« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

どっちでもいい、は禁句

サトミ:「ねえ、それとこれ、どっちがイイと思う?」
ワタル:「どっちでもいいよ」
サトミ:「・・・いいよ、もう」
ワタル:「どうして急に不機嫌になるんだよ」

ちょっとしたキッカケで、急に不機嫌になる彼女であった。


■どっちでもいいは、どうでもいい

女性に「どっちがいいと思う?」と聞かれて「どっちでもいいよ」と答えたら、急に不機嫌になられた経験のある男性、多いのではないでしょうか?

例えば旅行やレストラン選び、洋服選びや果ては結婚式場選びまで。
様々なシーンで女性は「どれがいいと思う?」、「どっちがいいと思う?」と聞いてきます。

このとき、「どっちでもいい」と答えるのはNGなのです。

なぜなら、「どっちでもいい」という言葉は女性には「どうでもいい」と聞こえるからです。

■共同意識

女性は誰かと行動をするときには、共同意識を大切にします。
一緒に選び、一緒に行動する。
女性は共同でやっていくことで、楽しくなるし二人の絆も深まると考えます。

しかし、男性は「結果」に注目するので、自分に興味の無いものは自分が選ぶよりも、相手が決めた方がいいんじゃないか、と考えます。

男性は、「好きな方を君が選べばいいじゃない、俺はその選択にはあまり興味が無いから」という意識で「どっちでもいい」と答えるのです。


■聞き返そう

では、女性に「どっちがいい?」と聞かれたとき、男性はどう答えたら良いのでしょう?
男性が「こっちがいいと思うよ」と下手に答えると、「えー、私はあっちの方がいいと思っていたのに」と女性に言われてしまうことがあります。

地雷を踏まないためには「君はどっちがいいと思う?」と聞き返すのが正解です。

聞き返すと、女性が自分の意見を言います。
「どっちでもいい」というと、やる気のない返答に聞こえます。
しかし「君はどっちがいいと思う?」という返しをすると、一緒に決めている、という共同意識が芽生えるのです。
しかも、地雷を踏むこともありません。

女性に「どっちがいい?」と聞かれたときには「君はどっちがいいと思う?」と聞き返すようにしましょう。

さらに、もう1ステップ上を目指す方は次のような回答をすると良いです。

女性に「どっちがいい?」と聞かれたときには、
「こっちは腰のラインがキレイに見えるね、あっちは明るい感じで君の笑顔にあっていると思うよ」というように、良い点を両方挙げていくと好感度がぐっと上がります。
良い点を挙げるだけだと、「どっちがいいか」の結論を出さなくてすみますし、女性も「しっかり見てくれている、どっちが良いのか迷っちゃうけど楽しい」と思えるようになります。

結論は女性に任せるままで大丈夫。
「どっちがいい?」という質問に対しては、良い点を見てそこを伝える。
結論は女性に任せてしまえば、女性のテンションも上がって二人の時間が楽しくなっていきます。

今まで「どっちでもいい」と答えていた人は、是非この機会に「君はどっちがいいと思う?」と聞き返したり、「これはここがいい、それはそこがいい」と良い点を挙げるようにしてみてくださいませ。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

問題を見つけないようにしよう

ユウジ:「マンネリは良いんだよ、でもマンネリ化した後にお互いに傷つけ合うのがいやなんだ」
サトシ:「あー、わかるわかる。付き合い長くなったりすると妙にハードル上がるんだよね」

ユウジ:「結婚したら、さらに、だろ。だから結婚したくないんだよね」

実際に、恋人になって時間が経ったら関係が醒めたり、結婚してから急に二人の関係が冷え切ったり、という話は多いです。
どうしてこうなってしまうのでしょう?


