« 結婚相談所のGAP | トップページ | 求める愛情 »

消極的な男子

トモミ:「やっぱり、告白ってしてもらいたいものだよね」
ヨウコ:「うんうん。自分から告白することもあるけど、告白されるときの方がずっとうれしいよね」
トモミ:「だよねー。でも、最近の男子達って告白が苦手なみたいだね」
ヨウコ:「そうだねー。どうして苦手なんだろうね」


■告白のリスク

告白は、付き合っていない状態の時に「付き合ってください」と宣言するものです。
告白をするということは、断られるリスクを背負うことにもなります。

ですので、告白を受ける方よりも告白をする方が緊張をします。
告白をされた側は「ごめんなさい」と断るか「私も好きです」とOKをだすかどちらかの選択肢を選ぶわけですが、どちらにしても自分の思っている方向に動きます。

しかし、告白をする側は「ごめんなさい」と言われたら自分の思っている方向に動かず、つきあえない状態になってしまいます。
これが告白のリスクです。

■告白をしたくない

女性にしても男性にしても、告白をしないですむなら、できればしたくない、という人が多いのはこのリスクがあるためです。

しかし、それでも告白をする人はいます。
告白をする人の特徴は「ダメ元でも気持ちだけは伝えたい」という人と「今のうやむやな関係から付き合っている関係に移行したい」と思っている人です。

うやむやな関係で、女性が男性の告白を待っているパターン、結構多いと思います。
男性に告白してもらうには、男性の『リスク』を減らしてあげると告白してもらえる可能性が上がります。
リスクの減らし方は簡単です。
男性に対して好意を伝えるのです。
「XXくんと一緒にいると本当に幸せだなぁ。もっと一緒にいたいね」というように『好き』とは言わずとも、好きと同じような意味合いのことを言えばよいのです。

そうすると、男性は「もう告白してもリスクは少ない。告白しよう」と思えるのです。

男性に告白してもらうには、男性の告白のリスクを減らすというのが大切です。
男性に告白してもらうためにも、好きな男性に対しては自分の好意を伝えていってくださいね。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2009/07/01 |

« 結婚相談所のGAP | トップページ | 求める愛情 »