« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

セクハラってどうなの?

サトミさん、男性上司との出張中。
上司:「さて、今日の仕事も終わったし、ホテルで一息つくか」
サトミさん:「はーい、隣の部屋ですね」
上司:「よかったら、俺の部屋で酒でも飲まない?」
サトミさん:「はい、じゃあ後で行きますね」

この後、ホテルの上司の部屋で二人が飲み交わす。
そして上司がサトミさんの肩に手を掛けて「なぁ、いいだろう」と顔を近づけてくる。
サトミさん:「そんなつもりじゃありません、セクハラで訴えますよ」

こうして、男性上司はセクハラ問題を抱えることになった。


■セクハラはどこにある?

以前はセクハラがあったとしても、それが問題として浮上することは少なかったのですが、現在ではセクハラが問題として取り上げられるようになりました。

実際にセクハラはこんな感じで発生します。

(1)出張中に男性上司が女性部下に「ホテルの部屋で一緒に飲まないか?」などと誘う。
そのあと、男性が「部屋に誘ってきたからOKなんだろう」と勘違いして女性部下をベッドに押し倒そうとする。
女性部下はというと、ただの付き合いで飲みに行っただけで、もちろんそんなつもりはなく、そしてセクハラ問題だとして発展する。

(2)飲み会の席などで、異性にベタベタ触ったり、下ネタを振ったりする。
相手が生理的な不快感を示して、それが繰り返されるとセクハラとして取り上げられる。

このように、セクハラはちょっとしたところにも潜んでいます。

■セクハラ問題になると男性が

セクハラ問題を取り上げると、男性の中には「昔はもっとおおらかだった」という意見が出て来ます。
ちなみに、こういう意見を言う人は結構「セクハラをしている」人だったりします。

相手が嫌がっているのに下ネタを振ったり、ただ二人で食事に行っただけなのに帰りのタクシーで女性の手を握ったり。
今までは女性が我慢していただけ、なのを理解していない人です。

「なんでも、セクハラセクハラって言っていたら恋愛もできないじゃないか」などと反論する人もいます。
この意見、セクハラと恋愛の本質を見落としています。


■恋愛とセクハラの違い

恋愛とセクハラには、「相手が好んで受け入れてくれる」か「相手が嫌がっているか」という違いがあります。

そして、セクハラをする人は「相手の気持ち」を本気で見ていません。
「自分がしたいから」というのが行動の本質になっていて、相手を見ようとしていないので勘違いしてセクハラになってしまっているのです。

セクハラをしない方法は簡単です。
相手の異性のことをじっくり見て、その人が喜んでいるか、辛そうにしているのかを見極めることです。
これができていない人が、恋愛のつもりで、自分勝手なセクハラをしているのです。
相手のことをしっかり見ようとしないなんて、恋愛としても問題有り、ですよね。

昨今では、なんでも「セクハラ」といわれるようになって、ギスギスしている、と思い始めた人もいるかもしれません。
でも、相手の異性のことをしっかり見ることができていればセクハラにはなりません。

下ネタが好きな女性もいますし、下ネタ嫌いの男性もいます。
これって「ここにいるこの人はどう思っているのかな?」と考えて話していけば良いだけです。
それだけで、セクハラは消えて無くなります。

セクハラ問題って『相手のことをしっかり見よう』と考えさせてくれるチャンス、なのです。

人によって「ココまではOK」「ここからはNG」という境界は様々です。
だからこそ、多様性があって面白いのですし、違いがあるから人とのふれあいは楽しいものとなります。
セクハラ問題も、その違いを知る上では勉強になることも多いです。
しっかりと相手のことを見る目をこの機会に身につけていきたいですね。
次回は、仕草で相手の「受け入れ体制」がどうなっているか見抜く方法をお伝えします。


イラスト:はな

織田隼人 |

メンツを重視、でも依頼はOK

ユウコ:「彼にさぁ、『これ、やっといて』ってお願いをしてもすぐ断られるんだよね、
マナミ:「あー、わかる。男の人って『いや』ってすぐ言うよね」
ユウコ:「そうそう、どういえば引き受けてくれるんだろ」


■命令口調

男性に何かお願い事をするとき、特に彼や旦那さんにお願いをしても「やだ」とか「やりたくない」といって断られること、多いかもしれません。

まず、男性は女性に比べて「断ること」に対してあまり罪悪感を感じません。
女性であれば断られたときに相手がどれだけ困るかまでを想像するので断ることは減るのですが、男性は自分がやりたいかやりたくないかで判断します。

そして、その男性の「やりたくない」という回路を発動させるとすぐに断られてしまうのです。
特に命令口調で「これをやっておいて!」と男性にいうと、男性の「やりたくない」気持ちがでてきて、「いや」と男性が断ることが多くなります。

男性に何かを依頼するときには「やりたくない」という気持ちを呼び起こさせないような言い方をしなきゃいけないようです。

■メンツを立てる

ところで、なぜ男性は「やりたくない」と思ったのでしょうか?
それは、命令口調で言われたからです。
命令口調で言われると、男性は自分が軽くあしらわれているような気持ちになり、「俺はただのパシリじゃない」と思って嫌がります。

これが、「いつもありがとう、今回もこれやってもらえる?」という言い方にすると男性は引き受けてくれることが多くなります。

なぜかというと、男性のメンツを立てることになるからです。
「いつも感謝している」ことを伝えることで、男性が用事をパシリ的にやらされているのではなく、感謝されてやっていることになります。

この、普段の感謝が大事で、これができていると男性に依頼をしたときにかなりの割合で引き受けてくれるようになります。

女性にしてみると「そんなメンツなんかどうでも良くて、やってくれればいいじゃない」と思うかもしれませんが、男性は本能レベルでメンツを重視しているので、そこを理解してあげると良いでしょう。
せっかく依頼をするのですから、男性に引き受けてもらえる可能性をあげるのはもちろんのこと、男性のメンツを立てることでお互いに気持ちよい状態になれますから。

