« 違うものをプレゼントしよう | トップページ | 手抜きのオシャレ3 »

目線をそらす?

ある夜、エリカはタツオにケンカした友達との仲直りの方法について相談をしていた。

エリカ:「それでね、私は謝ろうと思ったの。でもその機会が無くて・・・」
タツオ:「そういう事情だったんだね。うーーーん・・・・」
エリカ:「どうしたらいいのかなぁ」
タツオ:「・・・」
タツオは腕を組んでじっくりと悩んでいる。

エリカ:「ちょっと、聞いてくれているの?どうして真剣な話をしているのに、目をそらすの?」


■真剣なほど

タツオさんは真剣に話を聞いていました。
しかし、エリカさんには「真剣に聞いていない」ととられてしまいました。
というのも、タツオさんは考えこむときに目をそらしたからです。

男性は真剣に考えこむと相手から目線をそらします。

しかし、女性は相手の話を真剣に聞いているときには目線をそらさずにずっと相手の目を見ます。

この違いによって、男性は女性に誤解されてしまいます。
女性曰く「目をそらすのは、真剣に話を聞いていないからだ」と。

■目をそらさない

女性の話はあらすじから入り、結論が後回しになることが多々あります。
そのため、男性は「その話が意味するのは何だろう?」と、つい真剣に考えこんでしまいがちです。
そして男性が考えこむと、上の方やら下の方に目線をそらす。
そうなると結局女性が「私の話を聞いていないのでは?」と感じ、女性がスムーズに話せなくなります。
ですので、真剣に考えると言うよりは、まず相手の女性の目を見て話をどんどん引き出すようにしましょう。
女性から話を引き出していくと、次第に結論が見えてきます。

場合によっては、話していた女性が話すことで悩みを整理し、自分で解決方法までたどり着くことが良くあります。
ですので、女性の相談を受けるときには目を見て聞くことに集中する方がよいのです。

また、女性も男性が目をそらしても気にしない方がよいでしょう。
なぜなら目をそらすと言うことは話を真剣に聞いて、真剣に考えているからです。

お互い真剣だからこそ性差の違いがはっきりと出てしまいます。
誤解を受けやすい部分ではありますが、事前に知っておきさえすれば問題も起きずにすみます。


イラスト:はらぺこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/07/06 |

« 違うものをプレゼントしよう | トップページ | 手抜きのオシャレ3 »