« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

ATMにはなりたくない

マモル:「男って損してるなって思うんだよね。結婚して奥さんのATMになるだけの人、多いし」
ユミ:「そんな風に思っている女の人ばっかりじゃないよ。だからもっと前向きになりなって」
マモル:「でもさぁ、実際にATM扱いされている人を見たら、ね」


■愛情が感じづらい男性

男女平等が進んだと言っても、まだまだ男性が女性に投資をする側であることが多いです。
食事をするときには、男性が多めに支払をする。
クリスマスプレゼントは男性が女性に渡す。
デートの場所も男性がメインで決める。

なんだかんだいっても、男性は女性にお金も時間も労力も投資しています。
そのため、女性は比較的男性の愛情を感じやすい環境にいます。
自分に投資してくれる男性には「私のことを好きでいてくれている」とすぐにわかる、というわけです。

■ATM扱い?

ところが、男性は女性の愛情を「投資」という形で感じる環境にはいません。
投資するのはどちらかというと男性。
だから、男性は女性に比べて相手からの愛情を少し感じにくい立場にいるのです。

結婚を躊躇する男性が多いのも、このことが関係しています。
結婚をするには、お互いに「愛情」を感じあえている関係になっていることが大事と、男性も考えます。

しかし、男性は女性ほどは愛情を感じる状況にいない。
だから、「この愛は本当に続くのだろうか、俺はただ利用されているだけではないだろうか」という不安が生まれてくるのです。
「俺の給料が目的なだけでは」とか「結婚して俺はただのATM扱いされるのでは」という不安を男性は持っています。

こうして、男性は結婚に慎重になります。


■愛情をしっかり見せる

男性はどうしても投資をする側になりやすく、女性が男性に投資をする機会って少なくなると思います。
ですので、投資という形で愛情を示すのではなく、別の形でわかりやすい愛情を示すと、男性は「本物の愛」を信じることができます。

たとえば、男性が弱っているときに支える。
多くの女性は仕事で忙しい男性に「どうしてメールくれなかったの」とか責めてしまいますが、こういうときにも「大変よね。当面は返事いらないよ。でも私からは癒し系メールを送ってあげるね」という対応をしていると、男性は「彼女の愛は本物で俺を支えようとしてくれている」と感じて、生涯のパートナーであると確信します。

結構多くの男性は愛情に多少不安があってもクチに出さないもの。
でも、男性は愛情を感じにくい立場にいるので、どこかのタイミングで是非男性を支えることで愛情を示してみて下さい。
そうすると、二人の絆を強めてくれるはずですから。


イラスト:はな

織田隼人 |

忘れるまでに3年

トシオ:「俺、もうダメかも」
サトシ:「ああ、彼女にフラれたんだったよな。大丈夫だってそのうち立ち直れるから」
トシオ:「そんな簡単に気持ちは整理できないよ」
サトシ:「じゃあ、コンパ設定しようと思っていたんだけど、やめておくか」
トシオ:「いや、それとこれとは話が別。コンパ、よろしく」

サトシさんはフラれたショックから、いつ立ち直るのでしょう?


■1週間、1ヶ月、半年、3年

男性は彼女と別れたとき、その女性のことが本当に好きだったのなら、なかなか忘れることができません。
実際に、元カノの携帯番号とかメールアドレスをなかなか消さない男性も多いです。

男性が別れてからどんなステップで次の恋に向かうのかみていきましょう。

(1)別れて1週間
別れたすぐあとというのは少なからずショックを受けています。
数日から1週間くらいの間はショックで立ち直れない場合がありますが、その時期を超えると別の考えが湧いてきます。
「彼女いないってことはフリーなんだ。だから遊んでみよう」という一種自暴自棄ながら活動的な意識が生まれてきます。

