« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

恋愛のカタチ

ユウコ:「なんか、私の恋って短命なんだよね。どうしてなんだろ」
ヤスヨ:「ユウコって一目惚れが多いかわりに、飽きっぽい性格だもんねー。その辺が影響してるんじゃない?」
ユウコ:「飽きっぽいかなぁ。私としては長い恋がしたいんだけど」


■恋愛には種類がある

 

一口に『恋愛』といっても、様々な形があります。
例えば、遊びの恋愛。
例えば、自己犠牲の恋愛。
例えば、友情的な恋愛。

人によって恋愛の形は様々です。
困ったことに、この様々な恋愛のカタチを『恋愛』という1つの単語でまとめて語ってしまうのが人間です。
だから、自分の恋愛が他人の恋愛のカタチと違っていたとき、「これは真実の恋愛じゃない」とか「こんな恋愛はおかしい」と思ってしまったりします。

というわけで、今回は恋愛にどんなカタチがあるのかを見ていきましょう。


■恋愛の類型

 

心理学者のリーは恋愛を6つのカタチに分類しました。

恋愛のタイプ 解説
遊びの愛
(ルダス型)
・恋愛をゲームと考える
・束縛されるのを嫌がる
・同時に複数の恋人を持つことがある
・本音を話さない
実利的な愛
(プラグマ型)
・恋愛を地位獲得や良い家庭を持つための手段と考える
友愛的な愛
(ストーゲイ型)
・友情のように穏やかな恋愛
・長い時間をかけて恋愛をはぐくむ
愛他的な愛
(アガペー型)
・自分の犠牲をいとわない愛
・嫉妬したり憎んだりしない
美への愛
(エロス型)
・一目惚れをしやすい
・外見的な美にこだわる
・ロマンチックな行動をとる
狂気的な愛
(マニア型)
・嫉妬や切なさなどの激しい感情を持つ
・愛されていることに不安を感じやすい
・相手の気持ちを絶えず確かめようとする

 

この愛のカタチについて、大事なことは2つあります。

1つめは、愛のカタチは人によって違うということです。
一目惚れをしやすいタイプもいれば、友達から発展して恋にいたる人もいます。

将来を考えると、実利的な愛についても人は考えるでしょう。
そのどれかが悪いと言うことではなく、人はそれぞれこの愛のカタチを様々な組み合わせで持っています。

ですので、同じ愛のカタチを持っている異性であれば相性の良い相手になりますし、全く正反対の愛のカタチを持っている異性は相性の悪い相手、となりやすいです。

そして、2つめは、愛のカタチは付き合いの時間とともに変わっていくということです。

付き合う前は、「美への愛(エロス型)」が大きくなり、付き合って時間が経過すると「友愛的な愛(ストーゲイ型)」になっていきます。

一口に「君を愛している」といっても、そのコトバには様々な愛のカタチがあり、愛のカタチは日々変化していくのです。

200909181

 

■自分のカタチ、相手のカタチ

 

愛のカタチは人によっても違いますし、自分自身の愛も時間の経過とともに変わっていきます。
大事なのはその様々な愛のカタチを受け入れることです。
嫉妬をしていても悪いわけではなく、その時点ではそういう愛のカタチを持っているだけです。
そのうちまた、愛の形も変わっていきます。

 

とはいえ、好きな人と愛のカタチが違っていると不安になってしまったり、ぎくしゃくしたりしてしまうこともあるでしょう。
そういうときには、相手がどういう愛のカタチを持っているのかを考えてみるとよいかもしれません。


イラスト:ににこ

 


 

 

織田隼人 |

男性に好かれる女性

エリ:「サキって本当に性格可愛いよね、男にもてるキャラって感じ」
サキ:「ありがと。エリだってモテ性格だと思うよ」
エリ:「でもさぁ、ブリッ子とかならわかるけど、どういう性格が男にモテるんだろうね」


■女性にもあった『モテる性格』

 

前回は『女性にモテる男性の性格』でしたが今回は『男性にモテる女性の性格』について解説します。

 

男性にモテる女性の性格については6つのタイプがあるとされています。(注)

 

このタイプを1つ1つ見ていきましょう。

タイプ名 特徴(形容詞)
ミステリアス系 洗練された、スマートな、神秘的な、静かな、知的な女性
情熱系 セクシーな、情熱的な、積極的な、社交的な女性
純朴系 初々しい、清潔な、素直な、思いやりのある、優しい女性
ひまわり系 生き生きとした、健康的な、明るい女性
しっかり系 誠実な、真面目な、自制心の強い女性
心が広い系 あっさりとした、おおらかな、聞き上手な女性

 

このタイプに当てはまると男性に好まれる性格、となるようです。

 

200909111

 

■服装も含めて考えよう

 

男性が女性を見たときには、いきなり性格は見えてきません。
男性は「ファッション」や「メイク」を見て、女性の性格を何となく判断しています。
ですので、自分のモテ性格を連想するような服を着ておくと、男性に「私はこのタイプの女性です」と暗に示すことが出来ます。
(純朴系の人であれば、白を基調とした服装を着る、とかです)

 

例えば合コンなどの短期間で知り合わなければならない、というシーンでは自分のキャラにあった服装を準備しておくと良いでしょう。
(普段は自分の好きな服を着るに限ります!)

