« 女性の相談に答えてはいけない!? 改訂版 | トップページ | 自分の価値 »

イスになろう

ミドリ:「ユウタくんって、本当に彼女と仲が良いよね」
ユウタ:「そうだね、僕らは結構仲が良い方な気がするよ」
ミドリ:「仲良しの秘訣ってあるの?」
ユウタ:「うーーん、あ、そうだ。僕がイスになることかな」
ミドリ:「え、イスになる!? どういうこと?」
ユウタ:「それはねぇ」


■仲良しの秘訣

カップルにしても夫婦にしても、付き合いが長くなってくると自然に相手に愛情を示す回数が減ってきます。
相手に愛情をあまり示さなくなると、二人の『仲良し』な感じが薄れてしまいます。

しかし、ずっと仲良しなカップルもいたりします。
彼らに聞いてみると、日常生活に愛情表現が組み込まれていることがわかります。
日常の愛情表現、どんなものがあるかを見ていきましょう。


■日常の愛情表現

カップルが意識せずに自然にお互いに愛情を示す行為、日常の愛情表現には以下のようなものがあります。

・手をつなぐ
・相手のバッグを持つ
・頭をなでる
・マッサージをする
・・・

他にもありますが、これ以上におすすめなのが『イスになる』という日常の愛情表現です。

ソファーや座椅子に男性が座り、そこにさらに女性が男性にもたれかかる。
このように男性がイスになった状態で話をしたり、テレビを見たりするのがおすすめです。

なぜオススメかというと、男性と女性の愛情の感じ方と同じ体制になっているからです。

男性に頼られているのを感じると、相手に対して愛情を感じます。
女性は男性に支えられているのを感じると、相手に対して愛情を感じます。

まさに、イスの体制になることで、支え、支えられの形が出来るので、二人が愛情を感じやすくなるのです。

長い付き合いの中では、『自然に愛情表現が出来る状態を作る』ことも仲良しの秘訣だったりします。
男性がイスになることで、二人の間で普段から愛情表現をしている状態を作り出すことが出来るのです。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2009/03/13 |

« 女性の相談に答えてはいけない!? 改訂版 | トップページ | 自分の価値 »