« 付き合う前の女性の疑問にお答えします | トップページ | 女性と付き合うには時間をかけよう »

細かいところの褒め方

ワタル:「女の子相手には、細かいところを褒めるって聞いたんだけど、それってどうなの?」
マミ:「うん、細かいところを褒められた方がうれしいかな。性格いいね、よりもよく気がつくね、の方がしっかり見てくれているのがわかるもん」
ワタル:「なるほどね、しっかり見ている感じが大事なんだ」


■細かく褒める

女性を褒めるときのコツに『小さなところ』『細かいところ』を褒める、というものがあります。

小さなところとか、細かいところを褒めると女性は「よく気づいてくれた!」と感じてうれしくなります。

(ちなみに、男性相手には「すごいところ」を褒めればいいので、過去の栄光とかを聞いてそれを褒めておけば楽勝です)

では、どうやって小さいところ、細かいところを褒めていけば良いのでしょうか?


■褒めポイントの見つけ方

小さいところ、細かいところの褒めポイントの見つけ方ですが、以下の4つのやり方があります。

(1)外見・持ち物を褒める
「キレイだね」、ではなく「目がキレイ」「髪型が可愛い」というように外見の一部を切り出していくと良い褒め方になります。
また、持ち物や身につけているものは「小さく」なるので、非常に褒めやすいです。
「そのアクセ可愛いね」、とか「指輪が素敵です」というように、細かいところに目を向けると褒めポイントが見つかります。

(2)変化を褒める
前と違うものを見つけたときに褒めると、好印象になります。
「髪型変わったね、可愛いよ」とか「あ、その指輪初めて見るよ、似合っているね」というように外見の変化を見つけると良いです。
変化を見つけるためには観察が必要です。
観察癖の付いている男性は女性にモテるのはこのためです。

(3)行動・動作を褒める
実は一番簡単で誰にでもできるのが、この行動を褒める、という褒め方です。
たとえば、女性から資料を受け取ったときに「資料の渡し方が上品でいいですね」というように相手の行動で「何が褒められるか?」を見つけていくと良いです。
食事の時には、「お箸の持ち方がキレイ」
一緒に歩いているときには、「歩き方がいい」
会話をしているときには、「説明が上手」というように相手の行動をじっくり見ておき、その中で「今、女性は何をやっているのか」という『動作分析』をすると褒めポイントが見つかります。

動作分析はやればやるほどいろんな細かい動作が見えてきます。

(4)考え方を褒める
行動、動作の上位バージョンが、この考え方を褒める、というものです。
相手が「どうしてこういう行動をしたのか」をしっかり考えると深い褒め言葉になります。
団体行動で女性がゆっくり歩いているとき、後方にまだ他の人がいたとしたら「後ろの人が付いてこられるようなスピードを考えて歩いている」はずです。
そこが褒めポイントとなります。
「後ろの人のことまで考えていて、優しいね」というように褒めることができます。

女性の行動の裏側にどんな考えがあるのかを1つ1つ考えて行くと褒めポイントがたくさん見つかります。

ついでに言うと、この考え方を褒めることを何度も実践していくとコミュニケーション能力が自然に上がります。
というのも、相手の考えを常に先回りして考えて行くようになるからです。
相手の考えに合わせて、じゃあどうすれば合意をとれるか、相手が喜ぶのかが見えてくるので、「俺が俺が」ではなく「君のため、我々のため」という思考になり、相手との調整力がアップするからです。

とまあ、細かいところを褒める、といってもいろいろなやり方があります。
4つの方法をやっていけば、いくらでも褒めるところが見つかるはず。
ぜひ、女性を上手に褒めてよりよい関係を作っていって下さい。


イラスト:ムラクモ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2011/07/01 |

« 付き合う前の女性の疑問にお答えします | トップページ | 女性と付き合うには時間をかけよう »