« とにかく結論を | トップページ | 恋愛は恥ずかしい »

登場人物

マユミ:「そこで、ミナコとサツキが海に飛び込んだの」
マサオ:「え、ヤヨイちゃんじゃなくて?」
マユミ:「ヤヨイはそのとき海辺でぐったりしてたよ」
マサオ:「ごめん、もう少し登場人物、減らしてもらえないかな・・・」
マユミ:「えっ? トモコがもうすぐ話に出てくる予定だったんだけど。わからなくなった?」


■会話に出てくる人物

男性と女性の会話の違いの1つが、会話に出てくる登場人物。
男性の場合、聞き手が知っている人物を中心に会話に登場させます。
女性の場合、聞き手が知らない人物であっても結構自由に会話に登場させます。

でも、どうしてこのような違いがあるのでしょう?

男性は、聞いている人が知らない人物が出ても、面白くないだろうなぁ、と思って知っている人だけを登場させます。

男性なりに会話に気を遣った結果、このような話し方になるのです。

ところが、女性は聞き手が知らない人であっても自由に会話の中に出てきます。
というのも、女性は人間の関係性を見抜くのが得意なので、登場人物が多少増えても背景を想像しながら聞くことができるからです。

あと、女性の方が海馬(脳の中では短期記憶を司る部位)が大きいので人の名前も暗記できる、ということも関係しているかもしれません。

このように、女性が聞き手の場合、多少知らない人物が登場してきても柔軟に対応できます。
このため、女性は話し手になった場合でも、登場人物をどんどん増やすのです。


■男性に面白い話を

とはいえ、男性が聞き手に回ると、たくさんの登場人物が出てきたときに「誰がどうだっけ?」とわからなくなってしまい、結果的に会話が楽しめなくなってしまいます。
ですので、男性相手に話すときには登場人物を少なくしたり、その男性が知っている人を中心に話すようにしましょう。

男性の中には「女性の会話がつまらない」という人もいます。
この場合、理由の1つとして「登場人物の多さ」が関係していることも多いです。

会話というのは自分も相手も楽しんでできると弾むもの。
相手にとっても自分にとっても楽しい会話ができるとよいですね。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/11/24 |

« とにかく結論を | トップページ | 恋愛は恥ずかしい »