« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

恋愛が無くなってきている!?

ミユキ:「最近、恋愛恋愛って世の中じゃなくなってきたよね。恋人がいなくても良いって感じの世界になってきた気がする」
サトシ:「確かにそうかもね」
ミユキ:「実際のところ、みんなはどう思っているんだろうね」
サトシ:「そだね、データを見てみたいよね」


■恋人がいる人は増えている?減っている?

さて、今日は数値で恋愛を見て行きましょう。
恋人がいる人、いない人はどんな割合になっているのでしょうか?
独身者への調査で、恋人のいる人は全体でこんな感じのデータになっています。

表1 恋人がいるかいないか(注1)

2010年 2005年
男性 女性 男性 女性
恋人がいる 24.6% 34.0% 27.2% 36.7%
いない 70.8% 61.4% 66.2% 57.6%
不詳 4.6% 4.6% 6.6% 5.7%

なんと独身で、7割の男性、6割の女性に恋人はいません。
2005年の調査と比べると、カップルの割合が減っていることがわかります。

■性経験は?

それでは、性経験はどうなのでしょう?
たとえば、カップルの割合が減っていても、セックスフレンドとかが増えているのであれば性経験は増えているかもしれません。
では、実際のデータを見てみましょう

表2 性経験なしの割合(注2)

2010年 2005年
男性 女性 男性 女性
18~19歳 68.5% 68.1% 60.7% 62.5%
20~24歳 40.5% 40.1% 33.6% 36.3%
25~29歳 25.1% 29.3% 23.2% 25.1%
30~34歳 26.1% 23.8% 24.3% 26.7%

10代ではやはり、性体験の無い人(いわゆる、童貞と処女)が多いようです。
独身の30から34歳男女でも、性経験の無い人が4人に1人いる状況です。

しかも、2005年の調査結果に比べて全体的に性経験を持った人の割合が減っていることもわかります。

2005年までのデーターでは性経験のある人(の割合)が増える傾向にありましたが、2010年では性経験者(の割合)があきらかに減っています。

一時期は「性にゆるい」風潮があったのが、現在では揺り戻しがあって「貞淑」になってきているようです。
今回は掲載しませんでしたが、同棲経験割合も減少に転じています。
これも、貞淑になっているデーターと言えるかもしれません。

■恋愛が減っている

今回のデータを全般的に見ると、恋愛、特に「恋人になろうとする動き」が減ってきていることがわかります。
現代では結婚は恋愛を通じてからすることが多いです。

ということは、恋愛が少なくなれば結婚も減ってしまいます。
少子化対策のためにも、恋愛がしやすい環境とかをつくっていくのも必要かもしれませんね。


(注1)
国立社会保障・人口問題研究所
『第14回出生動向基本調査(独身者票)』
【表2-1 未婚者の異性との交際の状況】より
恋人がいるには「婚約者がいる」「恋人として交際している異性がいる」を集計
恋人がいないには「友達として交際している異性がいる」「交際している異性はいない」を集計

データは、18歳から34歳の未婚者の集計


(注2)
国立社会保障・人口問題研究所
『第14回出生動向基本調査(独身者票)』
【表2-2 未婚者の性体験の構成】より
データは、18歳から34歳の未婚者の集計


イラスト:はな

織田隼人 |

女性が得意なビジネスモデル

ユウジ:「女の人の作った会社で大きくなった例って最近多いよね」
ミカ:「そうだよね。ABCクッキングスタジオとかすごいもんね」
ユウジ:「そうそう、でも、なんか男性が作った会社と違うよね」
ミカ:「確かに、何が違うんだろうね」


■女性もビジネス上手

最近では、女性の起業も増えてきました。
成功して、大きくなった企業もあります。

ところで、男性と女性とではビジネスのやり方も違っています。
男性は上下関係に従ったり、「地位を獲得すること」に力を入れたりします。
しかし、女性は男性ほど地位にこだわったりはしません。
ですので、組織も違ったものになっていきます。

■先生型のビジネスが大きくなりやすい

さて、女性メンバーの中心となっているビジネスで、大きくなっている物にはどんな物があるのでしょうか?

