« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

手抜きの愛情表現

ミカ:「ねえ、チューしてよーー」
ツヨシ:「こんな人前じゃ無理だよ。じゅあ、ほら指を出して」
ミカ:「指?はい」
ツヨシ:「はい、俺の指とミカの指を合わせて、指チュー」
ミカ:「・・・・ま、いっか。これ二人の秘密のキスだね」


■愛情表現は秘密

最近、私の周りでは結婚が流行しています。
そんなわけで、新婚夫婦の調査が進むわけですが、ラブラブ夫婦にはちょっとした面白い傾向があります。
ついでに結婚して4,5年くらいの夫婦にもラブラブ度合いがどれだけ続いているかを聞いていたりします。

さて、結婚後の仲良し度合いが続いている夫婦にはちょっとした面白い共通点がありました。
それは、手抜きの愛情表現(秘密の愛情表現)が二人の間に存在しているのです。

たとえば、指と指を合わせて擬似的にキスをする「指チュー」
たとえば、投げキスよりもっと手軽に口だけキスの形をする「無線チュー」
たとえば、好きだよとか愛しているよの代わりの言葉として言う「らぶっす」

表現方法はカップルによって様々です。
ですがこれらの愛情表現には、共通して「二人にしか通じない(他の人には意味が分かりづらい)」「簡単に愛情表現ができる」という特徴をもっています。


■持続性の強化

手抜きの愛情表現。
これ、結構面白い効果を生みます。
普通に愛情表現をするとなるとちょっとした心の労力が発生します。

たとえば、キスをする場合。
「食後だとちょっと・・・」とか思ったり、「人前じゃあできないし」と思ったり。
たとえば、「愛してる」というのは非常に恥ずかしかったり。

こうした心の労力は、手抜きの愛情表現で解決できてしまうのです。
指同士を合わせるのであれば食後でも人前でも気軽にできるのです。

200810311

■続けること

この手抜きの愛情表現が良いところは、実行するのに心の労力があまりかからないので、継続して実行することができる、というところです。

毎日のように指を合わせる。
これだけで、お互いに愛情表現を感じることができます。
心の労力が少ないために、毎日のように繰り返して実行することができるのです。
毎日続けることによって、二人の愛情も継続して成長していきます。

手抜きの愛情表現は付き合っていると結構自然にできてくるものです。
この愛情表現、続けてやってみてください。
そうすると、二人の愛情がずっと長いこと続くことにつながります。
気恥ずかしさをごまかすために作られる手抜きの愛情ですが、結果的には二人の愛情を続けさせる効果もあるのですね。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

結婚したら女性はキツくなる?

ミツル:「なあ、結婚したら女ってキツくなるっていうだろ。お前のとこはどうなのよ」
ツヨシ:「俺のとこは・・・うん。確かにキツくなったかな。なんていうか、言葉に遠慮がなくなった感じかな。」
ミツル:「やっぱそうか。なんか結婚するのって怖いなぁ」


■結婚してから

結婚をすると女性はキツくなる、ということがよく言われます。
よく言われる、ということは実際にそうなっているケースが多いからでしょう。
でも、それなら同棲中とか付き合っている間に彼女の性格なんてわかりそうなものです。
とはいえ実際には結婚してからその性格が出る。
これってどうしてなのでしょう?

実は「心の壁」というものがこの性格の変化に影響を与えています。


■壁の位置

結婚前、心の壁は付き合っている二人の間にあります。

これは、まだ結婚という壁が立ちはだかっているからです。
なので、この壁を乗り越えるために男性も女性もお互いの良いところを見せようとし、自分の思い(わがまま)は遠慮します。

この状態を「疎結合」と呼びます。
二人の間に結合状態はあるのですが、簡単に離れることができる状態です。
他にも結合できる相手が存在したら、大きな苦労無く離れることができます。

しかし、結婚後には心の壁は二人の外にあります。
二人の結束が強固になる反面、結束を外すのに苦労が必要、という状態になります。
この状態を「密結合」と呼びます。

水分子は水素原子と酸素原子に簡単には分解しません。
水を分解するには電気というエネルギーが必要なように二人の間を分けるにはそれ相応のエネルギーが必要になります。

この密結合状態では、結合が外れる可能性が低いために「遠慮をしなくてもよい」という状態に変わるわけです。

平たく言うと、離婚って面倒なのでちょっとくらい乱暴になっても相手は許してくれる、という甘えが(男女ともに)生まれるのです。
なので、女性は「キツく」なりやすいのです。
今まで言えなかったことも、遠慮なく言う。それがきついという状態です。

ちなみに、男性は結婚後には「だらしない姿を見せる」とか「言葉に皮肉が入りやすくなる」という傾向があります。

どちらも、結婚という壁を乗り越えて、外に壁ができた状態なので「これくらいなら言っても大丈夫だろう」という心のゆとりから発生した性格の変化なのです。

200810231

■良いこと、悪いこと?

結婚後に女性がキツくなる。
結婚後に男性が皮肉を言うようになる。
どちらも、マイナスの変化のように見えます。
とはいえ、実際にはそれほどマイナスにはなりません。

というのも、結婚してからは相手がキツくなっても、相手が皮肉を言っても、結婚前ほどはダメージを受けなくなるからです。
(もちろん、限度はありますが)

むしろ、言っている側がある程度ストレスを発散できる。
言いたいことを伝えることができる、という状態になります。

心の壁の位置が変わることによって、言いたいことの言える幅が結婚後は増えます。
それが、キツくなる理由。

そんなことを言われると結婚したくない、と思われるかもしれません。
というわけで、次回は結婚後の姿についてもう少し見ていくことにします。


イラスト:うさこ

織田隼人 |

工夫をほめよう

今日は初めてのデート。
・・・いったい何を話せばいいのだろう。
悪友に相談したところ「とにかく褒めろ」としか言われなかったし。
確かに、褒めるのは良いことだろうけど何をほめれば話が盛り上がるんだろう・・・


■女性を褒めるのは難しい?

