« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

全てを知ろうとする女性上司は危険!?

トシヤ:「ウチの女性上司なんだけどさ」
タケシ:「どうしたんだい?」
トシヤ:「仕事のことについていちいち口出ししてくるんだよね」
タケシ:「あーいるよね、そういう女上司。全部知らなきゃ気が済まないっていうか」
トシヤ:「そうそう、そういうのは女の人に多い気がするんだよね」


■あれもこれも気になる

 

男性の思考はシングルタスク。
男性は一度に1つのことを考えるしかできません。

 

女性の思考はマルチタスク。
女性は一度のたくさんのことを並行して考えます。

 

そこで出て来たのが「何にでも口出しをする女性上司」。
部下(男性女性問わず)が何をやっているのかを全て見届けて、そしてさらに1つ1つアドバイスをします。

 

もし、女性のあなたがこのタイプになっていた場合、男性部下を育てるには注意が必要です。


■上下意識から、考えない部下になる

 

男性は女性に比べて組織の上下関係を重要視します。

 

そのため、男性部下はあれもこれもと口出しをされると、上司の言うことをそのまま実行するだけの存在になり、「考えない部下」が出来上がってしまいます。
一度考えない部下になってしまうと、そのあと「考える人間」に育てるのは至難の業です。

 

「これ、どうしたらいいと思う?」と聞いても「わかりません」としか返事が返ってこない。
自分から行動をせずに、指示を待つだけ、そういう風になってしまいます。

 

201003051

 

■男性はある程度放置で育てる

 

男性部下は手をかけすぎると『思考停止状態』になってしまうので、ある程度放置をしてあげた方が良いでしょう。

 

例え失敗しそうでも、致命的にならなさそうであれば放置してあげる。
要領が悪くても要領良くできるまで待っていてあげる。
特に部下の様子が逐一気になる女性上司ほど、この男性部下の特徴を理解しておきましょう。

 

「私のやり方の方が正しいから」と思って口出しをすればするほど、男性部下は働かない人間になっていきますから。
あれもこれも部下の男性の様子が気になる上司になっている人は、注意してみてくださいね。

 

男性部下を育てるために、いったん我慢をしてみましょう。


イラスト:ムラクモ

 

織田隼人 |

モテる男性が言う言葉。「おいしそう」「楽しそう」

サトル:「うわぁ、これすっごくうまそう!」
ナオコ:「うん、おいしそうだね」

 

エスニックのお店にナオコを誘ったサトル。
デートは成功し、二人はこの後付き合うことになった。


■印象の良い男性

 

デートでの会話ってけっこう細かいところで楽しさが左右されます。
たとえば、レストランで食事が出て来たとき。
お料理を二人で見るだけではなく自分から「おいしそう」と男性が言うと女性によい印象を与えることが出来ます。

 

なぜなら、食べる前から「おいしい」という情報がインプットされ、食べたときにもその印象が残りおいしく感じられるからです。

 

食べ物以外にも同じことが言えます。
たとえば遊園地に行くときとかには「おもしろそう」と言っておくと良いでしょうし、イベントに行くときには「盛り上がりそうだね」と言っておくと良いでしょう。

 

これから起こるであろう良い印象を事前に伝えることで、女性により満足してもらうことが出来るのです。

 

201003011

 

■感情の先出しを

 

「結果」を重視しすぎると、なかなか先に良いことは言えなくなってしまうものです。
結果を重視するよりも、これから行うことに対して前向きな言葉を述べるとテンションも上がります。。
だからこそ、先に「楽しそう」と伝えるようにしましょう。

 

「おいしそう」「楽しそう」「面白そう」「盛り上がりそう」などはデートを盛り上げてくれる魔法のキーワードです。
特に男性は、デートの時にどんどん使っていってくださいね。


イラスト:うさこ

 

織田隼人 |

男性を傷つける言葉ってどんなもの?

ユミコ:「男の人って意外に繊細だよね。軽い一言で傷つけちゃうことがあるんだよね」
タケル:「そう、俺はそんなに傷つかないけど、どんなことを言ったの?」
ユミコ:「え、そんなにすごいことじゃなくて、、ただ稼ぎが少ないくせに、っていっただけなんだけど」
タケル:「・・・俺には致命的な言葉、かな。うん。傷つくは、それは」

男性に対しての禁句、いったいどのようなものがあるのでしょう?


■どうにもならないこと

男性に対しての禁句ですが、傾向があります。
それは、男性本人が簡単にはどうにもできないこと、です。

男性向けの禁句は以下のようなものが多いです。

 

◆身体関係の禁句
チビ/ハゲ/デブ

 

◆稼ぎに関する禁句
正社員じゃないくせに/収入が少ないくせに/職が不安定/友達の彼はもっと高収入

 

◆地位に関する禁句
低学歴/同僚は昇進しているのに

 

◆家族に関する禁句
親がああだから/妹さんって○○だよね

 

他にもあるでしょうけれど、禁句の傾向がこれで見えてくるかと思います。

 

201002211

 

■禁句を言うタイミング

 

女性が男性に禁句を言うタイミングですが、ほとんどの場合ケンカをしたりとかで、激高して相手に文句を言いたいとき、が多いです。

禁句を言いたいわけじゃなく、怒っている気持ちをぶつけるために、ただ禁句を使っているだけです。
ですが、怒っているときでも禁句は言わないように心がけておきましょう。

禁句を言ってしまうと、二人の関係に決定的なヒビが入ってしまいますから。
本音では例え怒っていたとしても二人の関係を壊したくはないはず。
だからこそ、あらかじめ男性にとっての禁句を理解しておき、言わないことを心にとめておくと、口から出ることはなくなります。

 

禁句じゃなければ、ケンカの時に激高していったとしても後で取り返しが付きます。
二人の未来のために、あえて言わなくて良い言葉は封印してしまうのも、良いことなのではないでしょうか。


イラスト:はな

  

織田隼人 |