« 部分的、理由のある謝罪をしよう | トップページ | 告白してもらうには? »

恋に効くギャップって何?

トシオ:「このまえ先輩がさぁ、急に優しくなってときめいてしまったよ」
マナミ:「ああ、ギャップで好きになるってやつね。わかるよ」
トシオ:「やっぱ、ギャップがあると良いよね」
マナミ:「でもそのギャップってどんなのが良いんだろうね。普段しっかりしている人の家に遊びに行ったら汚かったとかだとむしろ醒めそうだし」


■普段と違う姿

普段の態度とちょっと違う。
普段強気な人が弱気になったり、クールな人が照れていたりするとキュンと来ること、ありますよね。
ギャップがあるとそこに人は惚れてしまうことがあります。

とはいえ、ギャップがあれば何でも良いというわけではありません。
今回はそのギャップを詳しく見て行きましょう。

■ギャップは好ましい姿に

ギャップで好きになるパターンには2種類あります。

もともとその相手の人が好きだったパターン。
これは、ギャップを見ることで「僕(私)だけがあの人の秘密の部分を知っている」と思うことにより、より親密な感情がわきます。
このパターンでは、ギャップの内容がどんなものであれ好印象に向かうことが多いです。
あこがれの人の普段見ない姿を見た、という場合に多いです。

2つめは、もともとそれほど興味の無かった人のギャップを見て好きになった、というパターン。
これは、そのギャップを見た人が「自分の好みの要素」を表現されたときに起きます。

姉御肌の女性が、急に弱みを見せた、とかがこのパターンです。
弱みを見せてくれる女性が好みの男性は、この手のギャップに惚れてしまいます。


■なぜ、ギャップがそれほどドキっとするのか

ギャップでドキっとする理由には、次のような心の作用が働くからです。
元々良い印象の人がさらに印象が良くなるより、元々悪い印象の人が良い印象になったときの方が、好感度が上がります。

最初の印象 後の印象 好感度
悪い 良い 1位
良い 良い 2位
悪い 悪い 3位
良い 悪い 4位

つまりギャップって、元々ちょっと悪い印象だった人が、良い印象に変わるから強烈なインパクトが出てすごく好感度が上がる、という現象なのです。

なので、恋に効くギャップって『良い印象に好転するギャップ』とうことが言えます。
逆に、良い印象が悪い印象で塗り替えられるパターンは『恋が醒める』とうパターンですね。

第一印象ってとても大事、と言われますがたとえ失敗しても「ギャップ」の力を使えば恋の可能性は広がるものです。
最初にあったときに変な印象を持たれた場合であっても、良い印象で上書きできればギャップのパワーで好きになってもらうことが出来る、というのが恋の面白いところ。
好きな人が好印象を受けるギャップってどんなものか、一度考えてみましょう。


イラスト:はな


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2011/04/01 |

« 部分的、理由のある謝罪をしよう | トップページ | 告白してもらうには? »