« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

お金をもらおう

トモミ:「商談って嫌いじゃないんだけど、値段を提示するときだけは、いつもたどたどしくなっちゃうんだよね」
トオル:「へー、そうなんだ。俺は商売なんだからそんなに気にせず出せるんだけどね」
トモミ:「どうしてなんだろうね、なかなか苦手が克服できなくて」


■お金を受け取るのが苦手

優秀な営業パーソンは、男性もいますし、女性もいます。
なので、営業という業種は男女問わずに才能を発揮できるところのようです。

ところが、女性の中には『お客さんに価格を提示するのが苦手』という人がいたりします。
特に、商品を売る仕事ではなく、サービスをする系の仕事(モノが動かない仕事)では、お金をもらうことが苦手な女性が多いです。

なぜなら、女性は「人を助けるのは当然」と考えをビジネスにも持ち込むという傾向があるからです。

200905211

■やるべきことにお金を

そうはいっても、ビジネスの世界というのは『人の役に立つモノを提供し、その対価をもらう』という仕組みで成り立っています。
そのおかげで、お金を請求される側の人というのは「請求されるのが当たり前」と思っています。

ですので、お金を請求するのが苦手な人も「相手はそんなに気にしていない」ということを理解して、平然とお金を請求するようにしましょう。

商品やサービスを受け取るがわからしたら、『金額』というのは早めに教えておいてもらいたいものです。
ですので、金額を伝えるのは「相手のために伝えよう」という位の気持ちになっても良いのです。

日常生活では、人のために行動することは、『無料』が当然かもしれません。
でも、ビジネスの世界では人のために行動することは、『有料』が当然なのです。
お金を請求することは、相手にとっても嫌なことではないので、しっかりと請求してみてください。


イラスト:うさこ

 

織田隼人 |

チヤホヤに注意

タケシ:「たまに、『おごってもらって当然』って考え方をする女の子がいるよね」
ヨウコ:「私の友達にもいるよ。普通は『おごってもらってうれしい!』なんだけどね」
タケシ:「そうそう、そうなんだよ。うれしいと思ってくれるから男はおごるんだよ」
ヨウコ:「だけど、そういう勘違い女子もいるんだよね。不思議だねぇ」
タケシ:「ホント、不思議だよ。何でそうなるんだろうね」


■男性の甲斐性

女性が男性より稼いでいても不思議ではなくなったこのご時世ですが、それでも男性は女性に『おごる』ことが多いです。
おごることは、男性にとって『自分への投資』のようなものなのです。

 

『おごる』ことによって

男性は『一種の甲斐性』を女性に示すことができます。また、女性に喜んでもらうことが出来ます。
男性にとって『おごること』は、格好よく見せるため、そして女性の喜びを感じてもらい、自分も気分が良くなるためのものなのです。


■投資を受けるのは当然じゃない

 

ここからが大事なところなのですが、男性が女性に『おごる(投資をする)』のは当然のことではありません。
男性が女性におごることは多いですが、同じおごる場合であっても次のように思考パターンが変わってきます。

 

◆おごられて当然の女性に対して
「俺は好きでおごろうとしているのに、おごることが『義務』のようになってイヤだなぁ」
→なぜ、おごるのがイヤになるのかというと、投資に対して「よろこんでもらえる」というリターンがないからです。
男性は相手に喜んでもらえて初めて『おごったことに対するリターン』を得るからです。

 

◆おごられて喜んでくれる女性に対して
「やっぱりおごるのは気持ちが良いなぁ」
→一番欲しかった『よろこび』を返してもらえるので、男性もうれしくなります。

 

◆おごろうとするのを断られた場合
「うーん、なんだか普通の食事会になってしまった」
→良いところを見せようとしたのの肩すかしを喰らった格好になります。

 

200905151

 

■当然とは思わないでおこう

 

これをみてわかるように、男性はある意味特別な行為として『おごる』ことをします。
ですので、おごられた場合は『特別なことをされた』と思って喜ぶのが一番良い返し方です。

 

20代で彼氏がいなくてそこそこモテる女性は特におごられることが多いと思います。
そこで大事なのが『おごられることは特別だ』ということを忘れないことです。

 

おごられることが多いと、おごられることが当然のように思えてきます。
ただ、男性からすると「この人だからおごりたい」という気持ちでおごっています。
そこを忘れないようにしましょう。

 

人間は何度も同じ経験をすると『慣れ』てしまうものです。
『慣れ』というのは人間の判断力を低下させる原因となります。
間違った判断をするようになると、いつか自分の大切な人を失ってしまいます。
自分のためにも、『特別な行為』を『特別だ』と認識する回路を自分の頭に作っておきましょう。