■仲の良さ、信頼

二人の仲が親密になって、そして信頼関係ができたらなぜか傷つけ合う。
これには次のような理由があります。
順を追って解説します。

恋人同士の付き合いが長くなると、お互いに信頼関係のようなものが生まれます。
信頼関係が出来上がるとともに、相手に対する「期待」のようなものも出て来ます。
この「期待」が二人の関係を悪化させる原因となります。

なぜなら、相手が「期待」に答えないとき、それは「問題」として認識されるからです。

■問題は改善

そもそも、問題というのは「理想と現実のギャップ」があるとき、初めて認識されます。
そして、人間は問題を見つけると解決しようと動き出します。
自分や他人を問題解決のために動かそうとするのです。

カップルや夫婦の間が「問題だらけ」になっている場合、パートナーのどちらかの理想が高いことがそもそもの原因であることが多いです。

理想が高いがゆえに、現実とのギャップを「問題」としてとらえ、全てを解決しようとしてどんどん口うるさくなる。
そこでケンカが発生して、二人の関係が冷えてしまうのです。


■自分の理想を引き下げる

理想が高ければ高いほど、自分の周りは問題だらけになってしまいます。
そして、相手に口出しして仲が悪くなるだけではなく、自分自身が問題に囲まれて不幸と感じるようになります。

恋人や夫婦関係でたくさん出てくる問題ですが、そもそも「問題としてとらえるほどのものではない」ものが多いです。
悩まなくても良いし、解決しなくても良い。
放っておけば、諦めれば良い程度のものがほとんどです。

自分の理想が高い、それだけで問題として見えてきているだけ、のものでお互いの関係を悪くしているのです。

理想が高い、口うるさく言っている、と自分で思った人は「まあいいや」という言葉を繰り返し言うようにしましょう。
「まあこれくらいは」「まあ、いいでしょ」というようにちょっと足りなくても大丈夫、問題なしだ、と考えて行けば問題そのものが消えていきます。

二人の間で問題が消えてしまえば、あとは幸せなものです。
「ほのぼのした、まったりしたマンネリ」の状態になります。
このまったりマンネリは非常に心地が良いものです。
長く付き合った仲の良いカップル、夫婦が持っている特有の関係を作り上げることができます。

理想の高い人ほど、「まあいいや」の心をもってパートナーに接していくようにしましょう。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

恋人を作る最初のステップ

トオル:「あー恋人欲しいなー」
タケシ:「ちょっと携帯のアドレス帳見せてみ」
トオル:「お、おい、やめろよ!」
タケシ:「女子のアドレスほとんどねーじゃん。そりゃ恋人できないわ」
トオル:「・・・うっ・・・」


■恋のステップを順番に

出会って3秒で告白して、そして恋人ができる・・・
こんなこと、滅多にありません。

当たり前ですが、男女が出会って恋をして、そして両思いになって恋人になるまでには、いろいろなステップを踏んでいます。
出会いがあって、携帯のアドレスを交換して、なんども携帯でやりとりをして、デートに誘って、何度かデートをしたら告白をして、そして恋人になる。
この恋のステップをしっかりと進んでいく必要があります。

■出会いの次のハードルが携帯

さて、出会いがあるのに恋人ができない。
こういう人には何が足りないのでしょうか?

答えは簡単、携帯アドレス交換、です。

今の時代の恋のステップを見て行くと、デートの前に何度も「携帯」でやりとりをする必要があります。
やりとりは、twitterでもmixiでもfacebookでもメールでも大丈夫です。
このどれかを手に入れて、マメに連絡し合う必要があります。

恋人がなかなかできない人、というのはこの「携帯での異性とのやりとり」をしていない人が多いです。

メールアドレスやtwitter IDなどのやりとりの情報を手に入れて、そして連絡を取り合っているうちに、徐々に相手のことが気になる。
そして、そこからやっとデートに誘いあうようになります。
恋人がいなくて悩んでいる人は、この最初の「携帯でのやりとり」のステップをしっかり作っていくようにしましょう。

コミュニケーション無くしては、恋は発展しません。
そして、コミュニケーションは簡単なものから始まっていきます。
メールやtwitter、mixi、facebookのコミュニケーションは手軽で簡単なものなので、恋を作るにはまずこの辺に手を付けていきましょう。


イラスト:はな

織田隼人 |