« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

モテ期が出来る理由

タケシ:「人生でモテ期って3回来るって言われているけど、それ、今にならないかなぁ」
ユウコ:「うーん、無理じゃない? だって、人生80年としてその中でたった3回なんだよ」
タケシ:「なんで、モテる時とモテない時って違いがあるんだろうなぁ」


■執着が無くなるとき

 

なぜ、人にモテ期があるのかというと、モテているときというのは心に『余裕』がでてくるからです。
彼氏がいる女性、彼女がいる男性がモテるのは『恋人がいることによって、異性を捕まえなければならない、という執着が消える』から、心に余裕が生まれるのです。

 

 

 

この点についてもう少し深く見ていきます。


■執着=面倒な感じ

 

恋は男性と女性の両方の気持ちが盛り上がって成り立つものです。
ですので、片方だけの気持ちが盛り上がっても恋は成立しません。

 

ここが大事なところです。
片方だけの気持ちが盛り上がっている状態になると、「この人は私に必要以上に執着している」と相手の人は思うようになります。

 

200907241

 

自分に必要以上に執着されると、恋の気持ちは無くなってしまい、「ウザイ」と思われてしまいます。

 

■モテ期は執着が無くなる

 

この執着なのですが、「特定の人に対する執着」と「異性に対する執着」の2種類の執着が混じり合って、濃い執着なってしまうのが人間の特徴です。

 

モテ期というのは複数の異性からモテるが故に、「異性に対する執着」が薄くなります。
異性に余裕を持って接することができ、さらにモテる、という好循環が起こるのです。


200907242

 

■モテ期を意図的に作り出す

 

とある方の名言をここで書いておきます。
「ガールフレンド(ボーイフレンド)は複数、彼女(彼氏)は一人が望ましい」

 

特定の恋人が出来るまでは、いろいろな異性との接触は作っておく。
そして、『異性』という存在に対しての執着は薄くしておく。
恋人が出来たら、その恋人を大事にする。

 

こうすることで、本当に好きな人に対して執着しすぎることなく接することができ、恋人になれる可能性も上がる。
失恋しても「特定の人に対する執着」により悲しさは出てくるけれども、「異性に対する執着」は薄いので、悲しさもある程度軽減される。
という仕組みを作り出すことが出来ます。

 

モテ期というのは実は理屈さえわかれば意図的に作り出すことが出来るものなのです。
この執着の仕組みを理解して、本当に必要な恋をうまく成立させるための準備をしておきましょう。


イラスト:ににこ

 


 

 

織田隼人 |

ドキっとする男性の仕草

ユウタ:「あーあ、彼女欲しいなぁ」
カナコ:「ユウタ君なら、モテそうだからすぐに彼女できそうじゃん」
ユウタ:「それがさぁ、なかなか『男』として見てもらえないんだよ」
カナコ:「あー、確かに。ユウタ君、モテる男の仕草をしないもんね」
ユウタ:「え、そんな仕草、あるの?」


■女性が好む仕草

 

女性の恋心を刺激する、男性の仕草って結構あります。
今まで意識していなかったのに、ちょっとした仕草で急に女性がドキっとして、そこから恋が始まる。
意外にこういうことは多いです。
恋のチャンスを捕まえるために、どんな仕草が女性をドキっとさせるのか、見ていきましょう。

 

・スーツのネクタイをゆるめる。
・腕まくりをする(血管が見える感じが良いです)
・腕時計を外す
・頭の上にある棚に女性が手を伸ばしているときに、男性が後ろから手を伸ばして荷物などを支える。
・メガネをかける/メガネを中指でクイッと引き上げる
・会釈をする
・頭をポンポンっ、となでる
・スーツを羽織る、スーツを脱ぐ
・「ん?」といって話を聞き返す
・車でバックをするときに、助手席の後ろに手をまわす
・女性が重い荷物を持っているとき、さっと取り上げて持って行く
・スポーツで活躍する

 

200907171

 

■男が見えるとき

 

なぜ、こういった仕草で女性がドキっとするのかというと、その瞬間に『男』というものが垣間見えるからです。
ネクタイをゆるめたり、腕まくりをすると男性の肌が少し見えることになり、そこにセクシーさを女性は感じます。

 

あと、守ってもらえているような感覚を感じたときなども女性は相手の男性に『男』を感じてドキっとするのです。

 

女性がドキっとする男性の動作、結構たくさんあります。
好きな女性に対しては意図的にやってみてはいかがでしょうか?


