« 信頼を得る声 | トップページ | 逆に言うと »

嫌われたくない

トオル:「俺たち、別れようか」
マナミ:「どうして!私のどこが嫌いになったの!?」
トオル:「嫌いになったわけじゃないんだ。ただ好きな気持ちがわいてこないんだ。マナミが何も言わないから」

マナミ:(彼に嫌われないように、それだけは守ってきたのにどうしてこうなったの、もうだめなの)


■嫌われない努力

恋愛でよくある失敗ケースの1つが「嫌われないように行動しすぎて、結局振られる」というものです。
このケースに陥るのは、男性よりも女性の方が多いのが特徴です。
どうして、このような「嫌われないようにする努力」が無駄になるのか、そしてどういう人が「嫌われない努力をする」という思考なりやすいかを見ていきます。


■人が見えない

なぜ、「嫌われないように行動する」とフラれやすいのか。
それは、嫌われないように行動する人は、、人としての特徴が薄くなってしまうから、です。

人は笑ったり、怒ったり、悲しんだり。こういう感情を表現してこそ、魅力がでてきます。
嫌われないように努力をすると、どうしても感情が希薄になり、さらに「これがしたい、あれがしたい」という意思表示もなくなっていくので、相手からは「この人はいったい何者なんだ、まるで空っぽの人と接しているかのようだ」と思われてしまうのです。


■嫌われない努力をする人

必要以上に『嫌われない努力』をする人は、自分に自信を持っていない、という特徴を持つことが多いです。
例えば、付き合っている彼が自分より格上と感じている場合。
どうしても引け目を感じて、わがままなどが言えなくなってしまいます。

他にも、「自分なんて」とか「私を受け入れてくれる人なんていない」と思っている人も、言いたいことが言えなくなってしまい、結果的に「嫌われない努力」をしてしまうことがあります。

■恋にはわがままも必要

恋というのは人と人との気持ちのぶつかり合いの場です。
ぶつかり合いを避けてしまって我慢をしたり、嫌われない努力をし続けると、相手は恋の気持ちを失ってしまいます。
(反対に気持ちをぶつけすぎても相手は疲弊してしまいますが)

我慢しすぎている人は、もっと気軽に相手に気持ちを伝えてみてください。
わがままを言ってもいいでしょうし、お願いをしても良いです。
困ったときに頼っても良いのです。

素のアナタを相手に垣間見せることで、相手はアナタのことをさらに好きになってくれるのですから。
『嫌われない努力』は少なめにして、『二人の気持ちをつなげあう努力』をしてみると、二人の関係はより強固なものになっていきます。


イラスト:ムラクモ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2009/11/26 |

« 信頼を得る声 | トップページ | 逆に言うと »