« 女性と付き合うには時間をかけよう | トップページ | モテそうだね、といわれても・・・ »

男性に結婚を決意させる言葉

ユウコ:「ねえねえ、男の人に結婚を決意させる言葉ってないかなぁ」
アケミ:「うーん、ちょっと難しいんじゃないかなぁ。女の人からプロポーズしてよ、なんて言ったら引かれちゃうかもしれないし」
ユウコ:「そうだよねぇ。なにかいい方法ないかなぁ」


■結婚をせかすのはやりづらい

20代後半、30代女性の悩みの1つに『結婚』があります。
男性はそれほど婚期を気にしていません。
というのも、男性は子供を作るリミットをあまり気にしなくても良いからです。

しかし、女性の場合は35歳から高齢出産になり出産リスクも高まります。
ある年齢に来ると女性は男性よりも結婚を強く意識します。

というわけで、女性が結婚を意識し、男性が結婚を意識しない状況が生まれます。
女性は結婚をしたい、男性は結婚について何も考えていない。
それゆえ、女性は男性に結婚を意識してもらうにはどうしたら良いか、という悩みを持ちやすいのです。


■切り出すと引かれる

しかし、女性から男性に結婚の話を切り出すと引かれてしまうことが多いです。
特に引かれやすいパターンが、「親に結婚しろって言われているのだけど・・・」とか「友達が結婚してさ」とかそういう周りを使った言い方です。

男性にしてみるとプレッシャーを与えられているように感じるのです。

では、直球で「結婚しよう!」と女性から伝えるのが良いのかというと、難しいところでそのまま男性が結婚を決意するパターンと、逆に男性が「俺は結婚できないと思うので別れよう」と考えるパターンがあります。


■男性が結婚したい、と思えるには?

では、どうすれば男性との結婚を上手に勧めることができるのでしょうか?
なかなか難しい問題ですが、一番良いのが『男性が結婚したい』と思えるような状況を作ることです。

男性は結婚を意識する際に2つのことを考えます。
・結婚して日常が幸せであるか
・自分(男性)がどん底になったときでも、彼女は付いてきてくれるか?


日常に幸せについては、例えば「料理」などが項目としてあげられます。
いつの時代も男性の胃袋をつかめばそのまま結婚に進むことが多いです。
また、普段二人でいるときにドキドキする幸せもあれば、まったりとした幸せもある。
そんな関係になれれば、日常部分はクリアできるでしょう。

では、『彼がどん底の時にも付いていく』ことを示すにはどうしたら良いのでしょう?
要は、「安定目当て」「お金目当て」じゃなくて、彼となら一生どんなことがあっても一緒にいることができる、ということを伝えれば良いのです。

彼が弱っているときとか忙しいとき、たいてい男性は彼女をかまってあげられなくなります。
そんなときに「どうして私のことかまってくれないの!」と文句を言うのではなく、癒してあげられる女性はたいてい男性と結婚しています。
彼が風邪をひいたときとかに、さっと看病をしてあげたりとか、弱っている男性を支えることで結婚を意識してもらうことが出来ます。

さらに、言葉に出して言うのも良いでしょう。
「たとえ、どん底になっても、あなたが仕事を失っても一緒に楽しい人生を送れるよ」
という言葉を彼に贈れば、彼は「彼女となら一生一緒にやっていける」と思えるようになります。

男性に結婚を意識してもらうには、彼にとって自分は結婚したい女性である、ということを示すのが一番なのです。

結婚したい女性は、彼にとっての幸せをあなたが作れる、ということを示してみてください。
それが結婚に至る一番の近道ですから。


イラスト:はな


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2011/06/17 |

« 女性と付き合うには時間をかけよう | トップページ | モテそうだね、といわれても・・・ »