« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

久しぶりに女性と会ったときの会話術

ナオコ:「ひさしぶり~、元気してた?」
トモミ:「うん、元気だったよ、ホント久しぶりだよね~」
ナオコ:「私ね、ずっと忙しくて。そうそう、テニスを始めたんだよ」
トモミ:「へぇー、そうなんだ~」

久しぶりにあった二人。
最初はぎこちなかったけれど、1時間後には昔のような仲良しテンションで話しているのであった。


■今までのプロセスの共有

久しぶりの友人に会ったとき。
男性同士であればすぐに打ち解けあえますが、女性同士の場合には打ち解けるまでに少し時間がかかります。
女性は人付き合いでは『連続性』を重視するからです。

相手がこれまでどのように考えてきて、そして今どう考えているか。
こういうことをベースに女性は相手の感情を読み取ります。

ですので、過去から現在にかけての情報がない相手と話すとき、女性は緊張してしまうのです。

男性同士は連続性はあまり気にせず『昔、仲が良かった』という事実だけで安心して話すのですけどね。

■関係が復活するまで

そんな女性相手との『絆』を元に戻す方法ですが、一番良いのがお互いにこれまであった出来事を伝え合うことです。

新しく始めたことがあったらその報告、恋をしたのであればそれを伝える。
もちろん、相手の報告も聞く。
こうして以前あったときから、現在までの連続性を言葉で補完することによって、相手の女性は安心して話すことが出来るようになります。

女性同士ならこのことを理解していることが多いのですが、男性はそれを理解していないことが多いので、久しぶりにあった女性に対応する時には『これまでの出来事を話すこと』を思い出して下さい。

男性相手に比べれば時間は少しかかりますが、この手順を1つ踏むだけで二人の関係は復活します。
同窓会や、旧友が集まる会に行くとき、自分のこれまであったことを整理して話しやすいようにしておきましょう。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

異性相手での座り方を考えてみよう

ミホ:「男の人と話すのって緊張するんだよね~」
トオル:「はいはい、俺は男の対象外ですよ、と。それはともかく、向かい合って女の子と話すと俺も緊張するなぁ」
ミホ:「そうだよねー。どうしたらいいのかなぁ」


■安定して良いパターン

前回は同性同士での座り方について見てきました。
今回は恋愛対象となる異性相手の座り方、立ち位置について見ていきましょう。

異性相手の座り方、立ち位置で安定して良いのは横に並び会った状態です。

例えば、ナンパをする男性などは女性に話しかけるとき、斜め後ろくらいから話しかけることが多いです。
向かい合って話すと異性相手には『緊張感』が生まれるため、会話の難易度が上がってしまうのです。

異性相手の場合、目をじっと合わせると妙に相手を意識してしまうので、上手に話せなくなったりすることが多いのです。

デートでカウンター式のバーがオススメなのも、隣に座りあえるからです。
横に並んでいる状態では二人の物理的距離も近いので、心理的距離も近くに感じる効果があります。

■向かい合ってが効果的なパターン

とはいえ、向かい合って話すのが効果的なパターンもあります。
それはお互いに少しずつ恋愛を意識してきたときです。
また、向かい合って話すときには「立った状態」で話すようにしましょう。

座っている状態で向かい合う場合、たいていテーブル越しの会話になります。
テーブル越しでは物理的距離が離れるため、二人の心の距離も遠くに感じてしまいます。
立った状態だと、二人の物理的距離が近くなるので、心理的距離も近づいたような気持ちになります。

ポイントは、二人が目を合わせる時間です。
目を合わせている時間がお互いに長くなればなるほど恋の気持ちが盛り上がります。
ですので、デートを1度か2度か行った後、向かい合って話す時間を作ってみると良いでしょう。

雑貨屋さんなどに行って、面白いもの、かわいいモノを見つけたときに向かい合うようにして話すと良いキッカケになることがあります。

同性相手の場合と、異性相手の場合ではお互いの良好な関係を築ける位置が変わってきます。
ちょっと注意して立ち位置、座り位置を変えてみると上手く恋が発展する可能性が上がりますよ。