女性をほめるポイント。
なかなか難しいですよね。
「きれいだよ」なんて歯が浮くセリフは簡単には言えないものですし。
なにより、そういうことをいう人は胡散臭く感じられてしまうものです。

上手に女性をほめるにはどうしたらよいのでしょう?


■外見は細かいところ

女性をほめる上での1つめのポイントは「細かいところ、具体的なところ」を褒めることです。

たとえばアクセサリー。
「その指輪、似合っているね」といわれると女性はうれしくなるものです。
女性同士の会話を聞いていると「そのバッグ、かわいいー」とかそういうのをよく聞きますよね。
女性は身につけるものにとても気を配ります。
その気を配った部分をほめられると嬉しくなるのです。

なので指輪やネックレス、時計、バッグや洋服、靴、髪型などを褒めるのは女性に対して非常に良い褒めポイントとなります。

200811101

■内面は気づいていない性格

そして、もう1つポイントがあります。
それは、本人の性格を認めることです。

誰でも自分の性格を受け入れてもらえるとうれしいものです。
そこが褒めポイントとなります。

さらに、もっと突っ込んで考えると、人は褒められ慣れている部分を褒められても少ししかうれしいと感じません。
意外性がないからです。
ですので、褒められ慣れていない部分、本人が気づいていない部分をほめましょう!
意外性があると人はビックリし、強い印象を残すことができます。
「褒める」という「良い印象」が強く残るのです。

本人が意識していないけれども、実は・・・というところをほめると効果が高いのです。

たとえば。
・頭の良い人には「いつも周りに気を配ってくれているね」とほめたり、
・やさしい人には「頭がいいね」と褒めたりしましょう。

本人の意識しないことをほめられると「この人は私のことを分かってくれている」と感じます。

ホストが「君って実はさみしがり屋だね」といって女性の気を引くというのをよく聞きませんか?
これって、言われた人が言われ慣れていない自分の性格を言われたために「あ、私のことを分かってくれている」と感じてしまうことを利用しているのです。
(実際のところ、人間はみんなさみしがり屋ですよね)
相手の内面を理解しているということを表現することは、これほどまでに効果があるのです。

褒める、というのは相手の良いところを探す作業が必要です。
恋愛において相手の良いところ探しはとてもプラスに働きます。
自分も相手のことをより好きになれるし、相手も良いところを理解してもらえるとうれしくなるからです。
是非、上手に相手をほめていってくださいね。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

失敗への恐怖

今日は彼とのドライブ。
出だしは良かったんだけど、カーナビの情報が古かったらしく、道に迷ってしまった。
サツキ:「ねえ、あそこのコンビニに止めて道を聞こうよ」
ヒロシ:「いや、大丈夫だから、しばらく黙っていてくれないかな」

デートって楽しむはずのものなのに、なんだかギクシャクしてしまった。
どうしてこうなったんだろう・・・


■背伸びしたい

好きな女性と一緒にいると、男性はつい背伸びをしてしまうものです。
その男性の背伸びは時と場合によっては良い方向に動きます。
危険なものから彼女を守ろうとしたり、いつも以上に頑張るおかげで力が出たり。

とはいえ、男性の背伸びがいつもよい方向に動くわけではありません。
男性は背伸びをしているときには負けや間違いを認めようとしなくなってしまいます。
なので、道に迷った時には「大丈夫だから、何とかするから」と言ってさらに奥に進んだりしてしまうのです。

こんな時に彼女に「道に迷ったんだから人の聞けばいいじゃないの」と言われると男性は「お前のことは全く頼りにならない」と言われたように感じてしまいます。
これは、男性が背伸びをしている状態だからこそ、頼りにならないというレッテルを貼られることにものすごい恐怖を感じるからです。

女性のみなさん、男性が失敗してムキになっていても、「まあ、私のためにむきになっているんだから許してあげよう」くらいの気持ちになってあげてください。

そうすると、男性もそのうち背伸びをしなくなって失敗を認めていくようになります。
なにより、失敗を責められなかったことを男性は後でものすごく感謝しています。

200810101

■背伸びをしない男性が

とはいえ、女性からすると失敗しているときにむきになっている男性は「余裕がない男性」という目で見られてしまいます。
男性は失敗したときには素直に失敗を認めるようにしましょう。

ムキになって「この道できっと正しいから、そのまま行く」という男性よりも、素直に「ごめん、迷った。人に道を聞いてみるね」と言える男性に女性は魅力を感じるものです。

ピンチになった時こそ、深呼吸をして、「彼女のためにはどうすればよいか?」という視点で考えるようにしましょう。
自分の良いところを見せようとすればするほど、素直な気持ちになりづらくなってしまいます。
「相手のために」という視点で考えることが、冷静になる秘訣なのです。

男性にとって失敗とは「ダメな男のレッテル」と同じくらいに怖いものです。
でも、実際にはそんなレッテルは張られません。
そこを頭で理解して、そして失敗した時こそ落ち着く。
これが一番大事なのですね。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |