« 上手な文句の伝え方 | トップページ | アドバイスのタイミングは難しい »

数値で見よう、男女の違い!

今回は、数値で男女の違いを見ていきたいと思います。
やっぱり、男性と女性は違う生き物。
それが、いろんな統計データを見ると出てくることがわかります。

男性、女性にどんな傾向があるのかチェックしましょう。

■人口

赤ちゃんの出産比率、どちらが大きいのでしょうか?
男性女性 = 104100
だいたい、これくらいで推移しています。
ただ、現在の日本ではもう少し男性の生まれる率が減ってきていますが、女性よりも男性の方が多いことは変わらないようです。

ところで、人口はどうなのでしょう?
実は、女性の人口の方が多かったりします。
男性:6千2百万人
女性:6千5百万人

男性の方が多く生まれるのにどうして女性が多いのでしょう?
これには、寿命が関係しているようです。
男性の平均寿命:79歳
女性の平均寿命:86歳
女性の方が長生き、だから女性の人口のほうが多いのですね。


■体に関すること

ところで、男性と女性はどっちの方が1日当たり歩いている量が多いのでしょう?
1日に歩く歩数の平均(20歳以上)
男性:約7000歩
女性:約6000歩
男性の方がたくさん歩いています。

睡眠時間に差があったりするのでしょうか?
平均睡眠時間(40歳から44歳)
男性:7時間22分
女性:6時間56分
男性の方が多く眠っていますね。
もしかすると、男性の方が体力を使うからかもしれません。

最後に肥満度合いも見てみましょう
肥満の割合(BMIが25以上)
男性:28.6%
女性:20.6%
女性の方が太りやすいイメージがありますが、実際に肥満が多いのは男性のようです。
男性の肥満割合、4人に1人以上なのでかなり気をつけておかないといけませんね。

いろいろと男女のデータの違いを見てきました。
やっぱり男と女は違う生き物だなぁ、と思えてきます。
違う生き物だからこそ、お互いに役割分担もできるし、支え合えるのですね。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2012/02/24 |

« 上手な文句の伝え方 | トップページ | アドバイスのタイミングは難しい »