イラスト:うさこ

織田隼人 |

同性同士での座り方に気をつけてみよう

ヒロシ:「すごいことわかったよ」
ナオミ:「なになに、どうしたの?」
ヒロシ:「女同士で食事するときって、ほとんどが向かい合ってるんだよ」
ナオミ:「え、男の人はそうじゃないの?」
ヒロシ:「向かい合うこともあるけど、横に並んで食事のことも多いんだよね」


■男女の位置関係

 

男性と女性とで、『同性同士』の話しやすい方向が違います。

 

男性同士で話すとき、話しやすいのは『横並び』または『斜め方向』です。
男性が向かい合って話すと『敵対関係』の位置になってしまうので、男性同士の場合にはあえて向かい合わない方がよいのです。

 

女性同士の場合には、向かい合ってはなす方が良いでしょう。
女性同士の場合、会話の時には相手の表情から情報を読み解き合います。
ですので、相手の表情や目が見える方が安心して話せるのです。

 

201003191

 

■交渉の時にも

 

この話す方向、ビジネスの交渉時にも使えます。
男性相手に話すときには、横並びを。
女性相手に話すときには、向かい合って。

 

ちょっと方向を変えただけでも、お互いの会話がスムーズになり、交渉もまとまりやすくなります。
男性と女性とでは、会話をするときに「得意とする角度」が違うので、そこに気をつけて位置取りをしてみて下さい。


イラスト:ににこ

 

織田隼人 |

デートで仕草に気をつけよう

ナオミ:「このまえデートの誘いを受けたんだけど、彼って私に気があるのかしら」
ケイコ:「うーん、わかんないね。デートの時に彼の仕草を見て判断してみたら?」
ナオミ:「仕草かぁ。仕草でどこまでわかるんだろうね」


■仕草でわかる男性の気持ち

 

『言葉はウソをつけるけれど、仕草はウソをつかない』という言葉があるように、仕草を見ればその相手の状況をある程度見抜くことが出来ます。
今回は、デートにおける男性の仕草を見ていきましょう。

 

○頭をかく
血が頭に上っているので、頭がかゆくなります。
話をしているウチに、頭がのぼせてきた、と言うケースですね。
相手の女性に舞い上がっていることが多いです。

 

○デートの待ち合わせで、小走りに走ってくる
ノリノリになっていると小走りになります。
デートが楽しみでしかたがなかったのでしょう。

 

○タバコを吸う量が増える
彼が退屈している証拠です。
話を変えるとか、場所を変えた方がよいでしょう。

 

○腕組みをしている
彼が緊張しています。
何を話したらよいかわかっていない状態かもしれません。
話が盛り上がるまでしばらく時間がかかるでしょう。

 

○男性が足を組んで話す
男性が得意げに話をしながら足を組んでいるときは、『自分を大きく見せよう』という意志が働いています。
好みのタイプの女性が相手のとき、こうなることが多いです。
ただし、話の内容は誇張していることが多いので、話半分に聞いておきましょう。

 

○自分の顔(目や鼻、口、額など)を頻繁にさわる
緊張を和らげるために、顔を触っています。
よく会う人とかの場合には、ウソをついている可能性が高いです。

 

201003111

 

■言葉の内容と合わせて仕草を見よう

 

仕草って、言葉と同じくらい情報を伝えてくれます。
とはいえ、仕草だけでは情報が不足するモノ。

 

男性の言葉と、仕草を両方見て、相手の真意を測ってみて下さい。

 

特に、緊張が仕草に出ている場合、相手との付き合いの長さとか、言葉の意味を一緒に考えないと上手く相手の考えていることが理解できませんので。

 

上手に仕草の情報も取りいれていってみてくださいませ。


イラスト:上田 城

 

 

織田隼人 |