« 出会いシーンでのよくある失敗 | トップページ | 男友達に彼女を紹介する場合 »

男性へ用事を依頼するときに使える3つのコツ

エミ:「ゴミ出し、昨日頼んだよね。今日はやってよね」
トオル:「うるさいなぁ、今やろうとしていたところなんだよ」
エミ:「でも、実際にはまだやってないじゃない」

この後、二人は口論になってしまった。
ケンカするほどのことでもないのに、どうしてこうなってしまったのでしょう?


■彼や夫への依頼方法

彼に用事を依頼して、なぜか急に彼が不機嫌になった。
こんな経験をしたことのある女性は多いのではないでしょうか?
女性に上手に依頼する方法と、男性相手に上手に依頼方法はかなり違っています。
今回は男性相手に上手に依頼する方法を見て行きましょう。

男性に上手に用事を『依頼』するのに、3つのコツがあります。

(1)説明をくどくどしない
女性からすると、男性に用事をお願いした後に嫌そうな顔をされると「納得してもらわなきゃ」と思ってしっかり説明したい気持ちがわいてくると思います。

しかし、男性からするとしっかり説明されればされるほど気分を害するので、男性がやりそうな雰囲気になったら「よろしく!」と言いきってそれで会話を終了させた方が良いです

(2)やりそうなときに後押ししない
男性が用事をやってくれそうなときに、念押しをしない方が良いです。
というのも、念押しをすると「今やろうと思っていたのに」と気分を害することがあります。

受験勉強をやっていたころを思い出して下さい。
親に「勉強しなさい」と言われたら「今やろうと思っていたのに」と反論しつつ、やる気をなくしたこと、ありませんか?
あれと同じ感情が男性にわいてくることになります。

(3)あくまでも「お願い」にして命令にしない
男性はプライドやメンツを重視する生き物です。
ですので、「命令」形式で依頼をすると反発されてしまいます。

男性は上下関係が明確に出来ている場合、命令を正しく実行します。
しかし、恋人とか夫婦の場合には上下関係が無い状態ですので、「お願い」という形で依頼した方が良いです。

間違っても「これ、やっといてよ」というような依頼はしないようにしましょう。
「○○をお願いしちゃうね」という感じで依頼をしましょう。

これらの3つのコツを使えば、男性は多くのことを引き受けてくれます。
用事をお願いする時って、相手に気持ちよく引き受けてもらうのが一番です。
それが結局自分も気分良くなる秘訣ですので、上手に男性にお願い事をしちゃいましょう。


イラスト:ににこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2011/04/22 |

« 出会いシーンでのよくある失敗 | トップページ | 男友達に彼女を紹介する場合 »