« クチコミの原動力 | トップページ | 信頼を得る声 »

お金はしっかり請求する

カナコ:「私さぁ、営業って仕事好きなんだけど、一つだけ苦手なことがあるんだよね」
トオル:「え、何が苦手なの?」
カナコ:「お金の話。請求するのも苦手だし、お金の話を出すのも苦手なんだよね」
トオル:「へぇ。値引きとかの交渉とかならわかるけど、ただ言うだけでも苦手なんだね」


■請求に対する負担

現代の日本では男性も女性も、たくさんの人が営業職に付いています。
勢いで売ってくる人、頭脳を使って売ってくる人、人間性で売ってくる人、様々なやりかたで営業職に付いた人は販売をしています。

さて、この営業職で結構多くの女性が苦手にしていることがあります。
それは、『お金の話をする』ことです。


■相手の負担を考える

営業で売っているものは、たいていのものが相手に『メリット』を与えるものです。
これを使えば相手は喜ぶ、だからこそ売ることができます。

この『相手の喜び』を想像することは女性が得意としている分野の1つ。
ここが女性の営業パーソンの強みとなっています。

しかし、それと同時に『相手の負担』にまで女性は想像を働かせてしまうため、お金の話が苦手になる人が多いのです。

■それほど気にしていない

ところが、商品やサービスを買う側の立場からするとお金の話は早く聞きたい情報です。
もちろん、買った後に請求されることに関しては『当然のこと』と思って請求書を受け取ります。

そう、お金の話をしても相手(買い手)は特に負担と感じていないのです。
買う時に、お金を支払うのは当然、なのですから。

ですから、お金の話がするのが苦手、と思っている人は「相手はそんなに負担に思っていない」ということを思い出すようにしましょう。

相手の負担がないことを思い出せれば、心に引っかかっている『言いづらい』気持ちが少しはとれていきますから。

ビジネスをすると必ずお金の話は出てくるもの。
堂々と、お金の話をしてみてください。


イラスト:ににこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2009/12/25 |

« クチコミの原動力 | トップページ | 信頼を得る声 »