケーション »