« 謝罪の重要度 | トップページ | 思いやりの愛情 »

20代、30代の価値

マサオ:「最近さぁ、彼女が『結婚』を意識するようになってきて」
トオル:「そういや、彼女さん30歳になったばかりだもんな。そりゃ意識するよな。で、おまえは?」
マサオ:「それが、正直まだよくわからないな。結婚しても良いような、したくないような」
トオル:「そうだよな。ぶっちゃけ、結婚ってイメージしづらいよなぁ」

彼女が結婚について真剣に考えているのに、漠然としか結婚のイメージを持っていないマサオであった。


■結婚意識の差

男性は意外に結婚対して無頓着です。
たとえば、友達同士で飲みに行ったときなどでも結婚についてはそれほど深くは盛り上がりません。
『結婚しようか悩んでいる』とか『結婚後にこんなことがあった』とかそういう話がでてこないのは、男性達が結婚というものについてそれほど興味を持っていないからでしょう。

ところが女性はというと、20代後半から結婚を強く意識していきます。
そして、30代前半になると女性は結婚というものと自分の現状をしっかりと整理します。

30代前半の男女を比べると、
男性は結婚を「機会があったらしよう」という程度しか考えていないのに対し、
女性は結婚を「具体的な実行プラン」として考えるくらい、違いがあるのです。

もしかしたら、男性は「そりゃ、女性って若い方がキレイだから焦るんでしょ」というくらいの気持ちはあるかもしれません。
しかし、それ以上に女性は結婚についてもっと深く考えているのです。

■自分基準で考えない

出産について考えてみましょう。
35歳以上の出産は「高齢出産」となるので、出産リスクは若いときよりも高まります。
そう、この35歳というのが1つのラインなのです。
女性である以上、出産は男性の何倍も何十倍も真剣に考えることのですから。

ここで大事なのが、女性の気持ちです。
20代後半、30代の女性と付き合っている男性は、彼女の1年を自分の1年と同じように思わないでください。
恋愛や結婚という基準で見ると、彼女の1年は自分の3年の価値がある。そう考えるようにしましょう。

これくらいの気持ちになっておくと、今後彼女とどう過ごすかが見えやすくなります。

もし、結婚するのであれば早いほうが二人にとって幸せかもしれません。
高齢出産などのリスクも避けられるかもしれませんし、彼女の焦りの気持ちも解消するかもしれませんから。

もし、結婚しないのであれば別れを早めに考えた方が良いかもしれません。
1ヶ月2ヶ月の付き合いではわからないかもしれませんが、半年や1年もたつと将来のことを考えるようになると思います。
そのとき、彼女のためにも早めに決断すると良いでしょう。

男性と女性とで、『恋愛』における1年の重要度は異なっています。
特に20代後半、30代では1年の重要度に男女差が大きく出るので、彼女の気持ちをじっくり考えているとよいかもしれません。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2009/04/30 |

« 謝罪の重要度 | トップページ | 思いやりの愛情 »