« 何もしない男の作り方 | トップページ | どっちでもいい、は禁句 »

マッサージで思いやりを

タカシ:「ほら、こっちおいで。マッサージしてあげるから」
ユウコ:「え、いいの。わーい」

タカシ:「ここがこっているねぇ。よし、しっかりもんであげよう」
ユウコ:「マッサージはいいねぇ。ホント幸せだよ」

彼が彼女にマッサージをしてあげる。
ほのぼのした感じですよね。


■思いやりを示す

男性は女性に「尊敬」や「信頼」してもらったり、女性に「喜んで」もらえることで愛情を感じます。

女性は、男性に「思いやり」を示してもらうことで愛情を感じます。
その思いやりの示し方でも、オススメなのがマッサージをすることです。
特に、結婚していたり、同棲していたりするカップルにはマッサージはとても良い愛情の示し方です。

なぜなら、マッサージによってスキンシップが行われ、自然に愛情が芽生えます。
さらに、男性から女性に「奉仕」をしているので女性は「私のことを大事にしてくれている」と感じることになります。

だからこそ、マッサージはとても良い愛情を示す方法なのです。
彼女が疲れていたり、肩がこったりしている場合には是非マッサージをしてあげましょう。
例え疲れていなかったとしても、優しくてでなでるだけでも彼女は幸せを感じるはずですので、積極的にマッサージはして下さいませ。

■ちょっと余談

さて、ちょっと余談ですが、家事とマッサージを比較してみます。
もちろん、最近では家事をしない(女性と分担しない)男性は少なくなってきました。

とはいえ、家事をするだけではなくマッサージもしていくと奥さんや同棲している彼女の愛情をより高めることができます。

なぜなら、家事はどうしても「相手のやり方」に完全に染まることはないので相手の女性から見て「ここが足りないなぁ」という点が出て来ます。
しかし、マッサージではそういう点は出て来ません。
自分でもむより、他人にもんでもらった方が気持ちが良い、のがマッサージです。

自分ができないことを、彼にしてもらえる。
だからこそ、彼女にマッサージをすると「私はこんな良い彼氏(旦那さん)をもって幸せだなぁ」と感じてもらえます。

マッサージは、女性が自分自身では得られない幸せを男性が与えられる方法の1つ、なのです。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2011/12/10 |

« 何もしない男の作り方 | トップページ | どっちでもいい、は禁句 »