« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

優しさと、優柔不断の違い

タケル:「どんな男がモテるのかなぁ」
トモミ:「うーん、優しい男の人だったらモテると思うよ」
タケル:「俺、よく優しいとは言われるんだけど、でも振られてばっかりなんだよ」
トモミ:「たぶん、それって優しいんじゃなくて自分に自信がないだけなんだよ」
タケル:(うわぁ、久しぶりにざっくり傷ついたよ・・・)


■優しさ的な聞き方

 

デートの時などに女性に「あのお店でいい?」というように確認をとることは「あのお店に行くよ」というよりも印象が良くなります。

というのも、女性からすると「一緒に決めさせてもらっている」という感覚が生まれるからです。
なので、「確認をとってくれる男性は優しい」と女性は思うことになります。
なにか二人で行動するときには、(例え結論が一緒でも)女性に確認をとると好印象です。

レストラン選び、デートスポット選び、休憩場所選びなど、女性に「これでいい?」と聞いていくようにしましょう。
もちろん、「どこに行きたい?」とかそういう曖昧な質問ではなく、「あの店にする?それともこの店にする?」という具体的な項目を挙げて聞いてみてください。


■楽しさは聞いてはいけない

さて、女性に確認をとるのがよい、ということを理解している男性も多いのですが、中には間違った聞き方をしている男性もいます。
それが「感情の確認」です。

女性に対して「今日の二人のデート、楽しい?」とか「面白い?」というようにわざわざ確認をすると、女性はうんざりしていくことになります。
というのも、それを聞くと女性は「私のご機嫌伺いをしているオドオドした男性」という印象を抱くからです。

たのしいか?、うれしいか?、面白いか?、といったことは女性に聞かないようにしましょう。

201005081

 

なにより、楽しいかどうかはより、まず「自分が楽しめているかを」女性に伝えた方がよいでしょう。
自分から「今日のデート、楽しいね」という感じで女性に言ってみて下さい。
女性も相手が楽しめているのかを気にしているはず。
男性が楽しんでいるのがわかったら、女性も気兼ねなく楽しむことが出来ますから。

 

優しさから出る質問と、自信のなさから出る質問の違いを女性はしっかり見抜いています。
その違い、男性も理解しておくようにしましょう。


イラスト:ムラクモ

 

織田隼人 |

思春期になるとお父さんは娘に嫌われる運命

トオル:「ただいまー」
サトミ:「おかえりー。まずはシャツを私に渡すといいよ」

トオルとサトミは新婚夫婦。

サトミ:「やっぱ、トオルの匂い(におい)はいいねぇ」
トオル:「男のシャツの匂いの何がいいんだか」


■匂いに敏感

 

女性は男性に比べて、相手の顔やスタイルをそれほど気にしない、と言われています。
「美女と野獣」のカップルが多いのも女性が男性の顔やスタイルをそれほど気にしないという理由があるからでしょう。

しかし、女性が男性以上に気にするポイントがあります。それが匂いです。

思春期になると、女性は同族異性の匂いが嫌いになります。
だから、父親の匂いを避けたり、「お父さんの下着と一緒に洗わないで」という悲しい言葉を言ったりします。

 

反対に外国人などは匂いの質がまったく違うので強烈に惹かれたりします。
他にも、付き合っている彼に「くんかくんか」と匂いをかいだりする女性も多いです。
特にワキの汗からはフェロモンの香りがするので、彼のワキやシャツが好物の人もいます。
このように、匂いは恋愛において重要な要素となるのです。

201004231

 

■自分の匂いをチェックしよう

 

匂いというのは、人によって違う物を持っています。
また、生活習慣によっても変わってきます。
女性の匂いの好みも様々です。
(同族間の恋愛を繰り返すと種が衰退するので違う種の匂いに惹かれる事が多いため)

 

