« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

告白してもらうには?

トモミ:「やっと彼ができたよ!」
ユキ:「それはよかったね!告白、されたの?」
トモミ:「それが、なかなか告白してくれなくて私からしちゃった」
ユキ:「このまえまで、告白されるまでまつっていってたのにね(笑)」
トモミ:「最近の男子はなかなか告白しれくれないからね。まあ付き合えたからいいっか」


■告白してもらいたい

最近、男性から女性に告白するケースが徐々に減ってきました。
とはいえ、女心としては男性に告白してもらいたいもの。

告白してもらうことが楽だから、と言う意味も確かにありますが、それ以上に告白されたときに「こんなに好きな気持ちでいてくれているんだ」と感じられるからです。

では、どうしたら男性に告白してもらえるのでしょう?

■告白しない男性の心理

男性が告白しない理由は2つあります。

1つめは告白にはリスクがあるから。
今まで順調にデートをしていたとしても、告白して断られたら二人の関係はそこで終了です。
付き合いの確率を上げるには、告白するよりも二人の関係をすすめてしまった方が、また告白されるのを待った方がリスクは減ります。

2つめは恥ずかしいからです。
男性は感情表現が苦手です。
特に「好き」というのは相当恥ずかしい行為です。
なので、女性に先に行ってもらいたい、その返しで「好き」と言うなら恥ずかしくない、と考えます。

この2つの要因を乗り越えてもらいましょう。


■リスクを減らし、壁を作る

まず、男性の告白に対するリスクを下げて上げると男性は告白しやすくなります。
『告白して断られるのが問題』と男性はとらえているので『告白してくれたら絶対に断らない』ということを男性に伝えておくと良いでしょう。

次のように男性に行っておくと、男性の告白リスクを無くせます。
「もし、告白されたら絶対にOKしちゃうな」
「○○君に告白されたら付き合っちゃうな」

あともう1つ。
男性の恥ずかしさを乗り越えてもらう必要もあります。
そのためには、恥ずかしさを乗り越えることに「意味がある」ことを理解してもらうと良いでしょう。

例えば、手をつなぐのはOKだけれど、キスは告白をされてから、付き合ってからにする。
このように決めておくと男性が告白する意味を見いだします。

例えば、キスを迫られたときに「私、告白されてからじゃないとキスできない」と伝えます。
そうすると、男性は告白を決意します。
顔を近づけてキスのムードを作ったうえで上記の台詞をいう、という上級技なども有効です。

告白は結構大変なもの。
なので、告白を誘うのももちろん大変なことで恥ずかしいこともあったりします。
でも、せっかくですので男性には告白してもらいましょう。


イラスト:ににこ

織田隼人 |

批判したがる理由は?

ユミ:「映画、おもしろかったね」
トモキ:「でもさあ、宇宙では音は伝わらないよね。あの設定は変じゃないかな」
ユミ:「え、おもしろくなかったの?」
トモキ:「え、おもしろかったよ」


■批評は何のため?

映画でも、ドラマでも、スポーツでも、政治でも。
男性って何かにつけて「批評」とか「評論」をしたがりますよね。

女性からすると「素直におもしろいなら、おもしろいっていえばいいのに」と思うかもしれません。
しかし、男性が批評や評論をするのには訳があります。

男性は、批評や評論をしながら「理解」をしようとするのです。

女性も悩み相談をしながら自分の考えを整理したりしますよね。
あれと似ているのですが、男性の場合は自分の体験を批評や評論という形で整理して、「教訓」という形で自分のノウハウとして残します。

■男同士だと

男性が批評をする場合、男同士だと「男の空気」を読むことができるので、楽しく批評のやり合いができます。
批評のやりとりをしあうことでお互いに理解が進んでいく、という流れになっています。
理解が進む、ということは気持ちの良いことでもありますので男性同士だと楽しく批評が進みます。

女性が男性のこの批評に乗り出す場合には、批評返しをするのはちょっと難しいです。
男性的な空気を読み間違えると「批評」が喧嘩腰になっていくこともありますので。

ですから、男性の批評に話を合わせる場合「つまり、これてこういうこと言いたいの?」というように批評の中身を整理していってあげると良いでしょう。
男性の頭の中が整理されると男性は楽しく会話ができたと思いますので。

