« 必要とされていること | トップページ | 違うものをプレゼントしよう »

手抜きのオシャレ4

タケシ:「服って難しいよなぁ。派手にすればアホっぽくみえるし、地味にすればダサく見えるし」
サトミ:「そうねぇ、でも一定のルールさえ理解したらオシャレに見せることだってできるんだよ」
タケシ:「たとえば?」
サトミ:「『差し色』って言ってね、一カ所に派手な色を入れておくの。そうすると「あ、オシャレしてるな」って見えるんだよ」


■上半身のオシャレ

男性向けのオシャレ、今回は上半身についてです。
「Tシャツ」+「Yシャツ」の組み合わせのパターンを見ていきましょう。
このパターンを知っておけば、たいていの場合は何とかなります。
夏なら単にYシャツが半袖になれば良いだけですから。

さて、上半身で一番注意すべきことは「色の組み合わせ」です。


■Yシャツは基本の4色

上半身のオシャレでは、色の組み合わせを考える必要があります。
色を組み合わせる前に知っておいた方がよいのが、「基本の4色」です。
基本の4色とは、以下の4つです。
・黒色
・灰色
・白色
・ベージュ

この4色は、どんな色にも合います。
黒、灰、白はわかりやすいと思います。
ベージュがなぜどんな色にも合うかというと、日本人の肌が肌色だからです。
ベージュは肌色と近いために、色を合わす前から人間に合う色として出来上がっているのです。

この4色(黒色、灰色、白色、ベージュ)をYシャツに選ぶと、中のシャツを選ぶのが非常に楽になります。


■Tシャツは原色系

Yシャツが黒、灰、白、ベージュとなると、少し地味な感じがしてしまいます。
なのでTシャツを派手な感じにすると、他の人から「色の組み合わせを考えているな」と見てもらうことができます。
ですので、Tシャツは原色(赤色、青色、緑色など)を選ぶようにしましょう。

ピンクや紫などでももちろんOKです。

■Yシャツ選びのコツ

さて、話はYシャツに戻ります。
Yシャツ選びには少しコツがあります。
それは、Yシャツの裾についてです。
Yシャツは丈がおしりを隠さない程度、スソが丸くなっていないものにしましょう。

スソが丸くなっているのは、ズボンの中に入れるものです。
スーツのYシャツはスソが丸くなっているのは、ズボンに入れるからなのですね。


■ズボンに入れない

最後に。
TシャツおよびYシャツはズボンに入れないようにしましょう。

上半身のオシャレは色の組み合わせが難しいところ。
ですので、組み合わせが最初から合うように準備しておくと、手抜きのオシャレがやりやすくなります。


イラスト:ムラクモ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/07/31 |

« 必要とされていること | トップページ | 違うものをプレゼントしよう »