« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

断れる雰囲気を作ろう

サトミ:「ゴミ捨ててきてくれる?」
タケシ:「今忙しいから無理」
サトミ:「じゃあ、私がやるね」
タケシ:「ん。悪いね」

サトミ:(がーん、引き受けてくれなかった。忙しいっていってもたいしたことしてなさそうなのに)
タケシ:(なんか、すっごく断りづらいんだよなぁ。だから余計に断る癖を付けなきゃって思うよ)


■断れないプレッシャーから

 

彼女や奥さんにお願い事をされたとき、男性としては大きなプレッシャーを受けます。
特に断りたいことをお願いされたとき、男性は露骨に嫌な顔をしてしまうことが多いです。

この男性の嫌そうな顔を見ると女性は男性にお願い事をする気持ちが無くなります。


■「やりたくない」を言える環境に

 

女性からのお願い事が減ると、どうしても女性が「我慢」をしている状況になりやすいです。
男性より、女性の方が細かいことに気づくことが多いですから。

 

では、どうすれば良いのかというと・・・
「男性に断られてもいいや」と思って依頼をすると上手くいきます。

 

男性としては、断れない雰囲気、というのが一番困るものです。
「断れない」という雰囲気では『自由の制限』がされた気持ちになって男性が束縛されているように感じます。

断っても良いことを男性が理解すると、「今回は引き受けるね」「今はまだ無理」とか「これはやりたくない」などという選択肢が増えます。

選択肢が増えたことで、男性の嫌な気持ちはなくなります。
男性が嫌そうな顔をすることもなくなるのです。

 

201002121

 

■気軽にお願い、断られてもOK

 

一方女性も、断られてもOK、という考え方をしておくと気軽にお願いが出来るようになります。

結果的に、なんどもお願いが出来るようになり、相手の男性がたくさん貴女のために行動してくれるようになります。

「断っても良い」という雰囲気を作り込むことで、二人が自由な気持ちのまま、助け合いを出来る体勢になります。

お互いの自由を作りつつ、お互いを頼る、という状態を作り出すことで、二人の関係も良好なものになります。


イラスト:ににこ

 


 

 

織田隼人 |

男性には嫌がられてもお願いをしてみよう

サトミ:「ちょっと朝ご飯買ってきてー」
タケシ:「えーっ、めんどくさいよ」
サトミ:「じゃあ私が買いに行くね」
タケシ:「俺が行くからいいよ」
サトミ:「ありがと」

タケシ:(俺ってイイやつだな、喜んでいるみたいだしまた、引き受けてやるか)


■嫌がりながら考える

 

彼女が彼氏にお願い事をすると、彼が「今忙しいから」とか「うーーん」といって嫌がることってとっても多いと思います。

まあ、実は嫌がっていると言うより『考える時間稼ぎ』をしているだけで、うなった後には引き受けることも多いです。
なので、例え男性が嫌がるのがわかっていたとしても、女性は気軽に男性にお願い事をしましょう。

201002051

 

■行動を起こすと

さて、最初は彼女からのお願い事を引き受けるのを嫌がる男性ですが、引き受けたらその直後から男性の気持ちは切り替わります。

どんな風に切り替わるかというと、「俺って彼女のためにがんばっているイイやつ!」という思考になっています。

元々、引き受けるのを嫌がっていたなんてことを忘れるのが男性の特徴です。
それどころか、彼女に褒められるのを思い浮かべ、ウキウキしながら行動します。

結論ですが、男性が嫌がった反応をしたとしても、全然気にする必要がないのです。
引き受ける前の男性の態度と、引き受けた後の男性の態度はころっと変わります。
さらに、実行してくれた男性を褒めてしまえば、男性も大いに喜んでくれます。

このことを理解して、嫌がっている男性にどんどんお願い事をしていって下さい。


イラスト:上田 城

 


 

織田隼人 |

心の問題はモノで解決しよう

ユミ:「ねえ、スマホばっかりしてないで、お話ししようよ」
トオル:「今、イイところだからちょっと待ってよ」
ユミ:「ちょっと、っていつまでなの?ずっとゲームしてるじゃないの」
トオル:「そうなんだけど、でも待ってよ!」

スマホがキッカケで些細なケンカ。
同じような経験、ありませんか?


