« 優しさと、優柔不断の違い | トップページ | 別れた後の立ち直り方 »

思春期になるとお父さんは娘に嫌われる運命

トオル:「ただいまー」
サトミ:「おかえりー。まずはシャツを私に渡すといいよ」

トオルとサトミは新婚夫婦。

サトミ:「やっぱ、トオルの匂い(におい)はいいねぇ。くんかくんか」
トオル:「男のシャツの匂いの何がいいんだか」


■匂いに敏感

女性は男性に比べて、相手の顔やスタイルをそれほど気にしない、と言われています。
「美女と野獣」のカップルが多いのも女性が男性の顔やスタイルをそれほど気にしないという理由があるからでしょう。

しかし、女性が男性以上に気にするポイントがあります。それが匂いです。

思春期になると、女性は同族異性の匂いが嫌いになります。
だから、父親の匂いを避けたり、「お父さんの下着と一緒に洗わないで」という悲しい言葉を言ったりします。

反対に外国人などは匂いの質がまったく違うので強烈に惹かれたりします。
他にも、付き合っている彼に「くんかくんか」と匂いをかいだりする女性も多いです。
特にワキの汗からはフェロモンの香りがするので、彼のワキやシャツが好物の人もいます。
このように、匂いは恋愛において重要な要素となるのです。

■自分の匂いをチェックしよう

匂いというのは、人によって違う物を持っています。
また、生活習慣によっても変わってきます。
女性の匂いの好みも様々です。
(同族間の恋愛を繰り返すと種が衰退するので違う種の匂いに惹かれる事が多いため)

スポーツマンの人であれば、日々の食生活も良いし、肉体も動かしているので魅力的な香り(いわゆる男らしい香り)になることが多いようです。
ですが、普段あまり動かない人や、デスクワーク中心の人などは、少し匂いを気にしてみるとよいかもしれません。
動かない生活を送っている人は「無臭」に近づいていくでしょうから、すこし香水を使ったりすると魅力が増したりします。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2010/05/21 |

« 優しさと、優柔不断の違い | トップページ | 別れた後の立ち直り方 »