もちろん、男性は女性はあまり批評が好きじゃない、ということも理解して「批評」より「共感」をするように心がけましょうね。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

脈が気になるときには

エリ:「気になる人がいるんだけどさ、私が他の男子としゃべっていると、どうも嫉妬している風なんだよね。これって脈アリかなぁ」
マミ:「それ、絶対脈アリだよ!」
エリ:「そうかな、えへへ」
マミ:「でもさぁ、どうしたら進展するんだろうね」
エリ:「うん、脈があっても進展するかどうかは別だもんね」

■恋をしたときの思考

男性は好みの女性が現れたときに「どうやったら付き合えるんだろうか」と付き合うための方法を考えることが多いです。

脈のあり/なし、も気にはしますが、それ以上に「どうすれば」と言うことを考えるので恋をすると行動的になります。

女性は好みの男性が現れたときに「脈アリなのか」ということを気にし始めます。

ここでちょっと問題が出て来ます。

■脈の判断は付かない!?

『脈のあり/なし』を気にている段階はたいてい『恋愛が発展するかしないかわからない状態』です。
もう一押しすれば脈アリ、脈無しが完全にわかるときにこそ脈が気になっています。

人は、たくさん接触してくれる人に好意を抱きますし、優しくしてくれる人に好意を抱きます。
脈が気になる相手には、もう少し距離を近づけてみて、そして会話をする。
そうすると自然に恋が発展していきます。
脈を気にして行動するか悩むよりも、『脈を作る』という気持ちで前向きに行動した方が恋は発展しやすいのです。

『脈のあり/なし』が気になったときこそ、前向きに行動して恋を作る。
消極的な恋よりも、積極的な恋にして下さいね。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

会話に困ったときには

ユウコ:「初対面の人と話す時って、すぐに会話が途切れちゃうんだよねー」
ワタル:「それ、わかるよ。俺もどんなネタを振ればいいのか悩んじゃうんだよね」
ユウコ:「そうなのよー。どんな話をしたらいいのかなぁ」


■無難な会話

初対面とか、出会って間もない状況で会話を盛り上げるというのは結構大変なものです。
最初から共通の背景とか、共通の趣味とかがあればそれだけでなんとかなるものですが、それすら探り合いの時、さらには会話のネタがないときには次の言葉を思い出して下さい。

木戸に立てかけし衣食住(きどにたてかけし衣食住)

季節 寒い、とか暑いとか。
紅葉とか雪景色など。
道楽、趣味 趣味は聞けば聞くほど話が広がっていきます
ニュース 最近の出来事にはみんなが興味を持っているものです
旅、旅行 過去に旅行に行った話などを聞くと色々話してくれます
天気 季節と同じで、今日の天候も共感が得られやすいです
家族 自分の家族の話から切り出していくと、相手も話してくれやすくなります
健康 ダイエットや美容なども話のネタになります
自分がやっているダイエットなどを切り出してから相手の話を聞きましょう
仕事 相手の苦労話を聞き始めると、いくらでも話してくれることが多いです。
衣服、ファッション 相手の洋服やファッションを褒めるところから話のキッカケができます
食事 女性向けにはおいしいレストランやスイーツ。
男性向けにはB級グルメが鉄板です。
住む 住んでいる場所とか、ライフスタイルなどを聞き出していきましょう

とにかく、この『木戸に立てかけし衣食住』を使うと、話のキッカケはできることになります。

■深めていこう

さて、話のキッカケができた後は『話を深めていくこと』がなにより重要です。
話の内容が深くなり、よりローカルネタになればなるほど面白くなりますし、心の交流が生まれるからです。

話を深めるためのコツは『相手の話に興味を持つ』ことです。
「もっと知りたい」とか「なんでこれをやっているの」というように思いながら会話をあわせていくと、どんどん聞くことが増えていきます。

相手の話に興味を持つと知らないことでも「知りたい!」という気持ちがわいてきて「それ、もう少し詳しく教えて下さい」といえてしまうものです。
そして、相手はうれしくなってどんどん話してくれます。

まずは、話のきっかけを作り、そしてその話を深掘りしていく。
こうして会話が上手く成立していきます。
上手にきっかけを作って、そして興味を持って話を聞き出していってくださいませ。


イラスト:林えみこ

織田隼人 |