■心で解決

二人でいる時間。
二人でいるからと言って、常に二人が同じ行動をするわけではありません。

片方がゲームをしていて、片方が話そうとしている。
こういうとき、ゲームをしている人にとっては「ちょっと待ってよ」と思いますし、話したい人にとっては「ゲームはいったん置いておこうよ」と思うものです。

 

この問題、心理の世界で解決しようとすると次のようになります。
相手の気持ちを思いやって、相手の行動にあわせよう、と。

話したい人は、相手がゲームを終えるまで待つ。
ゲームをしたい人は、話が終わってからゲームをする。
こんな形に落ち着くことでしょう。


■モノで解決

この手の問題ですが、心で解決するのも良いのですが、
モノで解決することも考えてみると良いでしょう。

例えば、ゲームを2つ買っておく。
こうすると、二人ともゲームに熱中して、心のすれ違いが無くなります。

ゲーム機が1つしかないから、いざこざが起きるのであって、ゲーム機が2個あれば二人とも黙って黙々とゲームすることになります。

パソコンやスマホでも同じような問題が起きたとき、二人とも同じモノを持っていれば、いざこざが起きる機会が減るのです。

 

201001221

 

■心の問題の多くはモノで解決できる

 

心の問題は、多くの場合「モノ」でも解決できることが多いです。
人間、心の問題なのだから、心で解決しよう、と思ってしまうものですが、解決策に善悪はありません。

モノで解決できるのであれば、モノで解決しても良いのです。

心で解決する場合、どちらかが疲れてしまうこともありますが、モノで解決する場合はそれほど心に疲労は来ません。

カップルのいざこざが起きたとき、「心の問題」と捕らえすぎないで、「モノで何とかならないかな?」と考えてみるようにしましょう。

そうすれば、以外に簡単なところで二人が満足できることに気づくことでしょう。


イラスト:うさこ

 


 

 

織田隼人 |

仲良くなるほど言葉遣いが乱暴になる男性

タケシ:「ほんと、ユミって間抜けだなぁ」
ユミ:「間抜けじゃないもん!」
タケシ:(ちょっと怒らせると面白いし、可愛いんだよなぁ)
ユミ:(どうしてそんな言い方するのかしら。傷つくのに・・・)

どうやら、ユミさんはタケシさんの言葉に少し傷ついているようです。


■相手を困らせる?

 

男女ともに、付き合っている相手を『少し困らせる』、という遊びをよくするものです。
相手の困った顔を見て、なんだかうれしくなる。
相手がビックリした顔を見ると、してやった、という気持ちになる。
こんな経験したことのある人は多いのではないでしょうか?

女性は彼氏を困らせるときに変な行動ををとることが多いです。

変な声でしゃべったり、急に踊り出したり、彼氏の頭をたたいたり。
彼氏としてはそれほど嫌だと感じることはないでしょう。


■男性はちょっと問題

男性は彼女を困らせるときに、ちょっと嫌味を言ったり、バカにしたりすることが多いです。

これが意外なまでに、彼女を傷つけたりします。
彼女は笑顔で「もう、バカにしないでよ!」といっているかもしれませんが、心の中では傷ついている、こんなことが多いのです。

というのも、女性同士では「好きな人に嫌みを言ったり、相手をバカにする」、という行動をしないため、正直に相手の言葉を受け取ってしまうのです。

 

男性は彼女をわざと困らせたとき、彼女が心の中で悲しんでいないか、注意深く観察してみてください

意外と悲しんでいることが多いはず。
悲しんでいるようなら、そういう困らせ方はやめて、変なポーズをとるとか、そういうジョーク系で困らせて楽しむようにしましょう。

 

201001291

 

あと、女性は男性が嫌味を言ってきたとしても、それは「仲が良いからなんだ」と理解しておきましょう。
本心と言うより、困った顔を見たいから言っているだけ。
あまり本気で受け取らなくても大丈夫です。

 

せっかくカップルで楽しくすごそうとお互いにしているのですから、双方が楽しめるコミュニケーションをとってくださいね。


イラスト:ムラクモ

 


 

 

織田隼人 |