« 自分の価値 | トップページ | 低い声と高い声 »

恋愛は勘違い

マモル:「来週末、好きな娘とデートに誘いたいんだけど、どこにいけばいいかなぁ」
ミサ:「じゃあ、ドキドキしてもらえる場所にするとイイよ」
マモル:「たとえば?」
ミサ:「たとえば・・・・高いところとか?」
マモル:「それって、単に高くて怖いからドキドキするだけじゃ・・・」
ミサ:「ま、まあ、そう、かもね」


■ドキドキは作れる

吊り橋効果ってご存じですか?
吊(つ)り橋に立っていると、揺れるし高いところなので怖さを感じます。
その怖さから、人は心臓がドキドキする。
この状態で異性に合うと、その人に対して恋愛感情を抱きやすくなります。

この恐怖からくる心臓のドキドキと、恋のドキドキとを人は勘違いしてしまうのです。


■場所を選ぼう

吊り橋効果なのですが、デートにおいても利用できる場所が多々あります。

たとえば、デートの場所選び。
定番ですが遊園地に行くと、ジェットコースターやらお化け屋敷と言った『心臓がドキドキするスポット』がたくさんあります。
だから、遊園地はデートコースに使われることが多いのです。

他にも、いつも以上に雰囲気のあるレストランに行くと効果があるのも似たような要因が関係しています。
お店の雰囲気が良いことと、デート相手の雰囲気がよいことが混同されてしまうのです。

このように、実際には『心の作用』が単に働いているだけなのですが、それを勝手に恋愛感情と勘違いしてしまうように人間は出来ているのです。

■恋愛に近い感情を

一緒に映画を見るときには、恋愛映画のようにその場で恋愛感情を発生させることができるものや、ドキドキがあるアクションものなどを見ると良いでしょう。

他にも、一緒にスポーツをすると胸がドキドキするので恋愛関係に発展しやすくなります。

今まで見てきたように『恋愛時に発生する感情』に近い感情を一緒に体感できると、恋愛関係に目覚めやすくなります。
デートの時には是非、恋愛感情を作っていくためにも、恋愛に近い感情が生まれる場所に行ったりしてみてください。

最初は勘違いのように始まるのが恋愛かもしれませんが、それが長続きすれば本物になっていきます。
やっぱり、恋愛が始まるにはキッカケが必要。
そのキッカケ、次自分でも作ることが出来るので、積極的に作ってみてくださいね。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2009/02/23 |

« 自分の価値 | トップページ | 低い声と高い声 »