男性には過去のことに感謝の言葉を伝え、そして引き受けてくれることが「当たり前」じゃなくて、毎回ありがたいと思っている、ということを伝えて、そしてたくさん頼み事を引き受けてもらいましょう。


イラスト:ににこ

織田隼人 |

ストレスは恋に有効

ユウコ:「さいきん、なんか好きな人ができなくなってさぁ」
サトミ:「ああ、わかるわかる。社会に出て何年も経つと、なんか日常から恋の気配が消えてくるよね」
ユウコ:「そうそう、そうなの。恋ってどこにあるのかなぁ」

なかなか恋が見つからない二人。
どこに行けば恋があるのでしょう?


■学校は恋にとって最高の場

中学校、高校、大学と共学にいた人はわかると思いますが、学校にいると恋に落ちることが多くなるものです。
また、社会人1年目などもそうです。
そこには「新しい出会い」があり「チーム」が有り、そして「努力」がある。
この要素がそろっているので、恋に落ちやすいのです。

この3つの要素を見て行きます。

(1)新しい出会い
学校ではクラス替えがあったりして、新しく出会いが起きることが多いです。
社会人1年目も新しい出会いの場。
新しい人と接すると「新鮮さ」を感じるので、そこで恋に落ちやすくなります。

(2)チーム
学校では例えばクラブ活動や、クラスの合唱コンクール、版を作っての行動などがあります。
こういったチーム活動をすると「協同意識」が生まれます。
仲間意識から、恋が生まれます。
だから、同じクラブ内でのカップルができやすかったりします。

(3)努力
恋にとって「ストレス」は有効に機能します。
努力をしている状態は、適度なストレスを受けている環境にいるということ。
ストレスに対して前向きに対処しているとき、そしてそのストレスを乗り越えたときには高揚感が生まれ、それが恋に効くことになります。

一緒に行動した人が、一緒のタイミングでストレスを乗り越えて高揚を感じることがあるのが、チームの良いところです。
みんなで試合に勝ったり、みんなで何かを作ったり。
みんなでテストを乗り切ったり。
こういうことがあるので、学校などでは恋が生まれやすいのです。


■学校に行こう

このように、学校は恋が生まれやすい環境がそろっています。
合コンなどで無理矢理男女を混ぜたとしても、それほど恋が発生しないのは「チーム」や「努力」の要素が合コンにないからです。

学生時代に付き合ってそのまま結婚した、とか職場が一緒で結婚した、という例は非常に多いです。
これは、一緒に活動する場、チームができるところにいるからこそ、そこで恋が生まれて信頼関係ができたからこそなのです。

もし、最近恋をしていないな、と思う人がいたら「学校」に行ってみてください。
例えば女性であれば、社会人のビジネススクールなどがオススメです。
出来る男達が一杯いますし、前向きに仕事にも取り組んでいるはずですから。

男性であれば、英会話スクール等がオススメです。
未来の自分のスキルを身につけつつ、人とのコミュニケーションを大事にする女性が一杯います。
英会話、という形ではありますが、女性と会話をする機会が自然とできていますから。

努力というストレスは恋に前向きに作用しますし、学校に行くとどこかで学ぶことに寄る「達成感」も得られます。
そして、その達成感を異性と一緒に得ることが出来るとそこに恋が生まれます。
学生の方は学校生活を大事に過ごしてください。
社会人の方は、もう一度学校に行ってみようかな、と考えてみましょう。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

君は一人でも生きていけるね

サトシ:「別れよう」
ミカ:「なんで、別れるのなんていや」
サトシ:「君は一人でも生きていけるよね。僕は必要とされていないみたいだから・・・」
ミカ:「そんな・・・」


■よくあるケース

しっかり者の女性が男性に振られるパターンとして「僕は必要とされていないみたいだし」とか「君は一人でも大丈夫だろうから」といわれるケース、結構多いです。

女性からすると「そんなことで別れるなんて」と思うかもしれません。
しかし、男性はというと結構深刻に考えて別れを切り出しています。


■相手のために

男性は「女性を守りたい、女性に頼られたい」と思う生き物です。
また、女性を守ること、女性に頼られて女性のために行動することによって、男性は自分の存在価値を再認識します。

ゆえに、女性に頼られないと男性は自分の存在価値を認識できなくなり、危機的状況が訪れるのです。
そして、男性は「僕と付き合っていても、何もしてあげられない。それなら別れた方が良いのでは」と考えはじめ、実際に別れまで進んでしまうのです。

■男性に頼ろう

男性は女性に頼られることを望んでいます。
ですので、女性は付き合った男性には「頼る」ことをやってみてください。
辛いときにその気持ちをぶつけてみたり、困ったことを相談して解決してもらったり。
それができていると男性はその女性に対して強い結びつきがある、と感じますから。

あと、「君に僕は必要ないから・・・」と別れを切り出されたときには、思いっきり泣いて「あなたが必要なの!」とすがってみて下さい。
そうすると、男性は「ああ、そうか、気づかなかったけれど僕は必要とされていたんだ」と考えを改めます。

泣いたりすがったりせずに、クールに「そんなことはない、私はあなたを必要としている」と男性に諭そうとすると逆効果になってしまいますので、要注意です!

せっかく大切なパートナーがいて、お互いに好き同士なのだからこそ、別れなんて悲しい出来事は起こさずに済ませたいもの。
自立した女性は、しっかりと男性に頼って、甘えてみて下さいね。


イラスト:林えみこ

織田隼人 |