« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

出世に要注意!

最近は女性管理職も増えてきた。
ウチの部長も女性だ。
「ちょっと、XX君。この資料なんだけど・・・」
部長にお呼び出しをされた。あの部長、なんだかキツそうでちょっと苦手なんだよなぁ。仕事はできるんだけど。


■女性管理職

よく、女性管理職は「怖い」と言われます。
能力的には男性管理職よりも上だけれど、その「怖さ」が問題となって一人孤立をしてしまったり、敵を作ったりすることがあります。
でも、どうして「怖い」と思われるのでしょう?

現在では女性管理職はまだまだ少ない状態です。
周りは男性だらけ。「女性だから」という目で見られたくない。
そんな風に心の深い部分で考えてしまいます。
そうすると、自然に「私がしっかりしなければ」と考えていきます。
結果的に、自分のレベルを周りにも求めたり、周りの人の仕事のレベルが自分に合わないとNGをだす、ということになってしまいます。
そして、女性管理職は「怖い」と思われてしまうのです。

怖いと思われる理由は、「自分がしっかりしなきゃ」と女性管理職が考えるからなのです。

管理職の仕事は、部下に仕事を任せること。
この「仕事を任せる」というときに、部下に「この上司はキツいなぁ」と思われることはマイナスに働いてしまうのです。
また、その「怖さ」が同じ男性管理職には「見下されている」と感じさせることがあり、敬遠されてしまうことがあります。


■やわらかくいこう

一昔前の話を聞くと、総合職の女性が少なかったころは、今回の話みたいに総合職には怖い女性が多かったみたいです。
しかし、現在ではそれほど怖い女性は多くはないみたいです。

女性管理職についても同じことが言えるでしょう。
管理職に女性がもっと起用されていけば、女性管理職が気負わなくてもよくなるので、自然な姿で仕事ができる状態になり、怖さが消えていくことになるでしょう。

ただ、現在女性管理職である人がこの内容を読んでいる場合には気を付けてください。
周りに男性しかいない状態では、心に鎧をつけてしまいます。
その鎧が、相手から見た時に「怖さ」に映ってしまいます。

「私が頑張らなきゃ」と気負いすぎずに「多少人に任せても大丈夫」「周りがきっと助けてくれる」くらいの気持ちを持つと心の鎧が外れます。

200809191

「周りが助けてくれる」と考えている人は自然に周りが助けてくれるように世の中ができています。
それと同じで、自分でやろうとばかりすると、周りが助けてくれなくなります。

「気負い」がちょっと大きくなっているな、と思ったら人に頼るようにしてみてください。
まずは、信頼できる人とか身近な人に頼ってみるとよいでしょう。

仕事はみんなでやるもの。みんなの力がうまく合わさるような状況を作っていけるとよいですね。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

一緒にあわてよう

ナオミ:「どうしよう!財布なくしちゃった!」
タカシ:「家に忘れたんじゃないの?まずは自宅に電話したら?」
ナオミ:「いつも入れているバッグに財布が入っていないんだよ」
タカシ:「いや、だからさぁ。家に連絡を」
ナオミ:「昨日は入ってたの」
タカシ:「いや、だから、まずは確認を・・・・


■緊急時の対処

緊急時というのは、男女ともに冷静になれないものです。
とはいえ、冷静にならなければちょっとした問題が大問題にもなってしまう。
だからこそ、気持ちを落ち着けることが必要となります。
しかもその時大事なのが「本人は焦っているので、他の人が相手を冷静にしてあげるようにする」ということです。

考えてみれば当然なのですが、この他人を冷静にするというのが結構難しかったりします。
しかも、冷静にさせる方法が男性と女性で違うからです。

緊急時、相手が焦っているときにどうすれば相手を冷静にできるか見ていきましょう。

200809261_2

■鎮める、焦る

男性が焦っているときには「事実確認」をしてから、「落ち着こう」と言ってあげましょう。

男性が財布を無くしたと言ってきた場合には、
「そうか、財布を無くしたんだな。わかった。でもまずは冷静になろう」というように呼び掛けるとよいでしょう。

男性の場合、「財布がない」という事実を伝えるまでは焦りが取れないので、まずは事実確認をすることが大事なのです。
そのあと「冷静になろう」と伝えれば早期に気持ちを静めてくれます。

女性が焦っている場合には、やり方をちょっと変えましょう。
女性が焦っているときには、いったん一緒に焦ってあげると、早く気持ちが静まります。

女性が財布を無くしたと言ってきた場合には、
「え、財布をなくしちゃったの? それは大変だ!」といったん応じることが大事です。
そうすると、「そうなの財布をなくしちゃったの」と女性は言ってくるので、あとは誘導しながら「そうか、でも、家は探した?」と言ってあげるとよいでしょう。

相手が冷静になっていると、ことの大事さが伝わっていないと女性は感じるので、どんどん焦って伝えようとしてしまうことがあります。
なので、女性が焦っているときには「事実確認」よりも「一緒に焦る」方がよいのです。(焦っているフリで構いません)

焦った人を冷静にするには、焦っていない人が上手に対処することが重要です。
相手に合わせて、上手に誘導してあげられるとよいですね。

ちなみに、付き合っている彼女が焦っている場合には、彼女を抱きしめて背中をなでてあげながら「大丈夫だよ」と何度も言ってあげると落ち着きます。彼女限定で使ってくださいね。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

話が上手い、ではなく

同期のタカシはお笑い系。
宴会なんかでは彼が中心となって面白い話が展開される。
ただ、なぜかモテない。
もう一人の同期のエイジはおっとり系。
クールでもなければ話がうまいわけでもない。
でも、なぜか女性には人気がある。
普通に考えれば話がうまい方がモテるはずなのに、、、、どうしてなんだろう?


