« 出世に要注意! | トップページ | 話が上手い、ではなく »

一緒にあわてよう

ナオミ:「どうしよう!財布なくしちゃった!」
タカシ:「家に忘れたんじゃないの?まずは自宅に電話したら?」
ナオミ:「いつも入れているバッグに財布が入っていないんだよ」
タカシ:「いや、だからさぁ。家に連絡を」
ナオミ:「昨日は入ってたの」
タカシ:「いや、だから、まずは確認を・・・・


■緊急時の対処

緊急時というのは、男女ともに冷静になれないものです。
とはいえ、冷静にならなければちょっとした問題が大問題にもなってしまう。
だからこそ、気持ちを落ち着けることが必要となります。
しかもその時大事なのが「本人は焦っているので、他の人が相手を冷静にしてあげるようにする」ということです。

考えてみれば当然なのですが、この他人を冷静にするというのが結構難しかったりします。
しかも、冷静にさせる方法が男性と女性で違うからです。

緊急時、相手が焦っているときにどうすれば相手を冷静にできるか見ていきましょう。

■鎮める、焦る

男性が焦っているときには「事実確認」をしてから、「落ち着こう」と言ってあげましょう。

男性が財布を無くしたと言ってきた場合には、
「そうか、財布を無くしたんだな。わかった。でもまずは冷静になろう」というように呼び掛けるとよいでしょう。

男性の場合、「財布がない」という事実を伝えるまでは焦りが取れないので、まずは事実確認をすることが大事なのです。
そのあと「冷静になろう」と伝えれば早期に気持ちを静めてくれます。

女性が焦っている場合には、やり方をちょっと変えましょう。
女性が焦っているときには、いったん一緒に焦ってあげると、早く気持ちが静まります。

女性が財布を無くしたと言ってきた場合には、
「え、財布をなくしちゃったの? それは大変だ!」といったん応得ることが大事です。
そうすると、「そうなの財布をなくしちゃったの」と女性言ってくるので、あとは誘導しながら「そうか、でも、家は探した?」と言ってあげるとよいでしょう。

相手が冷静になっていると、ことの大事さが伝わっていないと女性は感じるので、どんどん焦って伝えようとしてしまうことがあります。
なので、女性が焦っているときには「事実確認」よりも「一緒に焦る」方がよいのです。(焦っているフリで構いません)

焦った人を冷静にするには、焦っていない人が上手に対処することが重要です。
相手に合わせて、上手に誘導してあげられるとよいですね。

ちなみに、付き合っている彼女が焦っている場合には、彼女を抱きしめて背中をなでてあげながら「大丈夫だよ」と何度も言ってあげると落ち着きます。彼女限定で使ってくださいね。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/09/26 |

« 出世に要注意! | トップページ | 話が上手い、ではなく »