« お金はしっかり請求する | トップページ | 嫌われたくない »

信頼を得る声

ユミコ:「なんかさぁ、私って会議とかで軽く扱われること多いんだよね」
トモミ:「それって、女だからじゃない?」
ユミコ:「エリ先輩は結構発言力あるんだよね。どこに違いがあるんだろ」

エリさんもユミコさんも同じ女性なのに、ユミコさんだけ会議で軽く扱われてしまうのってどうしてなのでしょう?


■発言の重さに関係するもの

会議やミーティング、商談の場などでは発言力がどれだけあるかで、自分の立ち位置が変わってきます。
相手に発言力がないと思われれば、軽く扱われますし、相手に発言力があると思われれば、発言の1つ1つが大事に扱われます。

さて、この発言の重さを決めるファクターはいったい何なのでしょう。

もちろん、日頃からの仕事の評価が一番大事ですが、それ以外にも発言の重さを変えるファクターがあります。
それは、声の高さです。

声が低いと、相手は発言を信頼するようになります。

人は緊張すると、声が高くなります。
自信があるときほど、声が低くなります。
この原則を人は経験上理解しているため、声が低い人は信頼できる、と無意識に考えるのです。

■女性は特に気をつけよう

人前で発言をしようとすると、緊張してどうしても声が高くなってしまうものです。

さらに、女性は愛想良く振る舞おうとしたときも、声が高くなる傾向があります。
会議などで発言力を増したい場合、女性は特に声を低くするように気をつけましょう。

気をつけていないと、つい声が高くなってしまいますから。

もちろん、ビジネスの場を離れたときには女性は声を低くする必要はありません。
恋愛などの場では、女性はむしろ高い声の方が好まれるのですから。

声の高低だけで、意外なまでにビジネスの評価は変わってきます。
声の高低は意識をすればある程度自分で操れますので、まずは意識するところから始めてみてください。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2009/12/21 |

« お金はしっかり請求する | トップページ | 嫌われたくない »