上手くいく女性のビジネス1つが「先生育成型」です。
ネイルアートや料理、華道、ダンスなど「生徒を集めて、そして上手くなった人には先生になってもらう」というものです。

女性は男性より習い事が好きです。
ですので、生徒が集まりやすいです。
せっかく習いごとをするのだから、将来はそれで少しでも仕事にできたら、とも女性は考えます。

そして、「習いごとをして、将来は先生になれる」という仕組みが上手く回り、先生が実際に生まれ始めると規模も拡大してさらに生徒も増えていき、大規模に育っていくのです。

また、生徒に関しても教室に参加した女性が面白かったと感じたときには「この教室、すごくいいよ」と友達に勧めていくので生徒も増えていきます。

このように、先生育成型のビジネスについては、男性以上に女性が得意としている分野です。
女性で起業を考えている人は、先生育成型のビジネスも考慮に入れてみると面白いかもしれません。


イラスト:ににこ

織田隼人 |

結婚すると浮気をしにくくなる

マキ:「実はねぇ、結婚する前は浮気されるんじゃないかって心配してたんだ」
トオル:「え、浮気なんかしようとも思わなかったけど、なんだか面倒だし」
マキ:「うん、なんか結婚してから街中を歩いていてもかわいい 女の子をじっと見るってことが減ったよね」
トオル:「う、、、そ、そんなところを見てるんだ・・・」

なにはともあれ、浮気のない夫婦で仲が良いようです。


■浮気心は減るか?

男の浮気は甲斐性、とよく言います。
そして、男性は「ばらまく性」とも言われており、自分の子孫を残すには複数の異性と関係を持った方が確実性が増す、という生き物としての仕組みを持っています。

男性は素敵な女性をみるとテストステロンという男性ホルモンの濃度が上がるようになっています。
このテストステロンの濃度が上がると、恋心や性衝動が芽生えやすくなります。

ところが、結婚をすると、女性をみたときのテストステロンがそれほどあがらないようになります。
男性の浮気は「性衝動」から生まれることが多いので、結婚は一種の浮気を止める装置になるのです。

男性は「男」であるとともに「人間」でもあります。
人間は、グループ行動をする生き物なので、「家族」というグループができるとそのグループ関係を守るような仕組みにカラダも変わるのですね。

■女性は?

ちなみに、女性をみると「孤独」が浮気の原因になることが多いです。
女性の性衝動はオキシトシンといわれる女性ホルモンが関係していますが、オキシトシンが分泌されると抱きしめたく・抱きしめられたくなります。

女性の浮気理由が「寂しかったから」というのも、ホルモンから見るとまさにその通りだ、ということもわかります。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

話を聞いてもらうには

ユキ:「ねえねえ、聞いて聞いて」
サトシ:「なんだい?」
・・・・
ユキ:「聞いてくれてありがとう、とっても楽しかったよ」
サトシ:「そっか、それはよかった」

毎日、ちょっとしたことを話し合う夫婦。
この会話が二人の関係を作っていくのであった。


■聞いてもらうために

前回は、男性に向けて「女性の話を聞くことの大切さ」を解説しました。
今回は、女性に向けて「どうやって男性に話を聞いてもらうか」を解説します。

まず、男性はオチの無い話、というのは苦手です。
オチがないと、落ち着かない。
結論が見えないと、イライラしてくるのが男性です。

また、結論が見えにくい話を聞いていても男性はやはりイライラしやすいです。
男性がニュースとかをよく見る理由は、ニュースは結論がわかりやすい、空です。
スポーツニュースも、すぐに結論が見えます。
なので、男性は仕事が終わって家に帰ってきたら、ボーッとニュースを見ていたりするのです。

オチの作り方については『とにかく結論を』を見てみて下さい。

■時間に区切りを

さて、男性に話を聞いてもらうにはオチ以外にも大切なことがあります。
それは、「時間を区切る宣言をする」ことと「辞め時を見極めること」です。

無理矢理話を聞かせてしまうと、いつまで経っても男性は話を聞くのを嫌がってしまいます。
ですので、男性には「10分だけ話聞いてもらえる?」というように時間の区切りを最初に伝えると良いのです。

また、話をしていて男性が興味を失い始めたり、他のことに目を向け始めたり、イライラしてそうだったりした場合には「あと3分で終わるよ」と終わりの時間を決めてしまうのも良いです。

こうすることで、終わりが見えるので男性は話しに集中することができます。

元々男性が苦手としていることをやってもらうのですから、慣れてもらえるまでに時間がかかってしまうのは仕方ないことです。
女性が女友達の話を聞くのと違って、男性が女性の話を聞くには「努力」が伴われています。
その男性の努力を評価して、男性に少し歩み寄れば男性も歩み寄ってきてくれます。

上手くやっていけば、しっかり話を聞いてくれる男性になってくれます。
それまで、男性に話を聞いてもらえるような道作りをしていきましょう。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |