« ATMにはなりたくない | トップページ | 昔の彼女は良い思い出 »

忘れるまでに3年

トシオ:「俺、もうダメかも」
サトシ:「ああ、彼女にフラれたんだったよな。大丈夫だってそのうち立ち直れるから」
トシオ:「そんな簡単に気持ちは整理できないよ」
サトシ:「じゃあ、コンパ設定しようと思っていたんだけど、やめておくか」
トシオ:「いや、それとこれとは話が別。コンパ、よろしく」

サトシさんはフラれたショックから、いつ立ち直るのでしょう?


■1週間、1ヶ月、半年、3年

男性は彼女と別れたとき、その女性のことが本当に好きだったのなら、なかなか忘れることができません。
実際に、元カノの携帯番号とかメールアドレスをなかなか消さない男性も多いです。

男性が別れてからどんなステップで次の恋に向かうのかみていきましょう。

(1)別れて1週間
別れたすぐあとというのは少なからずショックを受けています。
数日から1週間くらいの間はショックで立ち直れない場合がありますが、その時期を超えると別の考えが湧いてきます。
「彼女いないってことはフリーなんだ。だから遊んでみよう」という一種自暴自棄ながら活動的な意識が生まれてきます。

(2)別れて1ヶ月から半年
別れた傷は言えないままですが、活動的にもなります。
コンパにいったり友達に「フリーになったから、女友達紹介してよ」と言ったりします。

この時期に次の彼女ができること、結構多いです。
人は凹んでいる状況だと比較的であった人がよく見えます。
つまり、恋に落ちやすい状況になっているのです。

(3)半年から3年
心におった傷が徐々に癒てきます。
心の傷が「思い出」に変わってくる段階です。

2年、3年くらい経つと元カノのことが完全に「思い出」化するので、出会ったり電話がかかったりしない限り動揺することもなくなります。
元カノの携帯番号とかメールアドレスを削除していいかな、と男性が思い始めるのもだいたい2年、3年経ったくらいです。

■意外に時間がかかる

男性が本気の恋をしてから立ち直るのにはだいたいこれくらい長い時間がかかります。
とはいえ、考え方を変えると男性は「1週間」で失恋の応急手当は終わる、ということも言えます。
全快するには時間がかかるのですが、全快しなくても十分ある程度の心の復活は果たします。

恋の病は時間だけしか薬がない、と言われたりするものですが、逆にいえば時間は本当に良い失恋の薬になってくれます。

失恋した男性は、時間が解決してくれるんだ、と前向きに行動してみてください。
あと、失恋が完全に癒えなくても新しい彼女はできます。
ですので、沈んでいる気持ちがあっても、少し外にでて新たな出会いも探してみましょう。
失恋は、新しく出会う異性が素敵に見えるという、一種の恋のチャンスでもあるのですから。


イラスト:ににこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2011/02/18 |

« ATMにはなりたくない | トップページ | 昔の彼女は良い思い出 »