イラスト:ムラクモ

 

 

織田隼人 |

手伝いすぎないようにしよう

今日は彼とのドライブ。
サトシ:「うーん、道を間違えたかなぁ」
ユミ:「カーナビって目的地の近くに来ると黙っちゃうから困るよね。あ、こっちの道じゃないの?」
サトシ:「その道は違うと思う」
ユミ:「じゃあ、こっちの道だよ。行こうよ」
サトシ:「悪いけど、少し静かにしていてくれないかな」

 

ユミさんは正しい道を探そうとしてサトシさんにアドバイスをしているのに、サトシさんにするとどうもそれが気に障るようです。


■女性同士なら助け合いなのに

道に迷ったときに彼にアドバイスをすると、彼がイラっとしてしまう。
こういう経験したことのある女性は多いのではないでしょうか?

女性同士だったら、助け合いの精神が働くので「そうだね、困ったね。こっちに行ってみよっか」と相手をいらつかせることなく話が進むところです。

ところが、男性が失敗したときなどに男性にアドバイスをすると男性は怒ってしまいます。
男性は自分が失敗したときには自分の力で失敗を取り返そうとするからです。

自分の失敗を相手にフォローされたとき、男性のプライドは傷つきます。
『俺って使えないやつだから、フォローされるんだ』と男性は思ってしまうのです。

200904301

■あえて見守る

誰かが失敗したとき、女性同士だったら、手伝うことが相手への思いやりになります。

ところが、前述のように男性相手にはあえてフォローをしない方が男性のためになるのです。

男性が困っているときでも、男性がフォローを求めてこなければそっとしておいて上げると、結果的にそれが男性のためになります。
これはとても重要なことなので、女性の方は覚えておいてください。
手伝いたい気持ちを我慢して、見守る。
これって見守る側も我慢というストレスがたまりますが、男性のプライドを傷つけることなく物事が進むので結果的には良い方向に向かいます。

男性が助けが必要だと感じたら、自分から助けを求めてきます。
もしくは、慰めの言葉を求めてくることでしょう。
それまでは、じっくり止まってあげてください。
そうすれば、男性も自分のプライドを傷つけられずに、物事を乗り越える力を身につけていきますから。


イラスト:上田 城

 

 

織田隼人 |

謝罪の重要度

ミツオ:「あああ、どうしよう」
トオル:「どうしたんだ?」
ミツオ:「昨日は飲み会があって帰るのが遅くなったんだけど、奥さんに伝えるのを忘れていて、すっごく怒っているんだ」
トオル:「そりゃ厳しいな。じゃあケーキでも買って帰ればいいよ」
ミツオ:「普段よりも怒っているんだよなぁ。普段の怒りにケーキだから。それ以上のことがいるような気がする」
トオル:「そうか。じゃあ、普段より良いケーキを買って帰ればいいよ」


■謝罪ランク

女性に謝罪をするときには、『物』をセットで謝罪すると早く許してもらえます。(『ケーキを買って謝ろう』参照)
ただ、『物』を添えて謝るにしても、重大な謝罪と、軽い謝罪で『同じ物』を渡すと、重大な謝罪が軽い謝罪のように思われてしまいます。
ですので、謝罪の大きさによって、渡す物も変化をつけた方が良いのです。

女性に謝罪する場合、重大な謝罪の時には良い物を。軽い謝罪の時には軽い物を添えて謝るようにしましょう。


■意図的にケーキの質を

彼女や奥さんが怒っているときに、謝罪と一緒に渡す物の1つに『ケーキ』などのスイーツがあります。
この謝罪用のケーキですが、お店やケーキの種類でランク付けをしておくと、いざというときに非常に役立ちます。

良いお店や高いケーキは、重大な謝罪の時に使う
普通のお店やそれほど高くないケーキは、普段の謝罪の時に使う。


このようにあらかじめ謝罪に使う物のランク付けをしておくと、謝罪をされる女性はその謝罪の重さを感じてくれるようになります。

普段の謝罪に高級ケーキを買って渡すと、高級ケーキが普段の謝罪レベルになってしまいます。
それでは、重大な謝罪の時に対処に困ってしまうので、普段の謝罪には普通レベルのケーキを渡す方が良いのです。

200904241

真剣な謝罪の時のために、あらかじめ普段の謝罪レベルを調整しておく。
長期にわたっての付き合いでは、この「あらかじめ準備しておく」という行動が未来の役に立つことが多いです。
将来のリスク軽減を行うって、恋愛なのになんだか経営学みたいな感じで面白いですね。


イラスト:ムラクモ

 

 

織田隼人 |