スポーツマンの人であれば、日々の食生活も良いし、肉体も動かしているので魅力的な香り(いわゆる男らしい香り)になることが多いようです。
ですが、普段あまり動かない人や、デスクワーク中心の人などは、少し匂いを気にしてみるとよいかもしれません。
動かない生活を送っている人は「無臭」に近づいていくでしょうから、すこし香水を使ったりすると魅力が増したりします。


イラスト:上田 城

 

 

織田隼人 |

別れた後の立ち直り方

タケル:「俺、彼女と別れたんだ。だから合コンとかセッティングできない?」
ケイコ:「別れてすぐにそんな元気が出るんだ。すごいね。そういうことなら可愛い子を紹介するよ」
タケル:「ヘコんでばかりもいられないからね、期待してるよ」


■別れた後の態度

 

恋人と別れた後は、傷ついた心をどうにかして癒そうとする心のメカニズムが働きます。
恋人と別れた後の癒しのメカニズムですが、男性と女性とでは違っています。

 

男性は別れた後、「次の彼女を捜そう」とがんばることで傷を癒そうとする傾向があり、
女性は別れた後、「前の彼氏は嫌なやつだった」といったん元彼を否定することで傷を癒そうとする傾向があります。

 

よく、「男は名前を付けて保存」「女は上書き保存」と言われますが、まさにこのことを示しています。

 

男性は過去付き合った女性を嫌いになるのではなく、ただ新しい女性に目を向ける。
女性は過去の男性をいったん打ち消してから、次の男性に目を向けるのです。

 

201004161

 

■仲直りのタイミングは?

 

別れた後に、上手く復縁するためには上記の心理の違いを知っておく必要があります。
女性が男性と復縁する場合には、半年程度時間を空けた方が上手くいきます。
(時間をおけば、別れたときの嫌な気持ちも忘れますし)

 

男性が女性と復縁する場合には、1ヶ月から2ヶ月程度の時間しか空けない方がよいでしょう。
それ以上時間を空けてしまうと、女性は元彼と「もう付き合いたくない」と考えてしまうからです。

 

そもそも別れに発展させないのが一番ですが、別れた後の対処法も知っておけば「終わった後のチャンス」をつかむことができます。


イラスト:林えみこ

 

織田隼人 |

暗さを利用してムードを作ろう

ユミ:「えへへっ、ついに彼氏出来ちゃった」
サトミ:「そうなんだー。うらやましいなぁ。もうキスはした?」
ユミ:「それが、まだなんだよね。彼氏、奥手らしくて」
サトミ:「そういうのって、女からは言い出しづらいもんね」


■ムード作りの基本

恋愛にとって大切な要素の1つが『ムード』です。
お互いに好き同士であっても、次の段階(たとえば、キスをするなど)に進むときには、ムードが必要不可欠です。

その、ムード作りに欠かせないのが『暗いところ』です。
光が遮断されることによって、ムードが作られていくのです。


■暗いところの効用

人は暗いところに行くと、自然とムードが出来上がります。
暗いところでは、近くにいる人以外の存在が希薄になるため、『二人きりの空間』が演出できます。

 

例えば、バーやレストラン、公園や海辺などでも、明るいところだと他の人が気になりますが、暗いところだと他の人が気にならなくなります。

 

201004091

 

■ふれあいたくなる心理

 

さらに、暗いところに行くと人は『誰かとふれあいたい』という気持ちが高まります。

 

昼の明るいところと違って、見えるものが減ることにより、寂しさを感じ、それが一種のムードとなり、人とふれあいたくなるのです。

 

ですので、初めて手をつなぐとき、キスをするとき、抱きしめるときには、是非暗いところでムードを作ってから臨んで下さい。

 

特に男性は『初めてのキスはいつ、どこで?』と事前に考えているもの。
デートのプランの中に、夜の海辺、とか夜景を見ながら、とかしっかりと事前に組み込んでおきましょう。


イラスト:ににこ

 

織田隼人 |