 

まずは、自分がどのタイプに近いのか、そしてどの特徴が抜けているのか、というところを考えてみると面白いと思います。
その上で、それにあった服装も考えてみましょう。


(注)タイプ名はこちらで名称を付けました。
参考文献:松井豊・江崎修・山本真理子 1983 魅力を感じる女性像(日本社会心理学会第24回大会発表資料)


イラスト:上田 城

 


 

 

織田隼人 |

女性に好かれる男性

ミノル:「世の中、イケメンばっかりがモテるよね。なんっていうか、損してる感じがするよ」
エリカ:「そうでもないと思うよ、性格的にモテてる男子も結構いると思うんだけど」
ミノル:「そうなんだ。どういう性格がモテるのか、教えてよ」


■モテる性格の分類

 

世の中、ただ顔が良ければモテるわけではありません。
ただ、お金があればモテる、というわけでもありません。
モテることにはいろいろな要素があり、その1つが『性格』です。

 

このモテる男性の性格なのですが、きっちりと心理学者が研究し、5つのパターンに分類しています。(注1)
5つのモテる男性の性格の特徴についてみていきます。

タイプ名 特徴(形容詞)
クール系 静かな、クールな、自制心の強い、知的な男性
オトナ系 清潔な、洗練された、スマートな男性
行動的系 情熱的な、たくましい、積極的な、仕事やスポーツに打ち込む、エネルギッシュな男性
人なつっこい系 社交的な、明るい、健康な、生き生きしている、素直な、あっさりした性格の男性
誠実系 真面目な、寛大な、誠実な、優しい男性

 

この5タイプに入ると、女性に対してウケが良くなります。
特徴を見てもらえるとわかると思いますが、『根本的な性質』のレベルではなく、表面上に現れるレベルのものが多いです。
自分である程度改善できるレベルのものばかりです。

 

200909041

 

■自分に近いタイプを目指す

 

さて、女性と話すときには、やはり女性に受け入れられる雰囲気を作った方が良いでしょう。
ですので、合コンなどの場では、自分がどのキャラクターになればよいのか、しっかり把握しておくことをオススメします。

 

自分にあったキャラクターを把握することで、女性に受け入れられやすくなるのです。

 

自分は真面目だなぁ、と思うのであれば、真面目で寛大で誠実、そして優しい性格を表に出せばよいでしょう。

 

いい人だけど・・・といわれる男性はこのキャラクター設定が曖昧になっていたり、上記の性格からずれていることが多いです。
(たとえば、真面目だけど、お金にうるさい、とか。ケチっぽく見えて「寛大さ」を感じさせなくなります)

 

自分にはどのタイプがあうかを考え、そのタイプの長所的な部分を表現していくと良いでしょう。


(注1)タイプ名はこちらで名称を付けました。


イラスト:ムラクモ

 


 

 

織田隼人 |

デートに”言い訳”を

トオル:「今度、食事でも一緒に行きませんか?」
エミ:「えーっ、どうしようかなぁ」
トオル:「おいしいベトナム料理のお店を見つけたんですよ」
エミ:「ベトナム料理ですか!いいですね」
トオル:(よし、デートに誘えそうだぞ!)

 

 

 

最初は渋っていたのに『おいしいベトナム料理』に釣られたエミであった。


■デートは断りたくなる

 

気に入った女性がいると、男性としてはデートに誘いたくなるもの。
女性からすると、合コンで出会ったり、パーティで出会ったり、交流会で出会った人などは、気心が知れていないので一緒にデートに行くとなると敬遠してしまいがちです。

 

 

 

「話慣れていないから、気を遣うだけだし」とか
「あまり印象に残っていない人だし断ろうかな」とか女性は思っていることが多いです。


■餌に釣られる

 

そんな女性であっても『おいしいお料理』とか『面白いお店』などの特典がつけばデートの誘いに気軽にOKを出すようになります。

 

女性からするとデートの目的が「あの人と会うため」から「おいしい料理を食べるため」に変わるからです。
ここ、すごく大事です。

 

女性が「まあ、XXがあるのならデートに行ってもいいかな」と思える”言い訳”を準備しておくとデートの誘いにOKをもらえる確率が上がるのです。

 

200908281

 

男性は女性を初めてデートに誘うときには、自分の魅力だけでチャレンジするのではなく、『おいしい”言い訳”』や『楽しい”言い訳”』を準備するようにしましょう。

 

出会ってはじめの頃というのはお互いに性格もわかっていないもの。
そんな状態で自分の魅力だけで誘うにはネタが足りない状態となってしまいます。

 

まずは相手を誘い出す”何か”を使ってデートをする。
デートの中でお互いの心を深く知っていく。
こういう考え方で女性にたいして”何か”を使ってデートに誘うようにしましょう。


イラスト:はな

 


 

 

