« 経験の恐怖 | トップページ | 好きになった人にとる態度 »

悩みを共有しよう

最近、彼がなんだか無口だ。
たぶん仕事か人間関係で悩んでいるんだろう・・・

アヤ:「ねえ、なにか悩みごとでもあるの?」
テツ:「心配してくれてありがとう、大丈夫だから気にしないで」

彼のことが心配だし、力になりたいんだけど彼は話そうとしない。
もしかして私じゃ彼を安心させてあげられないのかなぁ。


■解決が目的

男性にとって「悩み事」は解決すべき問題事項です。
ですので、男性は悩みを相談する場合には「解決してくれる人」に相談します。
このとき相談相手には必ずしも「親しい人」は含まれていません。
解決に関係ない人であれば、「相談しても進まないし」とか「無駄に相手を悩ませるだけなら相談しないほうが良い」と考える人も多いです。

そのため、彼女や奥さんに男性は悩みがあっても相談しないことがあります。
男性にしてみれば「彼女を無駄に悩ませても・・・」というのは一種の優しさなのです。


■気持ちの共有

ところが、女性は「悩み事を共有して同じ気持ちになることが大事」と考えています。
辛いことがあったらそれを分かち合う。そして相手のつらい気持ちを受け取り、相手の辛さを半分にする。
こういう思考を女性はしています。

ですので、女性にとっては悩みを話すことは相手を信頼している、という証しでもあります。

そのため、男性が悩んでいるときに相談してもらえないと「私じゃ力になれないんだ」という気持ちになり、女性は悲しくなってしまいます。

■話してみよう

そんなわけで、男性のみなさん。
彼女や奥さんには悩み事を話してみましょう!

話すことで彼女との信頼関係が生まれます。
また、悩みを話したとき女性はたいてい「味方」になってくれます。
この「味方」になってくれることが大きな意味を持ちます。
男性は周りが敵だらけでも、1人でも味方がいればやり遂げる勇気を持てます。
彼女に話すことによって、悩みを解決に際して前向きになれるのです。

解決はしないけれど話してみる。
悩みは解決しないかもしれませんが、もしかすると悩みの「心」に関する部分については取り除かれるかもしれません。


イラスト:ムラクモ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/08/29 |

« 経験の恐怖 | トップページ | 好きになった人にとる態度 »