(2)別れて1ヶ月から半年
別れた傷は言えないままですが、活動的にもなります。
コンパにいったり友達に「フリーになったから、女友達紹介してよ」と言ったりします。

この時期に次の彼女ができること、結構多いです。
人は凹んでいる状況だと比較的であった人がよく見えます。
つまり、恋に落ちやすい状況になっているのです。

(3)半年から3年
心におった傷が徐々に癒てきます。
心の傷が「思い出」に変わってくる段階です。

2年、3年くらい経つと元カノのことが完全に「思い出」化するので、出会ったり電話がかかったりしない限り動揺することもなくなります。
元カノの携帯番号とかメールアドレスを削除していいかな、と男性が思い始めるのもだいたい2年、3年経ったくらいです。

■意外に時間がかかる

男性が本気の恋をしてから立ち直るのにはだいたいこれくらい長い時間がかかります。
とはいえ、考え方を変えると男性は「1週間」で失恋の応急手当は終わる、ということも言えます。
全快するには時間がかかるのですが、全快しなくても十分ある程度の心の復活は果たします。

恋の病は時間だけしか薬がない、と言われたりするものですが、逆にいえば時間は本当に良い失恋の薬になってくれます。

失恋した男性は、時間が解決してくれるんだ、と前向きに行動してみてください。
あと、失恋が完全に癒えなくても新しい彼女はできます。
ですので、沈んでいる気持ちがあっても、少し外にでて新たな出会いも探してみましょう。
失恋は、新しく出会う異性が素敵に見えるという、一種の恋のチャンスでもあるのですから。


イラスト:ににこ

織田隼人 |

昔の彼女は良い思い出

サトミ:「私の彼ね、まだ元カノのことを引きずっているみたいなの」
ユウジ:「ああ、まあそれは仕方ないかもね。でも、今付き合っているのは君なんでしょ」
サトミ:「そう、私が一番って言ってくれるんだけど、たまになんか思い出しているみたいなんだよね」
ユウジ:「それくらいなら大丈夫だよ、自信持ちなよ」

どうして男性は昔の恋を引きずるのでしょうか?


■今までの彼女

女性は「昔の恋は上書き保存」
男性は「昔の恋は名前を付けて保存」
このようなことをよく言われます。

実際のところ、女性は今の彼か前の彼、誰か一人のことを強く思っていることが多いです。
ところが男性は、昔の恋愛についてどれもが強い思い出になっています。
男性が、昔の恋を引きずる理由には生物として子孫を残そうとする本能の部分が関係しています。。

女性が産んだ子供は確実に自分の子供です。
また、女性が子供を産むときには約1年かけて、だいたい1人です。
なので、できる限り「自分に尽くしてくれる」「生きていく力が強い」男性1人を選びます。
女性が元彼のことを嫌いになることが多いのは、1人で十分だからです。

さて、男性はパートナーの産んだ子供が自分の子供である保証はありません。
ですが、体の関係を持てばそれだけ子孫を残せる可能性が増えます。
男性の場合、「ばらまく」ことができればそれだけ子孫を残せる可能性が上がります。
なので、複数の女性に目が行くようにできているのです。

昔の彼女のことが気になるのは、男性の性質として仕方がないことなのです。

■そんなにひどくはない

とはいえ、昔の彼女に未練たらたらな男性ばかりかというと、そうでもありません。
どちらかというと、次のような感覚の男性が多いです。

「元カノのことは嫌いじゃない良い思い出。でも今の彼女はもっと好き」

あまり女性が深く悩む問題でもなかったりします。
たいてい、元カノは男性の中でよい思い出になっているだけなのですから。

あと、別の話になりますが、婚活をしている人は昔自分のことを好きと言ってくれた男性に再度会っていると良いかもしれません。
元彼でも良いです。
今その男性がフリーだったら、再度付き合える可能性があります。
男性にとって、昔の彼女はたいてい良い思い出になっていますから。
新しい出会いを作るより成功する可能性が高いです。

男性にとって、昔の彼女は良い思い出。
今まで生きてきた中で得た「勲章」のような存在なのです。


イラスト:上田 城

織田隼人 |