■興味が基準

一般的には、話のうまい男性がモテる、と言われます。
だからと言って、面白い話をする男性が女性にモテるわけでもありません。
どうして、このような違いが出るのでしょう。

女性に好かれるポイントは「話がうまい下手」ではありません。
「話の上手さ」はあくまでも付随的な内容になります。
女性は「自分に興味を持っている人」に興味を抱きます。

女性の言う「話の上手い人」、というのは次のようなロジックでできています。

(1)相手が自分に興味を持って話しかけてくれる。
(2)だから、楽しく話ができる。
(3)楽しく話ができるということは、この人は話が上手い。

女性にとって根底にあるのは「自分に興味を持ってくれているかどうか」なのです。
男性にとっての「話が上手い」は「面白い話ができる」ということなので、女性にとっての「話が上手い」とは正反対なのですね。

200809121

■見せるより引き出す

いわゆる人懐っこい人は、初対面の時からどんな人にも興味を持つ、という傾向があります。
そのため、自然に人懐っこい人は人気が出るわけなのです。
ここにもう1つ大事なポイントが隠されています。
それが、「初対面の時から」というところです。

「初対面の段階で相手の女性に興味を持つ」ということができている男性は女性に好かれやすくなるのです。

相手より先に、自分から興味を持つ。
そうすることで、相手との距離を縮めることができるのです。

人前で自己紹介する時って、自分をどう見せようかと考えれば考えるほど、緊張してうまく話せなくなってしまうものです。
人と話すのが苦手な人は、初対面の相手にこれと同じような感覚を持ってしまいます。
「自分をどう紹介すればよいのだろうか?」と。

自分を紹介するのではなく、相手のことを知ろうとすれば自然と上手に接することができるうえ、自分の見せ方を考えなくてもよくなるので緊張も薄れていきます。

女性と上手に話すコツは、「自分をどう見せようか」と考えるのではなく、「相手はどんな人だろうか」と興味を持って相手の話を広げていくことだったのです。

特に初対面の時こそ、相手の話を聞き出すようにしましょう。

自分を良く見せようとし過ぎず、相手を知ろうとする。
そうすることで、結果的に余裕を持つことができ、女性から好感を持ってもらうことにもつながるのですね。


イラスト:うさこ

織田隼人 |

危機意識・安心感

今日はカナさんと初めてのデート。
19時から二人で夕食。
現在21時。
土曜日だし、終電近くまでいいかな。
「カナさん、もう一軒飲みに行きませんか?」

「えっ、もう一軒ですか・・・(そしたら終電になっちゃうよ。もしかして、いきなりそういうつもりなの?)
ごめんなさい、明日朝早いからまた今度にしてください」

結局そのあと、ギクシャクして二人の話は盛り上がらないまま帰ることになった。


■危険という意識

あまり知らない人とデートをする場合、多くの女性は相手に対して「危険なことは起きないだろうか?」と考えています。

一般的に女性は男性より力がありません。
暴力に出られたり、強引に何かされた場合、危険にさらされます。
そのため、女性は男性に比べて強い危機意識を持っています。

なので、合コンで知り合った相手と初デートと言うときなどは女性はかなり危険信号に敏感になります。

・合コンと違って1対1。誰も助けてくれない。
・時間が遅くなると帰れなくなるかもしれない。
・変な場所には連れて行かれたくない。

こんなことを女性は考えています。

200809051

■紳士な対応を

この女性の『危険信号』をあまり刺激しすぎると、女性はデート自体を楽しめなくなってしまいます。
危険ばかり気にするようになって、楽しさの部分に気が回らなくなるからです。

ですので、知り合って時間が経ってない場合、男性は女性の危険信号をあまり刺激しないようなデートを提案しましょう。
・デートに誘うのにお昼を提案する
・帰る時間をあらかじめ伝えておく
・デートのプラン自体を先に言っておく
こうすることで、女性は危険信号を意識することなく、デートを楽しめるようになります。

結果的に、二人の関係を深めることにつながります。
また、デートに誘う段階で「安全性」を保証しておけば、女性がデートの誘いに対してOKをだしてくれる可能性が上がります。

「デートの終りの時間を指定してしまうと、もっと一緒にいたくなったときにはどうするんだ?」という疑問がわいてくるかも知れません。
でも、そんな雰囲気になった時には、自然と「もっと一緒にいよう」となるので、提案時は早め早めに「安全」を意識させる方がよいのです。

何はともあれ、まずはデートに持っていくことが大事ですので「安全なデートプラン」を作るようにしましょう。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |