« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

外見重視!?

ユミコ:「男友達の薦める男性って、いい人が多い、というのはわかるんだけど」
ヒカリ:「うんうん、それで?」
ユミコ:「でも、実際に好きになるのは男友達が薦める人じゃなかったりするんだよね」
ヒカリ:「そうだよねー。客観的には間違っているような気はするんだけど、何でなんだろうね?」


■同性、異性?

同性からみた「この人いい人」と、異性から見た「この人いい人」というのは必ずしも一致しません。
たいていの場合、異性から見た「いい人」というのは外見的に良い人の場合が多いです。
そう、異性を見るときには(同性同士よりも)外見的要素が重要視されるのです。

なぜ、このように外見重視になるのでしょうか?


■見えないモノは見ない

何度もお伝えしているように、男性と女性とでは考え方が大きく違っています。
なので、男性は男性のことについてはわかりますが、男性から見て女性の考え方はわかりづらいものが多いです。
女性は女性のことはわかりますが、女性が男性のことについてはわからないことの方が多いです。

このように、異性を見たときには考え方の違いから、異性の内面については理解できないことが多いのです。
人間は、理解できないことについては考えることを後回しにします。
そのため、異性相手の内面についての評価は後回しにされるのです。

200812191

上の図のように、同性の内面はよく見えるので評価対象になるのですが、異性については内面がよくわからないので評価対象から外れてしまい、結局外見で評価される部分が多くなるのです。


■土俵に登る

特に男性に多いのですが、「外見で評価しないで欲しい、内面を見て欲しい」という人が結構多くいたりします。
しかし、異性からは最初は外見によって選別されてしまいます。
ですので、入り口で恋愛対象から落とされないようにある程度の外見は整えることが必要なのです。

200812192

ちなみに、イケメンだからとかカッコいいファッションをしなければならないとかそういう話ではありません。
ある程度ファッションに気を遣っていて、小綺麗にしておくとそれで外見要素は十分になります。

「人間は内面だ」と言われることも多いですが、最初はどうしても外見で判断されてしまう部分が多いです、特に異性になれば。
ですので、外見でNGと出されない程度の準備は進めておく必要があるのですね。


イラスト:うさこ

織田隼人 |

婚活の障害(女性編)

最結婚活動、略すると『婚活』ですよね。
この『婚活』にはいろいろと障害があるようです。

結婚相談所に通っている男性、女性ともに結婚を希望しているのに、なぜか結婚できないまま1年が過ぎることもあったりします。
どうしてこのように結婚したい人が集まっているのに結婚できない状態が発生してしまうのでしょう?
今回は、結婚できない女性に焦点を当ててみていきます。


■見た目はまあまあ

結婚相談所に通っている女性というと、一般的なイメージではちょっと「もさっ」としている女性を思い浮かべるかもしれません。
しかし、実際に見てみると結構キレイで話をしても好印象な方が多くいます。
ところが、それらの女性であっても結婚できていないケースが多々あります。

そして、ヒアリングをしていくとほぼ、同じ理由にぶち当たります。
結婚に届かない女性はプライドが高く、男性の選り好みをしているのです。

人間は年をとればとるほど、自尊心=プライドが高くなっていく傾向があります。
プライドが高くなると、「どうすれば自分が結婚してより高い位置に上れるか」と考えながら行動してしまい、結局男性を選ぼう、選ぼうとして選びきれなくなってしまうのです。


■相手を見ていない?

プライドが高いだけならまあ問題ないのですが、プライドが高くなった結果、相手を「評価」しようとするのが大問題で、この評価をしようとする心が結婚を妨げてしまいます。

基本的に、人間は誰でも問題を持っており、良いところがあれば必ず裏返しで悪いところがあります。
相手を「評価」しようとすると、どうしても悪いところが目につきます。
良いところよりも悪いところを見つける方が簡単だからです。
そうなると、結局相手の良いところを見つける前に、「この人ではダメ」となってしまい、恋愛、しいては結婚までたどり着けなくなっているのです。


■愛って与えるものだから

そして、もう1点、相手を「評価」しよとすると恋愛にたどり着けなくなる理由があります。
それは、「評価使用としている状態」は相手から何かを受け取る側にいる、という意識になっており、結果「与える側」になり得ていないからです。

愛は与えるもの。
これは誰もが知っていることです。
結婚や恋愛には「愛」が必要なのに、その「愛」を作ろうとしないで「相手の愛を評価しよう(愛をもらおう)」という位置にしか立っていないのが問題なのです。

男性にしてみれば評価だけしてくる女性を避けたくなります。
やっぱり男性にしても、自分を大切にしてくれそうな女性のことを好きになりますから。

200812121

■幸せを与えられるか?

婚活に成功している女性を見てみると、やはり「この人を幸せにできるのか」という視点を持っている方が多いです。
そう、まず男性にあったときに男性を評価するのではなく、「私はこの人を幸せにできるのか?」と考えてみるのです。

もちろん、「この人は私を幸せにしてくれるのか?」という点も考えています。

大切なのは「愛を与える側」になり、「愛を受け取る側」にもなることです。
そして、さらに大切なのは最初は自分が「愛を与える側」になることです。

相手を喜ばせようとすると、相手の良いところが自然に見えてきます。
相手の良い点を見れば、自然に相手に惹かれることにもなっていきます。
そうすると、恋愛に発展し、結婚に発展していきます。

婚活をしようと意識すればするほど、つい相手を「評価」しようとてしまいがち。
そこを乗り越えて相手に与える側に回ることができれば、自然と幸せが巡ってくるようになるのです。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |

きれいになるために

ユミ:「男ばっかりの職場にいるもんだから最近オシャレ度が低くなってきたんだけど」
トモコ:「うんうん、それで?」
ユミ:「このまえ大手町の会社に行ったらオシャレな女の人ばっかりで、『私、こんな場所にいてごめんなさい』なんて思っちゃった」
トモコ:「うっわーー、わかるわー、それ。なんかオシャレな人がいると自分が申し訳ない気持ちになるよね~」


■オシャレは女の人に触発されて

男性が好む女性の服と、女性が好む女性の服は大きく違っています。
男性は、どちらかというと可愛い系を女性に求めることが多いのに対して、女性は「キマっている」という感じの服を好みます。

そのため、男性ばかりの職場に女性がいると、女性からするとこんな感じになります。

「男の人ってちょととダサ目でピンクとか白とかの色の服を着ていくと可愛いっていってくれるでしょ」
「そうそう、気合い入れた日には褒めてくれなくて、手を抜いた日に褒められるって微妙だよね~」

こういう感じで格好良く決めた日には褒められず、ちょっと手を抜いてゆるゆるした服を着た日には褒められる、という日々になってしまいます。
結果的に、手抜きの服装になることが多くなります。

そして、ふと女性の多い場所(サークルとか職場とか)に行ってみるとキレイな女性がいっぱいいることに気づいてしまい、手抜きをしている自分が恥ずかしくなってしまいます。
そして、危機感を覚え、オシャレに目覚める女性が多いのです。

女性がおしゃれに目覚めるのは、男性の目を意識したときより、きれいな女性が近くにいるときなのです。

200812051

■緊張感を保とう

さて、女性がオシャレに目覚めてがんばると、不思議とキレイになっていきます。
ダイエットを始めて体型の管理をしたり、スポーツをしたり。
体と心によい意味での緊張感が生まれるので、キレイになりやすいのです。

その後、男性が好む服を着たとしても、キレイになっている分さらにモテることにもつながります。
女性にとって『美』というものは、自信を高めるための心意気でもあります。

ちょっと手を抜いているなぁ、と感じた人はきれいな女性がいる場にたまに行くと緊張感が出て良いのです。
ダイエットをするときでも、ただやみくもにダイエットをするのではなく、きれいな同性のいる場に出て、そして緊張感を作ると上手くいく可能性が増えます。

ある程度の緊張感は人を行動的に変え、そして良い刺激にもなります。
最近手を抜いているなぁ、と思った女性の方は是非キレイな「同性」のいる場に出かけてみてくださいね。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

とにかく結論を

サツキ:「郵便局に行こうとしたらね、雨が降ってきて、仕方ないからカフェで時間をつぶしたの」
ケンタ:「それで?」
サツキ「時間をつぶしにミナコとメールしてたんだけど」
ケンタ:「結局何が言いたいの?」
サツキ:「・・・」
なかなか、会話がかみ合わない二人であった。


■結論ありき

男性がよく言う台詞の中に、こんなものがあります。
・つまり、まとめると・・・
・結局のところ・・・
・平たく言うと・・・
・逆に言うと・・・

見てみればわかりますが、これらは「結論」を話す前に言う台詞です。
なぜ、男性がこのような台詞が口癖になっているかというと、男性は会話には「結論が必要である」と考えているからです。

上記の言葉が口癖になっている人の中には、結論にたどり着かずとにかく口癖となっている「逆に言うと」を繰り返す人もいたりします。
「逆に言ってないでしょ」とツッコミたくなりますよね。
男性的には「何かしら結論を言わないと」という意識があるからこそ、このような言葉が口癖になっているのです。


■教訓が結論に

このような「結論が必要」な男性は、会話の中で結論が見えないと「この人は何が言いたいのだ?」とどんどん考え込んでいき、頭がこんがらがってしまいます。
ですので、男性相手には会話の中に結論を準備して話をすると聞き手の男性は集中して聞くことができるようになります。

200811281

結論といってもそれほど完全に上手くまとめなければならない、ということはありません。
「まとめると」とか「逆に言うと」という言葉が口癖の男性みたいに「まとめようとする意思」を見せれば聞き手の男性はそこそこ満足します。

お勧めの方法は、話の内容から1つ『教訓』を作ることです。

「道に迷ったの」という話をするときには、「今度から地図を印刷するね」という教訓をつければ、それで結論になります。
「寝坊しちゃって」という話をするときには、「携帯の目覚ましを最低2つセットするようにするね」という教訓をつければそれで結論です。

このようなちょっとしたテクニックを身につけるだけで、男性相手に上手に話すことができるようになります。
会話は話し手が聞き手の反応を見ながら上手に相手を楽しませる必要があります。
男性相手には、教訓を使って相手を楽しませてあげてくださいね。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |