« 数値で見よう、男女の違い! | トップページ | 結婚と不況の関係 »

アドバイスのタイミングは難しい

マナミ:「相談しているときに話を聞いて欲しいだけなのに、男の人ってアドバイスで返してくるよね」
ユウコ:「そうそう、それでケンカになっちゃうこと多いよね」
マナミ:「そういえば、女性から男の人へのアドバイスってどうなんだろう?」
ユウコ:「男性も我々と一緒でイラっとしてたりするのかなぁ?」


■アドバイスは難しい

女性の相談にアドバイスで返すのはNG
女性の相談はただ「聞くだけ」の方がいい。
以前のコラムでこれについては解説しました。

ところで、女性が男性にアドバイスをするのは大丈夫なのでしょうか?
これもやっぱり難しいところがあったりします。

女性が男性にアドバイスを与えるタイミングは、男性が「困っていそう」なとき。
女性は相手の気持ちを先回りして、困っていそう、という状況の相手を助けようとします。

女性はまず「何でも話してみなよ」とか「とにかく話をしたら気持ちもまとまるかもしれないし」と聞き出そうとします。

これはまず男性にとっては迷惑なことが多いです。
というのも、男性は悩み始めたら自分一人で考え込んで悩みを整理するからです。

ですので、ムリに男性から聞き出そうとするのは辞めておきましょう。

男性の悩みを聞き出さなくても、男性の悩みがだいたい推測できる場合には「こうしたらいいんじゃない?」とか「ああしてみたら?」というように女性は男性にアドバイスをすることも多いです。
例えば、道に迷ったときに「あっちが良かったんじゃない」とか。
例えば、男性が料理をしているときに「ああ、そうするんじゃなくて・・・」と口出しをしたり。

そうやってアドバイスをされると男性は「俺って信用されていない」と感じ、凹んだり怒ったりしてしまいます。

■アドバイスは愛情があるからこそ

このように、男女ともに異性にアドバイスをするタイミングは結構「相手にとってふさわしくない」状況であることが多いです。

ですので、相手が例え困っていたとしても「今アドバイスをするのは適切か?」と考えてからアドバイスをするようにしましょう。

困ったことにアドバイスというのは「相手のことを大事に思っているときほど出てくる」ものです。
愛情があるからこそ、相手のためになりたい、相手の状況をよくしたい、という思いが出て来て、そしてアドバイスになるからです。

ですが、愛情があるからこそ「相手のために」ぐっとアドバイスをこらえてみてください。
考えるより先に口が動きそうになるかもしれませんが、まずは考えてから話す癖を付けましょう。
そうすれば、相手のためにやったことで二人の仲がこじれる、という悲しいことがおきなくなります。

アドバイスって油断をしたら言ってしまうもの。
だからこそ、注意して「止める」努力をしたいですね。


イラスト:ムラクモ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2012/02/17 |

« 数値で見よう、男女の違い! | トップページ | 結婚と不況の関係 »