イラスト:上田 城

 


 

 

織田隼人 |

異性に伝えるために

ケンイチ:「男ってさぁ、相談にアドバイスで返しちゃうわけよ。だから相談はアドバイスの欲しいものだけにしてくれない?」
アキコ:「そういう言い方ってないんじゃない?男だからとか女だからでごまかすのっておかしいと思う!」
ケンイチ:「でも、そうできているんだから、仕方ないだろ」

 

 

 

男女の違いを説明しようとしているのにケンカになってしまう。
このサイトを見た人には意外と経験があることではないでしょうか?


■言い訳にすると・・・

 

男性と女性とでは考え方が違います。
そのことを知ると、彼女とか彼氏に『男と女は考え方が違うよ』というのを伝えたくなるものです。
ただ、その伝え方、というのがどうやら難しいようです。

 

「男って、こういう生き物だから、これはできないんだ」という言い方を男性がしてしまうと、角が立ってしまいます。
女性からしてみると「そんなの関係ないじゃない、言い訳にしているだけでしょ」というように感じてしまうからです。

 

もちろん、女性が男性に「女の子はこういう考え方をするから、これはできないの」といっても同じように角が立つ言い方になってしまうことでしょう。

 

どうしたらよいのでしょうか?

 

200907101

 

■がんばるという意思表示を

 

異性の心理の伝え方ですが、以下のように伝えると上手に相手に伝わります。

 

男ってさぁ、女性の相談にアドバイスで答えてしまうみたいなんだよ。
だから、君の相談にも俺って口出ししていたんだね。
ごめんね、傷つけていて。
これからはできるだけがんばって話を聞くから。
でも、俺も男だから間違ってアドバイスしてしまうかもしれない。そのときには許してね。

 

こんな感じに
(1)「男って(女って)こうだったんだ」ということを伝え、
(2)「今まで失敗してごめんね」と謝罪し、
(3)「これからがんばって対応する」と意思表示し、
(4)「それでも失敗したら許して」というように本音を伝える。

という手順をとるようにしましょう。

 

大事なのは「男女の心理の違いを理解したから、自分もがんばる!」という意思表示をすることです。

 

「自分ががんばる、でも失敗したら許してね」というように伝えれば相手も「がんばろうというのはわかった。だから私も許してあげる」というように思うことが出来ます。

 

言いたいことは同じでも、伝え方によっては角が立ちますし、上手に伝えれば相手も譲歩してくれるものです。
男女の心理の違いは難しい問題ですので、上手な伝え方を心がけたいですね。


イラスト:ムラクモ

 


 

 

織田隼人 |

結婚相手に望むこと

男性と女性とでは、結婚対象となる異性に望むことが違っていたりします。
どのような『条件』を望んでいるのかを見てきましょう。


■結婚対象となる人の条件

 

今回はリーブ21のアンケート結果を見ながら男女の傾向を見ていきます。

 

結論から言うと、男性は『かわいい容姿』を重視し、女性は『頼りがい』的なことを相手に求めているのがわかります。
細かい情報についてはこの記事の最後を見てもらうこととして、大事なポイントに注目していきます。

 

調査結果の男性と女性の回答で40%を超えているものだけをピックアップし、相手に求める『外見』と『内面』のデータを合わせて表示してみます。

 

◇結婚対象となる人の条件

  男性が女性に求める条件 女性が男性に求める条件
  回答 回答
1位 優しい 57.2 誠実 67.6
2位 太っていない 47.0 優しい 67.0
3位 誠実 45.2 頼りがいがある 55.4
4位 顔がかっこいい、かわいい 40.3 同じ価値観を持つ 52.0
5位     太っていない 45.8
6位     仕事が出来る 42.0

 

こうしてみると、男女で違いが明確に出て来ていますね。
男女ともに「優しさ」や「誠実さ」は求めています。

 

違いの部分としては、男性は女性に「かわいらしさ」という容姿を求めていることがわかります。

 

女性は男性に「頼りがい」や「仕事」といった支えてくれる能力を求めていることがわかります。

 

200907031

 

容姿についてはさらに調査結果が載ってあったのでそれも掲載しておきます。
男女がどうやって容姿を良くしようと努力しているのかがわかります。

 

◇自分を美しく見せるために、あなたが力を入れている方法は何ですか?(上位4つ)

