« 昔の彼女は良い思い出 | トップページ | 男性に用事をさせるには »

やっぱり胸の大きな女の子が好きなの

ユキ:「やっぱり、男子って胸の大きな子が好きなの?」
ワタル:「え、、た、確かに胸が大きいと惹かれるところ、があるなぁ、うん」
ユキ:「サイテー。やっぱそいういう目で女子を見てるんだ」
ワタル:「ちょ、ちょっと、じゃあ俺はどう答えれば良かったんだよーーー」


■色気を感じるところ

男性に「女性の色気を感じるところは?」と聞いてみると「胸」とか「おしり」とか「足」とかもちろん「顔」とかそういう回答が返って来ます。

女性に「男性の色気を感じるところは?」と聞いてみると同じように「胸板」とか「おしり(引き締まったおしり)」とか「腕」とか「のど仏」とか返って来ます。

異性の色気について、全体として共通していることは、「自分(同性)に持っていない部分」に色気を感じる、というところです。


■意外な部分に色気が

さて、この色気についてですが、意外な内容が結構多いです。

たとえば、男性は「おしりの大きな女性」を好む傾向があります。
女性はというと、自分のおしりは小さい方がよい、と考えることが多いようです。

女性は男性の、のど仏とか手や腕に浮き出た血管に色気を感じたりします。
男性からは全く理解ができないところだったりします。

女性のキレイなうなじに色気を感じる男性は多いですが、これまた女性にはわかりづらいところです。
(男性の首は太くゴツイ傾向があるので、細い首が見えると色気を感じるのでしょう)

他にも、いろいろと色気を感じるところがあるでしょうから、ぜひ異性としゃべる機会があったら「みんなはどんなところに色気を感じるのか」という内容で談義して見てください。
きっと盛り上がりますし、勉強になりますよ。

■色気ポイントは1つダメでも他のでカバー可能

さて、色気については男女ともに劣等感を抱きやすい部分でもあります。
たとえば、女性は胸の大きい小さいなどで劣等感を抱くことがあります。

しかし、色気について、劣等感をいだく必要はありません。
なぜなら、色気というのは「プラス要素」で考えられるものだからです。

胸のない女性が劣等感をいだいていたとして、でも男性からはそれで「嫌いになる」ということはありません。
好きになるきっかけが一つ減っているだけです。
目がキレイだったり、うなじがキレイだったり、そういった別の特性で十分カバーで来てしまいます。

男性も筋肉などで劣等感を感じるケースがあります。
これも、別の要素があれば十分カバーできます。

色気は「プラス要素」ということを覚えておいて、自分なりの色気がどこにあるのかを考えてそこを伸ばして行けば十分以上に異性から魅力的と見てもらえます。

「自分のここが、ああだったら」とか悩む必要はありません。
だって、他に色気を出せる部分があるのですから。
それで悩むよりも、自分なりの色気を探していってくださいませ。


イラスト:ムラクモ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2011/01/28 |

« 昔の彼女は良い思い出 | トップページ | 男性に用事をさせるには »