織田隼人 |

その『方向』で

男性社員A:「じゃあ、大体方向性は決まりましたね」
男性社員B:「了解です。今回はこの方向で行きましょう」

 

ケイコ:「すみません、結局誰がどの担当でいつまでやるのですか? そこを決めないでうやむやにしておくと、進まない気がするのですが・・・」

 

 

 

男性社員A&B:(そこを決めたくないから、ぼやかして言っているのに・・・)


■わかりづらい『方向』

 

会議で女性にとってわかりづらい言葉が、男性が使う「この方向で」というもの。

 

「この方向って、どの方向なのよ」
「いったい、誰が何をやればいいのよ」
と女性ならツッコミを入れたくなるところでしょう。

 

実際に「では、誰が何をするのかを決めましょう」と発言をしている女性も多いかと思います。

 

 

 

しかし、この手の「誰が・いつまでに・何をするのか」ということを決めようとすると男性は戸惑ってしまうことが多いです。
なぜなら、男性が「この方向で」といっているときには一種の暗黙のルールを想定して言っているからです。


■男性にとっての方向

 

男性が「この方向で」という時には、男性は次のようなニュアンスで発言をしています。

 

『今、担当や期限を決めてしまうと揉めそうだし、そこまでの労力もさけないだろうから、まずはみんなで出来ることをやって、それで上手くいきそうなのがわかったら具体的なところまで話をしようよ』

 

この言葉を男性は「この方向で」というセリフで片付けてしまうのです。
男性は明確に決めたくないときに「この方向で」という言葉を使うのです。

 

200908211

 

■そっとしておこう

 

女性からすると男性の「この方向で」という言葉にツッコミを入れたくなる気持ちはわかります。
ただ、ツッコミは出来れば入れないようにしましょう。

 

働く女性で男性に「怖い」と思われる人の中には次のような人がいます。
「この方向で」の後に「じゃあ、誰がいつまでに何をするのか決めましょう」という女性です。

 

男性はわざと濁していっているのに、女性は濁した部分を明確にしようとする。
この手の行動をとってしまうと、男性から「怖い」と思われてしまうのです。

 

ビジネスの世界には男性が作り上げた特有の言葉がいっぱい眠っています。
ビジネスの場では、女性は特に男性特有の言葉に注意をして話してみてください。


イラスト:ににこ

 


 

 

織田隼人 |

経験値と恋

ワタル:「やっぱ女の子は清楚で黒髪の子がいいよな」
キヨシ:「そうかな、俺はギャル系の子が好きなんだけどな」

 

 

 

ワタル:「そういや、おまえは昔、髪の毛が派手だったよね。それと関係してるんだろうな」


■自分の好み

 

自分の恋愛対象となる相手は、自分と似ている人が多くなる傾向があります。

 

例えば、髪の毛を染めたことのない人。
こういう人は髪の毛を染めていない異性に惚れる傾向があります。
(髪の毛を染めている人を避ける傾向があります)

 

逆にギャル系の人はギャル系の異性を好きになる傾向があります。

 

 

 

どうして、人は似た傾向の人を好きになるのでしょう?


■思考不理解は恐怖

 

異性相手というのは相手の思考がわかりにくいものです。
人は「理解できないもの」に対しては恐怖を抱きます。

 

例えば「髪の毛を染めるのはおかしい」と思っている人が、髪の毛を染めた人を見ると「この人は自分の理解の範疇を超えている」というように感じ、「わかり合えない」という恐怖感を持ってしまいます。

 

 

 

だから、似た人を好きになるのです。


■未経験は対象を狭める

 

ただ、ギャル系の男性も清楚な女性を好きなることはあります。
しかし、髪の毛を染めたことがない男性がギャル系の女性を好きになることは少ないです。
なぜかというと、ギャル系の男性は髪の毛を染めていない時期もあったからです。

 

そう、ただ「髪の毛」を染めたことがあるかないか、たったそれだけで恋の対象が変わってしまうのです。
この未経験による恐怖感は特に男性の方が強く持ちます。

 

男性が高学歴女性を苦手とする理由の1つに、この未経験の恐怖があります。
自分が高学歴でない場合、女性だけが高学歴経験があるので、男性は恐怖感を感じてしまうのです。

 

200908141

 

■実際はそれほど怖くない

 

ただ、実際に付き合ってみると、未経験分野を女性が持っていたとしても普通に付き合えることが多いです。
ほとんどの場合、「恐怖」が先に立って、そもそも恋愛に発展しない、ということの方が問題になります。

 

異性を見るときには自分が未経験のものを相手が経験していたとしてもそれほど恐れる必要はありません。

 

恋愛は「人間性」が重視されるので、経験値についてはそれほど気にかける必要がないのです。

 

特に男性は、未経験の恐怖から恋愛対象を絞ることがありますが、それはもったいないことですので、「相手の経験」を見るのではなく、相手の人格を中心に見ていくようにしましょう。
そうすれば、本来実はずだった恋を逃すことが減りますから。


イラスト:上田 城

 


 

 

織田隼人 |