  男性 女性
  回答 回答
1位 特になし 27.9 化粧 25.2
2位 スポーツ 22.7 特になし 20.5
3位 22.3 20.3
4位 食事 7.6 食事 13.6

 

男性はスポーツでがんばろうとして、女性は化粧でがんばろうとしています。
これ、すごくおもしろいですよね。

 

女性は頼りがいを求めている。
男性はスポーツで容姿を鍛える。
なので、男性には肉体的な頼りがいができあがる。

 

男性は「かわいらしさ」を重視している。
女性は化粧で容姿を磨く。
なので、女性には「かわいらしさ」ができあがる。

 

男女の世界は、思っている以上に釣り合いがとれやすく出来ているのかもしれません。



集計前のデータを念のためにここにも載せておきます。
色々と気づきを与えてくれるので、時間がある方はじっくりごらんになってください。

 

◇結婚対象となる人の、外見の条件は何ですか?(複数回答)

  男性 女性
  回答 回答
1位 太っていない 47.0 太っていない 45.8
2位 顔がかっこいい、かわいい 40.3 脂っぽくない 38.6
3位 薄毛ではない 18.6 薄毛ではない 36.1
4位 脂っぽくない 16.7 顔がかっこいい、かわいい 19.0
5位 華奢 7.7 背が高い 18.8
6位 背が高い 5.0 筋肉質 10.5
7位 筋肉質 1.7 華奢 3.8

 

◇結婚対象となる人の、内面の条件は何ですか?(複数回答)

  男性 女性
  回答 回答
1位 優しい 57.2 誠実 67.6
2位 誠実 45.2 優しい 67.0
3位 同じ価値観を持つ 35.9 頼りがいがある 55.4
4位 真面目 26.3 同じ価値観を持つ 52.0
5位 子供好き 23.3 仕事が出来る 42.0
6位 同じ趣味をもつ 18.6 子供好き 38.5
7位 向上心がある 15.8 真面目 35.7
8位 社交的 13.9 向上心がある 32.2
9位 頼りがいがある 12.9 同じ趣味をもつ 22.0
10位 のんびり 9.0 社交的 19.5
11位 物静か 7.5 のんびり 9.7
12位 仕事が出来る 6.7 違う趣味をもつ 3.6
13位 違う趣味をもつ 2.4 物静か 2.8
14位 遊び慣れしている 0.9 遊び慣れしている 0.9

 

・感想
今回はアンケート内容に『収入』や『家事』といった項目ことは無かったようです。
この辺が入っていればさらに面白いデータが読めたかもしれません。


イラスト:うさこ

 

 

織田隼人 |

デートは楽しむ

ユキコ:「デートに行くと緊張しちゃってなかなか話が盛り上がらないんだよね」
マミ:「わかるわかるー。緊張して盛り上がらなくて、結局上手くいかないんだよね」
ユキコ:「そうなのよ。デートってどうやるのが成功の秘訣なんだろうね」


■相手が楽しませるのがデートの秘訣

 

恋愛の基本は「自分が何かされるのを待つのではなく、自分が相手に与えること」です。
それはデートでも同じ。
相手に楽しませてもらおうとするのではなく、自分から相手に楽しんでもらおうと行動することが大切です。

 

男性の場合、楽しいところに女性を連れて行ったり、女性においしいお料理をごちそうすることで女性を楽しませることが多いです。

 

 

 

では、女性はどうやって男性に楽しんでもらえばよいのでしょう?


■自分が楽しむことがデートで相手を喜ばせる

 

女性が男性を楽しんでもらうためにする行動で一番良いのは次のことです。

 

女性はしっかりとデートを楽しんで、それを表現すれば男性は楽しくなります。

 

どういうことかというと、男性は女性に喜んでもらうためにデートプランを考えたりしているわけです。
男性を喜ばせるには、この男性の意識に答えるのが一番です。

 

料理に連れて行ってもらったら、料理をおいしく食べる。
面白い場所に連れて行ってもらったら、そのおもしろさをじっくり楽しむ。
映画につれていってもらったら、その映画を楽しむ

 

このように男性の行動に答えることが一番男性を楽しませることにつながるのです。

 

200906261

 

■忘れがちだからこそ

 

どうしても、人間は相手が自分に対して何かしてくれればしてくれるほど、申し訳ない気持ちになったりしてしまうものです。
相手の負担をつい考えてしまうからでしょう。

 

