« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

高年収男性は残っていない!?

トオル:「婚活、婚活って言うけど、婚活に参加する女子ってみんな『こんな男がいい』『あんな男がいい』っていってそうだよね」
ミノリ:「まあ、確かにそういうところあるけど、でも結婚相手が高年収だったらやっぱりうれしいじゃん」

 

 

 

トオル:「でもね、高年収男子なんて最近はほとんどいないんだよ」
ミノリ:「別に年収1000万とかいわないから、年収600万くらい望んでもいいんじゃない?」
トオル:「それも難しいんだって」


■実際の年収

 

世の中、思っていた以上に低いのが年収です。
厚生労働省で実際の年収分布が以下のようになっています。

金階級、性、年齢階級別労働者数割合(平成29年)
賃金階級
(歳) 20-24 25-29 30-34 35-39 40-44
           
 
(千円) 100 100 100 100 100
~ 99.9 0 0 0 0 0
100.0 ~ 119.9 0.3 0.2 0.1 0.1 0.1
120.0 ~ 139.9 1.7 1 0.6 0.4 0.4
140.0 ~ 159.9 5.4 2.7 1.7 1.2 1
160.0 ~ 179.9 13.1 4.8 3.5 2.3 1.9
180.0 ~ 199.9 21.1 8.8 5.5 3.8 3
200.0 ~ 219.9 23.3 14.8 8.2 5.5 4.1
220.0 ~ 239.9 16.5 18.4 10.3 7 5.5
240.0 ~ 259.9 9.2 16.3 12.7 9 6.5
260.0 ~ 279.9 4.3 11.3 11.9 9.9 7.3
280.0 ~ 299.9 2.2 7.3 10.4 9.6 8
300.0 ~ 319.9 1.2 4.9 8.4 8.9 7.9
320.0 ~ 339.9 0.7 2.8 6.6 7.6 7.4
340.0 ~ 359.9 0.4 2 4.8 6.8 6.7
360.0 ~ 399.9 0.3 2 5.9 9.4 11.4
400.0 ~ 449.9 0.2 1.2 4.1 7.8 10.1
450.0 ~ 499.9 0.1 0.5 2.1 4.5 6.6
500.0 ~ 599.9 0 0.5 1.8 3.6 7.1
600.0 ~ 699.9 0 0.2 0.7 1.2 2.7
700.0 ~ 799.9 0 0.1 0.3 0.7 1.2
800.0 ~ 899.9 0 0 0.2 0.3 0.5
900.0 ~ 999.9 0 0 0.1 0.1 0.3
1000.0 ~ 1199.9 - 0 0.1 0.1 0.3
1200.0 ~ - 0 0 0.1 0.2
           
平均値 204.4 242.8 286.5 333.9 384.9
メジャー 201.8 234.9 273 314 359.5

ここでいう賃金はボーナスや残業代を除いた金額です。
正社員には「ボーナス」がつきますし、残業手当も入る人が多いので、実際はこの月額賃金12倍に1.3から1.5倍くらいが本当の年収でしょう。

 

25-29歳男性で、月間賃金が36万円を超える率は4.5%しかいません。
男性の20人に1人しか、月間賃金36万円を超える人がいないのです。

 

実際にはボーナスや残業代が入ってくるので、この辺りの人が年収600万円クラスでしょう。
年収600万というレベルでさえ、高嶺の花、なのです。

 

200908071

 

■一緒に生活が出来るか?

 

これからの時代、お給料はさらに下がっていくこともあるでしょう。
そうなると、年収で結婚を考える、という行動をとると相手が存在しない、という状況になってしまいます。

 

恋愛とか結婚において大事なのは年収ではなく「この人となら付き合っていけるのか」とか「この人となら一緒に生活できるのか」という判断です。
年収はその内容の1つに過ぎませんし、ライフスタイルの違いでその扱いも変わってきます。

 

車を持っていなければ年収が多少下がってもお金はかかりませんし、住む場所も一緒です。

 

相手の年収を知ることも大事ですが、それ以上に今後は「ライフスタイル」を見ていくことが大切になっていく時代になりそうです。


イラスト:ムラクモ

 

 

織田隼人 |

デートで領収書がNGな理由

トモミ:「デートで支払の時に、男の人が領収書とるのってなんだか残念な気持ちになるんだよね」
タケシ:「え、だって自営業の人とかだったら、別に会社に建て替えてもらう訳じゃないし、いいんじゃないの?」
トモミ:「そうなんだけど、でもなんだかそう思っちゃうの!」

 

 

 

タケシ:(女の人ってわかりづらいなぁ)


■デートで領収書はNG?

 

『デートで領収書をとる男性はNG』
『デートで1円単位まで割り勘にする男性はNG』
女性にアンケートを採ったとき、この手の意見が良く出て来ます。

 

これに対して「それっておかしい!」と思う男性もいることでしょう。
「正しいか正しくないか」は置いておいて、どうして女性がこのように考えるのか、ということは知っておくと良いと思います。

 

なぜ、女性はこういうところにこだわるのでしょう。

 

200907311

 

■心意気を見せて欲しい女心

 

デートで男性におごってもらいたい、とか
デートでお金を出し合うにしても、細かい部分は男性に負担して欲しい、
デートで領収書はとらないで欲しい、
と思う女心には、次のような心理が隠されています。

 

 

 

女性はデートをするとき、「どれだけ私に気持ちを向けてくれるか」を見ています。
1円単位まで割り勘する男性には「私への気遣いがないのね」と感じてしまいます。
領収書をとる男性には「私への負担を減らそうとするのね」と感じてしまいます。
だから、デートでお金払いが悪い男性に女性は少なからず落胆するのです。


■心意気を見せる

 

デートで大事なのは女性に対して『貴方のことは大切ですよ』という心意気を見せることです。
ですので、領収書をもらう場合には女性が席を外している間に会計を済まし、領主書をこっそりもらっておくようにしましょう。
お金の負担を二人で分割する場合には、女性の負担を少し軽めにするようにしましょう。

 

女性に対して大事にしている、という心意気を見せることで、女性は「大事にされている自分」を感じ、そこから愛情がでてくるようになります。

 

恋愛には経済学的な合理性が通じない部分が多々あります。
でも、それが恋愛の良いところなのでしょう。
相手を大事にする心をお互いに見せ合うことが出来るのですから。


余談

 

とある結婚相談所で聞いた話ですが。
1円単位まで割り勘にする男性に多い職業は、弁護士さんとか会計士さんのような「世の中の正義」に関係する職業の人が多いようです。(といっても、その職業の中でも少数の人ですが)
これも、面白い傾向ですね。


イラスト:はな

 


 

 

織田隼人 |