« 危機意識・安心感 | トップページ | 悩みを共有しよう »

経験の恐怖

結婚相談所では、希望する相手の年代、収入、地域などを事前に相談所に伝えておきます。
そして、その条件にマッチする異性を紹介してくれます。

さて、結婚相談所に行く男性を見てみるとある傾向があることに気付きます。
それは、
・離婚/死別の男性はだいたい自分と近い年齢の女性を希望し、
・結婚経験なしの男性は20歳から、と自分よりかなり若い年齢を希望するのです。

この違いについてみていきましょう。


■若いほどよい?

結婚経験のない男性。
その中でも、今までにあまり女性と付き合ったことのない男性は「若い女性」との付き合いを希望します。
これは、同年代の女性に恐れを抱いているからです。

どういうことかというと付き合いの経験のあまりない男性は以下のように考えます。

相手の女性には男性との付き合いの経験がそこそこあるだろう。
この経験のない自分がそんな相手に対処できるのだろうか。
・・・たぶん、辛いことになる。

もともと、男性にしても女性にしても異性というのは恐怖の対象です。
その恐怖の対象が力をつけているということにさらに恐怖を覚えるのです。

また、男性は女性を引っ張っていくという役割があると(社会的に)思われています。
その引っ張っていく役割の自分の能力が足りない、と思われるかもしれないということは男性にとって非常に怖いものとなるのです。
だから、付き合い経験のあまりない男性は、若い女性(年齢から考えるにあまり男性と付き合ったことがないはず)を希望するのです。

■実はそれほど怖くない

ところが、一度結婚したことのある男性は「自分と同年代であっても別にその女性は怖くない」ということを知っています。

なので、次に結婚する女性に対して「自分と釣り合う人」という視点で考え、同年代の女性を希望することが多いのです。

実際に、男性と副数人付き合ってきた女性だからといって怖い女性はあまりいません。

「清潔感のある服装」で「相手の話に興味を持って聞く姿勢」を出せればたいていの30代、40代の女性であっても普通に接することができます。
(結婚相談所を見ていると、この辺ですでに失敗している人がたまにいたりします・・・)

多くの場合、30代以上の男性で20歳くらいを希望してもそもそも話のレベルが合わなかったり、相手に募集が殺到してうまくいかなかったりします。
それよりも、同年代の女性に恐れず話をしてみると本人が思っている以上に上手くいくことが多いです。

今まで、付き合うチャンスを逃してきた。
そういう人にとっては同年代の女性は「怖い異性」に映るかもしれません。
でも、それほど恐れなければならない存在ではありません。

怖がらず、場合によっては「恋愛を教えてもらう」くらいの気持ちで接してみてください。
そうすればきっと緊張せずに楽しく話すことができることでしょう。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/08/30 |

« 危機意識・安心感 | トップページ | 悩みを共有しよう »