でも、相手が望んでいるのは申し訳ない気持ちになってもらうことではありません。
相手は「楽しんでもらいたい」と思ってがんばっているのです。

 

そのことを忘れず、しっかりとデートを楽しんでください。
そうすれば、デートは成功するのですから。
お互いに楽しめるのですから。


イラスト:上田 城

 

 

織田隼人 |

結婚相談所のGAP

エミ:「あー、結婚したいなぁ」
ユウコ:「エミって確か、結婚相談所に行ってたよね、実際はどうなの?」
エミ:「うーん、なんかときめかないんだよね。やっぱり好きになった人と結婚したいじゃん」
ユウコ:「エミ、結婚したいのか、恋愛したいのかどっちなの?」


■結婚相談所の実態

 

晩婚化も進み、最近は結婚相談所を利用する人も増えました。
昔は「結婚相談所に行くなんて恥ずかしい」という人もいたみたいですが、そういう意識も薄くなってきて「良い出会いがあるなら使うのもアリだよね」という雰囲気になっているようです。

 

さて、結婚相談所の実態ですが、ここにもやっぱり男女で意識が違う部分が出て来ます。

 

女性は甘い恋愛をして、そして結婚したい、と思っている人が多いです。

 

ところが男性は早く結婚したい、と思っている人が多いです。

 

結婚相談所にいる男性の多くは「恋愛」をしようとは思っていないようです。
むしろ、面倒なプロセスを飛ばして『結婚』という目的に一直線に進むために結婚相談所にきている感覚なのでしょう

 

200906191

 

■しっかり伝える事が大事

 

このように、結婚相談所に行き『結婚』を目的にしている人たちでも恋愛観は違っています。
自分の恋愛観というのは何もしないと相手に伝わらないものです。
もし自分の恋愛観を満たしてもらいたいのであれば、相手にしっかり伝える事が大事です。

 

『恋愛というプロセス』を経て結婚をしたいのであれば、「私は恋愛をじっくり体験させてもらいたいのです。恋人感覚を味わって結婚したい」という意識を伝えるとよいでしょう。

 

もちろん、結婚相談所を使わない場合も男女の恋愛観はずれています。
ですので、自分のして欲しい事があったら、しっかりと相手に伝える、という事はやっぱり重要なのです。


イラスト:ムラクモ

 

 

織田隼人 |

消極的な男子

トモミ:「やっぱり、告白ってしてもらいたいものだよね」
ヨウコ:「うんうん。自分から告白することもあるけど、告白されるときの方がずっとうれしいよね」
トモミ:「だよねー。でも、最近の男子達って告白が苦手なみたいだね」
ヨウコ:「そうだねー。どうして苦手なんだろうね」


■告白のリスク

 

告白は、付き合っていない状態の時に「付き合ってください」と宣言するものです。
告白をするということは、断られるリスクを背負うことにもなります。

 

ですので、告白を受ける方よりも告白をする方が緊張をします。
告白をされた側は「ごめんなさい」と断るか「私も好きです」とOKをだすかどちらかの選択肢を選ぶわけですが、どちらにしても自分の思っている方向に動きます。

 

しかし、告白をする側は「ごめんなさい」と言われたら自分の思っている方向に動かず、つきあえない状態になってしまいます。
これが告白のリスクです。

 

200906111

 

■告白をしたくない

 

女性にしても男性にしても、告白をしないですむなら、できればしたくない、という人が多いのはこのリスクがあるためです。

 

しかし、それでも告白をする人はいます。
告白をする人の特徴は「ダメ元でも気持ちだけは伝えたい」という人と「今のうやむやな関係から付き合っている関係に移行したい」と思っている人です。

 

うやむやな関係で、女性が男性の告白を待っているパターン、結構多いと思います。
男性に告白してもらうには、男性の『リスク』を減らしてあげると告白してもらえる可能性が上がります。
リスクの減らし方は簡単です。
男性に対して好意を伝えるのです。
「XXくんと一緒にいると本当に幸せだなぁ。もっと一緒にいたいね」というように『好き』とは言わずとも、好きと同じような意味合いのことを言えばよいのです。

 

そうすると、男性は「もう告白してもリスクは少ない。告白しよう」と思えるのです。

 

男性に告白してもらうには、男性の告白のリスクを減らすというのが大切です。
男性に告白してもらうためにも、好きな男性に対しては自分の好意を伝えていってくださいね。


イラスト:うさこ

 

 

織田隼人 |