« 相手に変化を求めすぎると・・・ | トップページ | 男性を変えるための4つのノウハウ »

正しさの立証をいったん待とう

サトミ:「私の気持ちもわかってよ」
ワタル:「俺は悪くないって言ってるだろ」
ワタル:「私だって悪くないんだもん」

そして、二人のケンカはまだまだ続くのであった。


■謝れない男性はどうすれば

男女が付き合っていると、いつかはケンカをしてしまうもの。
そのケンカ、なんとか落ち着かせたいものですよね。

何度か説明しているように、女性はケンカになったとき自分の言い分を全部伝え切ろうとします。
しかし、女性が言い分を言っている最中にたいていの男性は言葉を遮ろうとします。
「それは違うんじゃないか」「そこは考え方がおかしい」というように、自分の正しさを主張しようとします。

こうして、ケンカが収束せずにむしろ争いが大きくなっていきます。

本当のところ、どちらかがさっと謝ってしまえば収束は早いのでしょうけど、それだと謝った側がモヤモヤした気持ちを抱え続けることになります。
ではそういうとき、特に男性はどうしたら良いのでしょう?
なかでも、謝るのが苦手な男性も多いと思います。
謝るのが苦手な男性はどうやってケンカを収束させれば良いのかを見て行ってください。

■言い分をとにかく聞く

男性はケンカの時に「正しさの主張」をしようとします。
「俺は間違っていない」「それは違う」というように女性の言葉に口を出そうとします。
それを我慢してください。

なぜなら、女性は自分の言い分を伝えようとしているだけだからです。
女性は「どちらが正しいか」を説明しようとしているわけではありません。
女性は自分の思いを伝え、それを理解してもらうために伝えているだけなのです。

なので、最後まで女性の言葉を聞くとそれで落ち着きます。
対女性相手のケンカの場合、どちらかが謝罪するまで終わらない、というわけではありません。
話を最後まで聞きさえすれば終わることの方が多いのです。

男性は、女性の言い分に反論せずにまずは我慢して最後まで話を聞きましょう。

自分の言い分は女性の言葉を聞き終えてからにすれば良いのです。
それだけで、ケンカの収束は早まります。

どうしても腹が立って反論したいときには「そうか」「うん」「なるほど」「わかった」の4つの言葉だけを繰り返して言うようにしましょう。
他の言葉を使わないようにすることで、反論の言葉を押さえることができます。
そして、結果的にケンカを早く、そして致命的にならないようにおさめることができます。

男女の関係は『正しさを実証すれば良い』というものではありません。
「正しさ」よりも「お互いの気持ちを分かり合う」ことが重要なことです。
ですので、まずは我慢してでも相手の言い分を全部聞いてしまいましょう。


イラスト:はな


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2011/09/30 |

« 相手に変化を求めすぎると・・・ | トップページ | 男性を変えるための4つのノウハウ »