« 手抜きの愛情表現 | トップページ | 工夫をほめよう »

結婚したら女性はキツくなる?

ミツル:「なあ、結婚したら女ってキツくなるっていうだろ。お前のとこはどうなのよ」
ツヨシ:「俺のとこは・・・うん。確かにキツくなったかな。なんていうか、言葉に遠慮がなくなった感じかな。」
ミツル:「やっぱそうか。なんか結婚するのって怖いなぁ」


■結婚してから

結婚をすると女性はキツくなる、ということがよく言われます。
よく言われる、ということは実際にそうなっているケースが多いからでしょう。
でも、それなら同棲中とか付き合っている間に彼女の性格なんてわかりそうなものです。
とはいえ実際には結婚してからその性格が出る。
これってどうしてなのでしょう?

実は「心の壁」というものがこの性格の変化に影響を与えています。


■壁の位置

結婚前、心の壁は付き合っている二人の間にあります。

これは、まだ結婚という壁が立ちはだかっているからです。
なので、この壁を乗り越えるために男性も女性もお互いの良いところを見せようとし、自分の思い(わがまま)は遠慮します。

この状態を「疎結合」と呼びます。
二人の間に結合状態はあるのですが、簡単に離れることができる状態です。
他にも結合できる相手が存在したら、大きな苦労無く離れることができます。

しかし、結婚後には心の壁は二人の外にあります。
二人の結束が強固になる反面、結束を外すのに苦労が必要、という状態になります。
この状態を「密結合」と呼びます。

水分子は水素原子と酸素原子に簡単には分解しません。
水を分解するには電気というエネルギーが必要なように二人の間を分けるにはそれ相応のエネルギーが必要になります。

この密結合状態では、結合が外れる可能性が低いために「遠慮をしなくてもよい」という状態に変わるわけです。

平たく言うと、離婚って面倒なのでちょっとくらい乱暴になっても相手は許してくれる、という甘えが(男女ともに)生まれるのです。
なので、女性は「キツく」なりやすいのです。
今まで言えなかったことも、遠慮なく言う。それがきついという状態です。

ちなみに、男性は結婚後には「だらしない姿を見せる」とか「言葉に皮肉が入りやすくなる」という傾向があります。

どちらも、結婚という壁を乗り越えて、外に壁ができた状態なので「これくらいなら言っても大丈夫だろう」という心のゆとりから発生した性格の変化なのです。

■良いこと、悪いこと?

結婚後に女性がキツくなる。
結婚後に男性が皮肉を言うようになる。
どちらも、マイナスの変化のように見えます。
とはいえ、実際にはそれほどマイナスにはなりません。

というのも、結婚してからは相手がキツくなっても、相手が皮肉を言っても、結婚前ほどはダメージを受けなくなるからです。
(もちろん、限度はありますが)

むしろ、言っている側がある程度ストレスを発散できる。
言いたいことを伝えることができる、という状態になります。

心の壁の位置が変わることによって、言いたいことの言える幅が結婚後は増えます。
それが、キツくなる理由。

そんなことを言われると結婚したくない、と思われるかもしれません。
というわけで、次回は結婚後の姿についてもう少し見ていくことにします。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/10/29 |

« 手抜きの愛情表現 | トップページ | 工夫をほめよう »